(2)8月:街頭で主張を叫ぶ→会議室でネゴる【2021年下半期と近未来/辛口オネエ】

(2)8月:街頭で主張を叫ぶ→会議室でネゴる【2021年下半期と近未来/辛口オネエ】

(2)8月:街頭で主張を叫ぶ→会議室でネゴる

(1)を先に読んでね↓
星で観る世界

■7月末に木星が水瓶座に戻り、火星は乙女座へ。主張を叫ぶ場の変化

7月は(1)で話したように、日本の場合はいよいよステルス侵略に気付いた人達が明るく正々堂々と自分達の国を守るべくして声を上げる時期になるかもで、さらに7月末になると、5月に魚座入りした木星が水瓶座へ戻って、良い意味でまた「感情的に同調・共感する」段階から、「感情に振り回されずに、論理的に」物事を判断して、行動を起こしていく人が増えていく時期。

権力が強くてしっかり統制できていた頃(山羊座木星土星期)が過ぎて、もはや個々の、生き延びるための本能と直結した好奇心が抑えきれなくなってくる。上が「これこれはこういうことです。ですから、皆さんはこうしてください。破ると罰則があります」と、何かの解釈や行動を強制または禁じても、もう言うことを聞かない人達が増えていく。

「なんか違う。上の人達は何か隠している。なんだろう?ペナルティ?禁止?それも彼らのルールでしょ?ルールも私達で変えればいい」と、なるわけね。で、まあ今のところはまだ、人民解放軍に連行されないから、ノーマスクで夜のお店行っても、怒られて議員なんかなら騒がれるけど、一般人なら「まだ」顰蹙買うだけで済む。

**********
★閑話休題★土星が新しい星座に移ると?

土星の1星座での滞在期間は約2年半だけど、土星ってその約2年半で、前の土星星座の時代に作られたものを「壊し」はしないんだけど「否定して改善改良する」のよね。

でも、改善改良といいつつ、それより「建て直したほうが楽だな」と思えば「リノベーションです」と言いつつ「おいおい、土台壊し始めたぞ?ルール違反じゃ?」「いいえ、土台からのリノベーションです」と詭弁でガンガン既存の仕組みを変えていくこともある。
**********

そういう「あえて、お上の御達しを破る」のも、その行動一つで世の中が変わるはずも、お上が考え直すことにも繋がらないわよね。いわゆる「パフォーマンス」と捉えられて終わりがち。だから、推し着せのルールに反発したい人で、声が大きい人は、じゃあ、「みんなでやりましょう!」と、周囲に声を掛けていく。

あらゆるムーブメントが起きるときに、そこに参加する母数を増やすためには知り合いから知り合いへ、それから現代ならネットのSNSなんかを介して、多くの人達と「気持ちを分かち合う」ことはとても大切。なんだけど、往々にして「分かり合えた」だけで満足して、仲間内で慰め合ってそれで終わりになることがあるのよね。

続きは次のページ▶︎