世界線B(3)人口削減計画が成功するまでの過渡期の世の中はこんなだよ【Kuの陰謀論】

世界線B(3)人口削減計画が成功するまでの過渡期の世の中はこんなだよ【Kuの陰謀論】

世界線B(3)人口削減計画が成功するまでの過渡期の世の中はこんなだよ

世界線B(1)(2)近未来(1)(2)(3)(4)はこちらから↓
Kuの陰謀論

■世界人口がまだ50億人くらい、日本人は9千万人はいるある『過渡期』

(2)で、ほとんどのカップルに子供がおらず、街中で赤ちゃんや子供連れを見ると驚くレベルになっている、ディストピアな近未来の話をした。そのごく少数の子供を連れた人達はきっと「特別」なんだけど、この世界に至るまでに、何段階かあったようだ。

★2021年の時点ですでに、大規模な人口削減計画は開始されている

かつては、闇の勢力にとって人間は大切な労働力だから、埋めよ増やせよで奴隷の再生産を促してきたけれど、地球環境の悪化や資源の枯渇を危惧し始めてからは、少ない地球の資源を支配層でより長く独占していくために、奴隷の数を減らすことに舵を切った。戦争で殺すのはさすがに気付かれて批判が出るし、核兵器のようなものを使えば地球環境を悪化させてしまうから、なるべく使いたくない。

気象兵器を使って地域ごと崩落させたり押し流してしまうのは「自然のせい、神の思し召し」にはできるものの、彼らにとって必要なものを生産する工場などまで使い物にならなくなって、人口削減は確実でも、世界を支配する計画全体でみると、効率が悪い。

そこで、全人類のほとんどに気づかれず、あたかも人口は自然減少したかに見える、不妊化が現在の彼らの人口削減手法のメインとなっている。過激なやり口は、中国共産党がウイグル人に不妊手術を強制するなど非人道的の極みをやっているけれど、それではやはり、巷に知れてしまうから、もっとステルスなやり口を取っている。

前回話したけど、陰謀論界隈に詳しい人達は知ってるとおり、すでに僕達がふつうに口にしている食品の添加物や環境汚染が影響している。ただ、これまでのやりかたでは人口の減る速度が闇の勢力の期待より遅過ぎたのだろう。

★Twitterではもう検索できなくなっているマイクロソフトの創業者と、彼と結託している「向こう側」が世界に行き渡らせるアレ

ビルゲイツ

そこで、検索エンジンからbanされないように伏字ばかりになってしまうけど、去年から始まったあの感染症と、その対策のワク◯◯という形で、彼らは人類の不妊化を急ぎ始めた。

ワクチン

これはもう、彼らの計画のほとんど後半で、あとは全人類、といっても彼らにとっての奴隷側だけで、彼ら側は病気にもならずワク◯◯も打たないか無害なものを打ち、不妊化もされず今後も子孫を繁栄させていくつもりだ。

■不妊化が間に合わず「妊娠してしまった奴隷」または労働力確保に必要な奴隷の生産をどうするか?

ただ、まだ闇側にとっての問題は残る。何らかの理由で不妊化のプログラムをすり抜けて、妊娠してしまう一般人が出てくることだ。いや、少数ならかまわない。いくらAIやアンドロイドへの置き換えが進んでも、まだ人間の奴隷が一定数必要だから。

だけど、奴隷が産む子供達を、彼らは野放しにはしたくない。歴史を振り返ると、支配者層が油断している隙に、鬱屈した奴隷達とその子供達がいつのまにか成長し、徒党を組んで革命を起こしている。だから、彼らは生まれてくる子供達全てを把握し、彼らの管理下に置いて、彼らに都合の良い教育をしたいと考える。

■『国が子供を育てる』国のための奴隷兵士として。

昨今「子供食堂」があちこちに作られて、その需要があるのはすなわち、子供に食事をまともに食べさせられない貧困世帯が増えていることは知られている。日本では日本人の貧困化が悪化する一途で、経済困難だけではなくさまざまな理由があるにしても、子供の虐待死事件も後を絶たない。そんな中で「子供はみんなで育てるべき」「江戸時代は『長屋の子』『村の子』のように捉えて、親以外も面倒をみた」なんて意見が出始めて、ついには「少子化対策を本気でしたいなら、国が育てるつもりじゃなきゃ」という意見が増えてきた。

確かに、虐待をする親元に留めて死ぬのを間接的に容認するよりは、虐待の証拠があればしかるべき機関が保護をして、施設や里親のもとで育てたほうがいいだろう。

2021年現在「子供は国が育てろ」と思っている人達が考えているのはここまでだけど、本当に国が「子供は国が育てます」と言い始めたらとても危険だ。まったく国民が想定していたのとは異なる主旨の制度があっという間に施行されてしまうだろう。

それは『子供を産み育てることを許可制にする』『国が実施するテストに合格した人のみが妊娠出産・育児を許可される』『すでに妊娠してしまったものの、テストに不合格だった場合は、国が子供を取り上げる』というものだ。

中には「私なんか、俺なんかが育てるより、国が育てたほうがマトモに育つ」と、諦めてしまう親もいるだろう。だけど、奴隷の子供を取り上げた支配者層が、愛情深く1人の人間としてその子供達を育ててくれるだろうか?

近未来を見てきた人達や、支配者層のやることに詳しい人達によればもちろん、答えはNOだ。

続く。

世界線B(1)(2)近未来(1)(2)(3)(4)はこちらから↓
Kuの陰謀論

【関連記事】

日本の動向⑶『ムーンショット計画』はSF映画のディストピアを現実にするものだ

オカルト話

辛口オネエが何度か『世界線』の話をしているから『世界線』という言葉の意味がよく分からない人は先にこちらを読んでみてください↓
辛口オネエの世界線の話

ABOUT この記事をかいた人

Ku

■Ku(クゥ)@恋愛コンサルKUGAHARA 2016年8月よりKUGAHARA(Ku)がメインで男性心理・本音を暴露。最近はオカルト・陰謀論メイン。 ※2016年8月以前の記事は辛口オネエスタッフ・はるかの単独執筆記事です。 ■Kuプロフィール IT企業を経て経営コンサルタントとして独立するかたわら、恋愛相談も受け付ける。バツイチ・アラフォー。