アジフライのカロリーは?アジフライはカロリーが高くて太るけど体にいい?

アジフライのカロリーは?アジフライはカロリーが高くて太るけど体にいい?

アジフライのカロリーはどれくらいなのでしょうか?今回は、アジフライのカロリーについて紹介します。アジフライ1枚だとどれくらいのカロリーなのか、アジフライ定食一人前や市販のアジフライのカロリーも気になりますよね。アジフライは揚げ物なので高カロリーのイメージもありますが、体にいいという噂もあります。今回はアジフライのカロリー以外にも、気を付けたいアジフライの太る食べ方やアジフライの糖質もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

アジフライのカロリーは?

アジフライのカロリーは?

アジフライのカロリーは100gで約276kcalです。1枚分のアジフライのカロリーは、サイズによって違いますが225kcalほどになります。これは70gのアジのカロリーに小麦粉やパン粉、油のカロリーを足したカロリーとなっています。
とんかつ100gのカロリーが388kcal、唐揚げのカロリーが313kcalなので、アジフライのカロリーは揚げ物類と比較すると低めであることがわかりますね。しかし、揚げ物は他の食品と比べると全体的にカロリーは高いです。

アジフライの定食のカロリー

アジフライの定食のカロリー

アジフライの定食のカロリーは620kcalほどになります。
アジフライの定食のカロリーは、アジ自体のカロリーは低カロリーですが、サラダ油が100kcalとカロリーを高くしていることがわかります。また、ご飯のカロリーもアジフライの定食のカロリーを高くしている要因になっていることがわかりますね。

◆アジフライの定食のカロリー【合計:620kcal】
アジ(70g)…88kcal
パン粉(5g)…14kcal
小麦粉(5g)…18kcal
サラダ油(10g)…92kcal
卵(5g)…9kcal
塩(2g)…0g
こしょう(1g)…4g
ご飯(150g)…252kcal
味噌汁(100g)…131kcal
キャベツ(50g)…12kcal

市販のアジフライのカロリー

市販のアジフライのカロリー

ここでは、市販のアジフライのカロリーを調査しました。ローソンとコープのアジフライのカロリーをご紹介します。

アジフライのカロリーローソンの場合

アジフライのカロリーはローソンで売られているもので204kcalでした。
これは一枚あたりのカロリーです。ローソンのアジフライのカロリーは比較的抑えられていることがわかりました。ローソンのアジフライは薄衣で仕立てているのが特徴ということで、この特徴がカロリーを抑えられている理由かもしれません。

カロリー引用:ふっくらあじフライ|ローソン公式サイト

コープのアジフライのカロリー

コープのアジフライのカロリーは一枚80gで110kcalです。
ここで注意したいのが、コープのアジフライのカロリーは揚げる前のカロリーということです。コープのアジフライは油で揚げる必要があるため、110kcalに油のカロリーを足す必要があります。油10gのカロリー92kcalを足した場合、コープのアジフライのカロリーは202kcalです。アジフライは吸油率が高く油をよく吸うため、アジフライの大きさによってはもっと油のカロリーがプラスされます。

カロリー引用:あじフライ4枚(320g) | 日本生活協同組合連合会

アジフライの太る食べ方

アジフライは揚げ物の中では低カロリーでした。しかし定食のカロリーで紹介したように、ご飯やほかのものと一緒に食べることでカロリーオーバーになること。カロリーオーバーにならないように、アジフライは食べ方にも注意が必要です。

アジフライにつけるソースの味付けに注意

アジフライの太る食べ方

アジフライは単体で食べてももちろん美味しいですが、ソースやタルタルソースをつけて食べることも多いですよね。しかし、アジフライにつけるソースの種類によっては太る食べ方につながるので注意してください。
中濃ソースでは10gで13kcal、マヨネーズでは10gで71kcalにもなります。タルタルソースなどはマヨネーズを使っており、一緒にアジフライを食べると太る食べ方になってしまいますので、ポン酢やレモン汁など低カロリーの味付けを選びましょう。
やっぱりアジフライにはソースがいい!という人はカロリーオフの中農ソースがおすすめですよ。

アジフライの太る食べ方-2アジフライの太る食べ方-3

↑画像クリックでAmazon商品ページへ↑

油をたくさん使う食べ方は注意

アジフライの太る食べ方-4

アジフライのカロリーはアジ以上に油のカロリーが高いことがわかりました。油をたくさん使ったアジフライは太る食べ方なので注意が必要です。パン粉が油を吸収することがカロリーを高くする原因になります。
そのため、パン粉を使わずにアジを少ない油でソテーする揚げないアジフライのレシピを参考にするのも良いですね。アジフライはパン粉や油を多く使うと太る食べ方なので注意してください。
アジフライのカロリーが気になる、太るのが嫌という人は、油を使わないノンフライヤーで調理をするのもおすすめです。

アジフライの太る食べ方-5アジフライの太る食べ方-6

↑画像クリックでAmazon商品ページへ↑

アジフライはカロリーが高いけど体にいい?

アジフライはカロリーが高いけど体にいい?

アジフライはカロリーが食品全体からみると高めですが、体にいい食べ物です。アジにはDHAやEPAが多く含まれています。
DHAやEPAは血液をサラサラにし、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあります。また、アジフライにはカリウムも100gあたり330mgも含まれています。カリウムは筋肉の働きには重要な栄養素で、むくみを取ってくれる効果も期待できます。
このようにアジフライは揚げ物なのでカロリー自体は高いものの、栄養価は高く体にいい食べ物であるといえるでしょう。

アジフライのカロリー以外にも気になる糖質

アジフライのカロリー以外にも気になる糖質

アジフライの糖質は100gあたり7.9gです。とんかつの糖質は100gあたり9.1gなので、肉よりもアジフライの方がカロリーも低く、糖質も低くなることがわかりますね。
しかし、生のアジの糖質は0.1gなので、アジフライの糖質はほとんどが小麦粉や油が占めていることになります。アジフライのカロリー・糖質は揚げ物の中では低くなりますが、食品全体では高カロリーで糖質も高いので注意してください。

まとめ

アジフライのカロリーをみてきました。アジフライは100gで276kcalと食品の中では高いカロリーでした。アジフライの定食にすると620kcalとさらに高くなりましたね。ローソンのアジフライのカロリーやコープのアジフライのカロリーは比較的抑えられていましたが、自宅で揚げる場合には油の量にも注意が必要でした。アジフライを食べるときは太る食べ方をせず、ノンフライヤーで調理したりカロリーオフのソースを使うなどして工夫して食べればカロリーを抑えることができます。アジフライは栄養価も高く体にいい食べ物なので積極的に食べていきたいですね。

カロリー参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)