世界線の話(8)「人間は3種類に分かれる」予言知ってる?その3種類の話【辛スピ】

世界線の話(8)「人間は3種類に分かれる」予言知ってる?その3種類の話【辛スピ】

世界線の話(8)「人間は3種類に分かれる」予言知ってる?その3種類の話

就活界隈で言われてる与える人、受け取る人、受けたら返す人とか、物事を始める人、待つだけの人、何が起きたか聞く人とかの3種類とは全然別のトンデモ話ね。

バックナンバーはこちら↓
辛口オネエの世界線の話

■「人間は3種類に分かれる」の3種類とは?

ヒトラー預言でも近いことが言われるけど、日本ではほかにも確か東関東大震災の頃、原発事故と余震続きで不安な中でいろんなオカルトな話が飛び交ったのよね。当時は言葉が曖昧過ぎて、それが何を指すのかはっきりしなかったことも、かれこれ約10年経って「そういうことか!」と分かるようになってきた。

で、これはもう完全なるアタシの個人的な興味で、当時のいろんな予言の中でずっと気になってたのが「人間はやがて3種類に分かれる」ってやつね。最初は、ヒトラー予言にもある「超人」と普通の人間の2通りに恐らく分かれるんだろうけど、あと1種類が分からなくてモヤモヤしてたのよ。

それが最近になってようやく、前回の記事でも話だけど「超人」は関係なくて、私達が「私達」だと思っていた、同時代を生きてきたはずの人間が3種類に分かれてしまうのね。ってか、すでに分かれてるのね。

その3種類は、

・神人
・人間
・獣人

■神人は「この世という夢から目醒めた人」

神人

まず、これになりたーい!とスピ好きなら絶対思うのが、3種類の中でも一番、魂のレベルが高そうな(苦笑。そういう格付けをしてるうち、優越感をうっかり抱きがちな間はまだダメらしいわ)『神人』ね。人間というより神に近い存在。って、どんなよ?と疑問だらけだけど。

ちなみに、スピリチュアルな世界に関心を持って、この2020年の時点で今の世界がどうもおかしい、このままじゃごく一部の権力者達と大勢の奴隷に二極化した世界になってしまう、と危機感を持ってる人達はすでにこの『神人』に含まれてるかもしれないわよ。

けっこう、この神人認定の基準は(そんなものないけど)甘いらしくて。大変な修行も、どこかの宗教への帰依も勉強もいらなくて、ただ自分の頭で考えて、疑問を持つべきことには疑問を持って、流されずに自分の人生をきちんと生きること。この世界は長くてリアルな夢のようなものと気付いたうえで、それでも「夢だから、何してもいいや。犯罪して金持ちになろう。いや、面倒だ。もう疲れた。ずっと寝てよう。餓死してもいいや」なんて極端に走らず、今の自分を大切にしていくこと。世の中のおかしさ、理不尽な世界を理不尽だと見抜いたうえで、怒りや憎しみ、悲しみなどなどに心を支配されず「私は私」でいられること。

これについて詳しくは、また別途話すわね。

■人間は「自分の頭で考えることを放棄しない人」

人間

3種類に分けたところでみんな人間なんだけど、でも予言によると未来の世界では(2020年はもう、すでに予言された未来なんだけど、まだ過渡期だからあと数年後くらいね)『神人』になることはおろか『人間』で居続けるのも難しいみたいね。

スピリチュアルに興味がなくていいし、この世が幻想だとか、そんなことも知らなくていい。だけど、自分の人生を自分の頭で考えて生きていて、世の中がおかしな方向に向かっていると思ったら、それに流されず踏みとどまれる人、権力者の支配に、最終的には逆らえないかもしれないけど、それが理不尽だと思ったらNoと言える人。それで、不利益を被ったり、最悪は身の安全が保証されなくなってしまうから難しいことではあるけれど。

3種類の中で実は一番、精神的にも現実的にも苦しいのがこの『人間』でいることみたいね。この世は幻想だと見抜いて世界を俯瞰できるようになった神人は世の中がどうなっていっても心の平穏を保てるけど『人間』はこれまで通り、世俗のあらゆる出来事に翻弄もされて未来を憂えていくことになる。でも、だからこそ「生きている実感」は一番強いし「人間らしい」生き方なんでしょうね。

■獣人は「自分の頭で考えることを放棄した人」

家畜

今の世の中がおかしいと感じていなくて、政治や国際問題にも興味がなくて「そういうことは、上の人たちに任せておけばいい」と思っていて、低賃金でもとりあえず生活できていれば文句を言わず「文句を言うのは我慢が足りない。与えられることに感謝しろ」と、異論を唱える人達のことをむしろ叩いたりする人達。牧場の家畜がやがては肉にされると気付かないまま餌をもらえることに感謝している状態ね。

特に日本の場合は支配者層が長期的に進めてきた愚民化政策のせいで、他人を馬鹿にする低俗な笑いや感動ポルノが娯楽になって、それらの中には巧みに「みんなと同じでいることが幸せで、辛い状況でも耐えるのが良いことで、そこからはみ出すやつのことは批判して構わない」みたいなメッセージが込められていて、いつのまにか洗脳されている。

「いったい、いつから世の中はこんなことになってしまったんだろう」と、日本の今とこれからを憂えている人は、この獣人の増加に気付いてしまったのよね。

続く。

**. **. **. **. **. **. **.

辛口オネエの世界線の話

辛口オネエの過去記事一覧

辛口オネエのスピリチュアル一覧