カレーパンのカロリーは?他のパンとのカロリー比較やカレーパンの糖質も!

カレーパンのカロリーは?他のパンとのカロリー比較やカレーパンの糖質も!

カレーパンのカロリーはどれくらいなのでしょうか?今回は気になるカレーパンのカロリーについて紹介します。市販のアンデルセン・神戸屋のカレーパンのカロリーやカレーパンと他のパンとカロリー比較、揚げてないカレーパンのカロリーなど、カレーパンのカロリーを中心にみていきましょう。また、カレーパンのカロリー以外に気になる糖質についてもまとめました。

カレーパンのカロリーは?

カレーパンのカロリーは?

カレーパンのカロリーは100gで321kcalとなっています。大体カレーパン1個が100g程度なので、カレーパン1個当たりのカロリーも321kcalと考えることができます。
カレーパンの具だけは180kcal、パンの部分のカロリーは384kcalなので、中身のカレーよりもパンの部分のカロリーが高いことがわかります。
カレーパンは大きさや具によってもカロリーが大きく変動する可能性がありますが、1個で300kcalを超えるとはかなり高カロリーですよね。

カレーパンのカロリー揚げてない場合では?

カレーパンのカロリーは揚げてない場合ではカロリーはどのくらい減るのでしょうか?
カレーパンのカロリーは油を使っているために高いといわれています。1個100gのカレーパンで大体10gの油を使うと想定し、油のカロリーは10gで92kcalです。
つまり、カレーパンのカロリーは揚げてない場合では229kcalになります。急にカレーパンのカロリーが低く感じられますね。カレーパンのカロリーを揚げてない上、さらに、パン粉を少なくするなどの工夫をするとカロリーも低くなることが考えられます。

市販のカレーパンのカロリーは?

市販のカレーパンのカロリーは?

では、市販のカレーパンのカロリーはどれくらいなのでしょうか?今回はアンデルセンのカレーパンのカロリーと、神戸屋のカレーパンのカロリーを紹介します。

アンデルセンのカレーパンのカロリー

アンデルセンのカレーパンのカロリーは100gあたり302kcalです。また、アンデルセンのカレーパン1個当たりのカロリーでは272kcalと記載がありました。
アンデルセンのカレーパンは300kcal以下なので、一般的なカレーパンのカロリーより低いことがわかりました。カレーパン自体の大きさが小さめなのでカロリーが抑えられているようです。

カロリー引用:アンデルセンのカレーパン|惣菜パン|商品情報|アンデルセン

神戸屋のカレーパンのカロリー

神戸屋のカレーパンのカロリーは1個当たり332kcalでした。神戸屋のカレーパンの1個あたりのグラム数の記載はなかったものの、カロリーも高いので大きめであることが考えられますね。
神戸屋のパンはカレードーナツというカレーパンも販売していますが、こちらも1個あたり333kcalと高カロリーでした。

カロリー引用:ぐっと満足カレードーナツ
カロリー引用:ビーフカレーパン | いらっしゃいませ!神戸屋です

実はカレーパンはカロリーが低い?他のパンと比較

カレーパンのカロリーは低い?他のパンと比較

カレーパンのカロリーは他のパンと比べると低いのかカロリーを比較してみましょう。

■カレーパンと他のパン100gあたりのカロリー比較
カレーパン…321kcal
あんパン…280kcal
クリームパン…305kcal
ジャムパン…297kcal
揚げパン…377kcal
メロンパン…366kcal

カレーパンは揚げパンやメロンパンに比べるとカロリーは低いことがわかります。しかし、上にあげたパンの中では少々カロリーが高めですよね。パンの種類の中でも、カレーパンは決してカロリーが低いとはいえないことがわかりました。

先に紹介した通り、揚げてないカレーパンや中身のカレーの具材などによってカロリーが変わるため、お店やメーカーによってカロリーに大きな違いがでます。そのため、カロリーがほかのパンよりも低いものもあり、「カレーパンは意外とカロリーが低い」といわれることもあるようですね。

カレーパンのカロリーと気になる糖質

カレーパンのカロリーと気になる糖質

カレーパンのカロリーと共に糖質も気になりますよね。カレーパン100gあたりの糖質量は30.7gです。ちなみに、あんパンの糖質量は47.5g、クリームパンの糖質量は40.2gのため、甘いパンと比較してみると、カレーパンの糖質は低いようです。しかし、パン自体が全体的に糖質は高いので注意が必要です。カレーパンは高カロリー・高糖質な食品であるといえるでしょう。

ダイエット中にカレーパンを食べるときの注意!

ダイエット中にカレーパンを食べるときの注意!

カロリーが高いカレーパンですが、ダイエット中などカロリーを抑えたいときに無性に食べたくなることもありますよね。我慢すると余計にストレスが溜まりドカ食いにつながることもありますので、ダイエット中にカレーパンを食べたくなったときに「食べちゃいけない」と思う必要はありません。ただ、ダイエット中なら以下の点に注意して食べることをおすすめします。

主食としてカレーパンを食べる

カレーパンは見てきたとおり、1個当たり321kcalとかなりの高カロリーな食品でした。ご飯100gが168kcalなので、ご飯と比べてもカロリーが高いです。
カレーパンを間食や食後に食べてしまうと完全にカロリーオーバーになってしまいます。ダイエット中にカレーパンを食べる場合には、主食としてカレーパンを食べましょう。カレーパンと一緒にサラダやスープを取り野菜を補給できるとより良いですよ。

揚げてないカレーパンを選ぶ

カレーパンを揚げてない場合のカロリーは100kcal程度低くなると紹介しました。つまりカレーパンをダイエット中に食べたい場合は揚げてないカレーパンを選ぶと良いといえます。
カレーパンはパン粉をつけて揚げており、パン粉が油を吸収してその分カロリーが高くなっています。揚げずに少ない油で焼くなどの工夫をしているカレーパンであればカロリーも抑えることができるのです。今は焼きカレーパンというパンもあるので、探して食べてみると良いですね。

まとめ

カレーパンのカロリーは100gで321kcalとかなりの高カロリーであることがわかりました。カレーパンは他のパンの中ではカロリーが低いとはいえず、さらに食品全体の中ではカロリーが高いので注意が必要でした。また、アンデルセンのカレーパンは100gあたり302kcal、神戸屋のカレーパンは1個当たり332kcalとお店によってカロリーも変わってきます。カレーパンは高カロリー・高糖質ですが、揚げてないカレーパンを選ぶなどの工夫をして美味しく食べてくださいね。

データ引用:日本食品標準成分表2015年版(七訂)|文部科学省