国の運勢を占うマンデン占星術で見る新型コロナウィルスの良い影響

国の運勢を占うマンデン占星術で見る新型コロナウィルスの良い影響

これまで、新型コロナウィルスによる世の中の変化について、マンデン占星術の手法で見ていきましたが、このウィルスによる「国にとってのいい影響」について、触れてきませんでした。

実は、今回のコロナ禍は、マンデン占星術上ではたくさんの「良い兆候」も映し出しています。
今回は、そのことについてお話ししましょう。

<2020年特に良い影響の目立つ惑星について>

今年の春分図と日本のバースデーチャートである始原図を二重円にした際、特に目立つのが、「春分図の月と始原図の太陽・海王星のソフトアスペクト」が複数のソフトアスペクトを持っている点です。

マンデン占星術において、月は国民の意識や世論です。
月が入室している12ハウスは、密室、隔離施設、病院、動乱などを示すハウス。それだけ、国民の意識がこれらのことに‭関心があるということです。

その月が8ハウスの太陽(国のリーダー、主権者)と、海王星(理想、夢、目に見えないもの、不透明、不確実)とソフトアスペクトを形成しています。

8ハウスは税金・財源・国債・相続のハウスです。死亡率や国際金融なんかもこのハウスです。繋がっていくもの、受け継いでいくもののハウス。そのハウスに主権を示す太陽が入室しています。

日本の主権が8ハウス…税金・財源・国債・相続・国債金融のハウスにある…というとちょっと意味が取りにくいですが、「国が過去から負っているもの」と考えると分かりやすいかもしれません。そして、二重円ではなく、始原図そのものの関係性からも見えてきます。