美人の定義って何?日本、世界の美人の定義と本当の美人の条件

美人の定義って何?日本、世界の美人の定義と本当の美人の条件

美人の定義とは何かと聞かれたら、皆さんはどう答えますか?町中で美人を見かけたら、男性でも女性でもつい目で追ってしまいますよね。ですが、どんな人を美人と呼ぶのか、はっきりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。今回は美人の定義とは何かをテーマに、男女で違う美人の定義や、日本、世界で変わる美人の定義についてご紹介していきます。本当の美人の条件とは何か、早速みていきましょう。

美人の定義とは

美人の定義とは

美人とは、容姿が綺麗な女性のことをあらわす言葉です。つまり、美人の定義を考えるときに「外見が綺麗なこと」は外せない条件となりますね。ただし、男と女では美人を定義するときの基準に違いが出てくるようですよ。男女で違う美人の定義についてみていきましょう。

男と女で違う美人の定義

美人を定義するときの基準には、男と女で違いがあります。

男にとっての美人の定義

  • 顔立ちが整った女性
  • 理想的な体型の女性
  • 女性らしい所作

女にとっての美人の定義

  • 完璧な女性
  • 顔だけでなく、スタイルも性格も話し方も素晴らしい女性

男にとって美人とは、まず外側から見えることが大事のようです。綺麗なのはもちろんのこと、女性らしい所作も美人かどうかの判断基準になるでしょう。
一方、女にとっての美人の定義は、完璧な女性そのものです。美人なのはもちろんですが、性格など心も綺麗ではないと美人だとは認められないようです。同性だからこそ厳しい目で女性を見て、美人の定義を持っているのかもしれませんね。

美人の定義の変遷

美人の定義の変遷

美人の定義は変遷を重ねてきました。昔と今では美人の定義に違いがあるので、その変遷を簡単にご紹介します。
昔、平安時代の美人の定義は細い目、おちょぼ口、頬はふっくらしているというものでした。いわゆる、おたふく顔、おかめ顔ですね。
そこから美人の定義は変わっていき、江戸時代には細面で鼻筋が通っており、切れ長の目がよいと言われていました。美人の定義に変遷はあったものの、平安時代と江戸時代で美人と言われる女性には少しだけ共通点が残っていますね。
ここから時代を飛ばして、昭和の美人の定義をみていきましょう。昭和時代には目が大きく、顔は小さめ、鼻が高い女性を美人だと言っていました。
美人の定義の変遷をみてみると、今、美人と呼ばれる人たちは昭和時代の美人の定義に当てはまっているところが多そうですね。

美人の定義に当てはまる芸能人

現代における美人の定義に当てはまる芸能人といえば、誰が思い浮かぶでしょうか?令和時代の美人な芸能人といえば、北川景子さんや深田恭子さん、竹内結子さん、石原さとみさんなどが有名ですね。
どなたも男女ともに人気のある女性芸能人で、外見だけでなく、性格も好かれるタイプであることがわかりますね。日本人が思う美人の定義に当てはまる芸能人だと言えます。

日本美人の定義

日本美人の定義

日本の美人と世界の美人を比べてみると、国によって美人と言われる人のタイプが異なるイメージがありますよね。「外見が綺麗なこと」という条件は共通するものの、日本の美人と世界の美人では、美人の定義が若干異なるようです。まずは、日本美人の顔のバランスを調べてみました。

日本美人の顔のバランス

日本美人の顔の特徴は次のとおりです。

  • 顔が小さい
  • 目がぱっちりしている
  • 鼻筋が通っている

この3つの条件が揃うと、日本美人の顔に近づきます。そのほかに、「顔のパーツのバランスが整っていること」「口角が上がっているように見えること」「白い歯」「肌が綺麗」という細かい条件が揃うことで、日本美人の顔だと思われるようです。

世界の美人の定義

世界の美人の定義

ここからは、世界の美人の定義をみていきましょう。世界ではどんな女性が美人と言われるのでしょうか?今回は韓国、中国、アメリカ、ロシアの美人の定義を調べてみました。

韓国の美人の定義

韓国の美人の定義は、モデルのようにすらっとした身長とスタイルのよさ、艶のある肌などが当てはまります。韓国といえば整形技術が発達していること、美容意識が高いことで有名ですよね。そのため、韓国の美人の定義でも、美意識の高さが関わってくるようです。

中国の美人の定義

中国で美人と言われるためには身長が影響します。中国では、背が高い女性を美人というようです。細身でスタイルがよく、身長が高いことが美人の定義とされ、顔のパーツはあまり重要視されない…ということもあるようですね。

アメリカの美人の定義

アメリカにおける美人の定義は、ほどよく筋肉があり引き締まっていて手足が長いことだと言われています。ただし、アメリカは多人種国家でそれぞれ好みが違うため、人によって美人の定義も変わるのだそうです。

ロシアの美人の定義

ロシア美人の定義としては、綺麗な艶のある髪と彫りの深い顔立ち、大きな目が当てはまると言われています。ロシアは美人が多いとも噂されていて、肌が綺麗な女性が多いのも特徴的です。

美人と可愛い、おブスの定義の違い

美人と可愛い、おブスの定義の違い

美人の定義をこれまでご紹介してきましたが、女性を褒める言葉には「美人」のほかに、「可愛い」もありますよね。また、逆に「おブス」と言われてしまうこともあります。美人と可愛い、そしておブスの定義はそれぞれ次のとおりです。

美人の定義
外見だけでなく、内面も磨いて自分を美しく見せている

可愛いの定義
女性らしい可愛らしさをメイクやファッションで表現している

おブスの定義
自分を美人もしくは可愛い女性に見せたいと思っているが、アピール方法が間違っている

おブスと言われる人は、自分に似合っていない服装やメイクをしても気づかないでいることが多いです。そのため、おブスの定義に当てはまっていたとしても、もっと違うアピールをすれば美人や可愛い女性に近づけることがあります。

美人になりたい!本当の美人の条件は?

美人になりたい!本当の美人の条件は?

美人になりたいと思っても、どうすれば美人になれるのか悩みますよね。最後に、「美人になりたい!」という女性に向けて、本当の美人に求められる外見的な特徴をご紹介します。

肌が綺麗、白い

美人の条件は、肌が綺麗なことです。思わず触りたくなるような綺麗な肌といえば、ニキビや肌荒れがない肌ですよね。また、色黒よりも色白のほうが綺麗だ、美人だと言われています。
美人になりたいと思ったら、スキンケアを始めましょう。紫外線対策もしっかりすることで、美人に近づくでしょう。

美人の鼻と口の位置

美人の鼻と口の位置

美人と言われるために必要な顔立ちの条件として、鼻筋が通っているほうがよいと言われています。また、鼻と口の位置が近いほうが美人に見られるんだそうです。美人になりたい人は、鼻筋が通って見えるようなメイクをするのもおすすすめですよ。

美人の髪は艶がある

美人になりたいなら、髪艶も大切です。艶がないボサボサの髪をしていては、美人とは言えないでしょう。美人の条件として外見の綺麗さは大切です。髪は艶があって、まとまっているほうがよいと言われています。

だらしない体型はNG

美人になりたいなら、自分の体型も見直してみましょう。お腹が出ている、二の腕がたるんでいる、膝が垂れているなど、だらしない体型は美人の条件には当てはまりません。また、ダイエットでガリガリに痩せてしまうのもNGです。本当の美人に求められるのは健康的で美しいボディなので、筋トレや食事管理などで引き締まった体を作っていきましょう。

まとめ

今回は美人の定義をご紹介しました。美人の定義は時代によって変遷し、今の日本美人の顔やスタイルに落ち着いています。どんな時代でもポイントになるのは「外見が綺麗なこと」です。そして、外見だけでなく、内面も磨いて自分を美しく見せることが大切だということですね。
美人になりたいと思ったときは、自分が誰にどんなふうに見られたいのか考えて、本当の美人の条件をクリアしていくといいでしょう。