キムチのカロリーは?キムチは太るからダイエットできない?糖質や塩分も!

キムチのカロリーは?キムチは太るからダイエットできない?糖質や塩分も!

キムチのカロリーは普段あまり意識しない人が多いかと思いますが、実際キムチのカロリーはどれくらいなのでしょうか?今回は気になるキムチのカロリーについてご紹介します。さらに、キムチのカロリー以外に気になる、糖質や塩分など栄養についてもまとめました。カロリーが低そうなイメージのキムチですが、太る原因になることも…。キムチが太るといわれる原因や、キムチをダイエットに活用する方法も紹介していきます。

キムチのカロリーは?

キムチのカロリーは?

一般的なキムチのカロリーは100gあたり46kcalです。また、キムチのカロリー1人前(1皿)あたりは、1皿70gぐらいで計算した場合、約32kcalです。

参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)

牛角キムチなど市販のキムチのカロリーは?

牛角キムチなど市販のキムチのカロリーは?

スーパーなどで見かける人気のキムチですが、牛角やPICKLES、東海漬物などメーカーによってキムチのカロリーは違います。続いては牛角キムチなど市販の人気キムチのカロリーをご紹介します。

商品名 100gあたり 1皿(70g)あたり
牛角韓国直送キムチ 82kcal 57.4kcal
ご飯がススムキムチ 53kcal 37.1kcal
こくうま 49kcal 34.3kcal

キムチのカロリーの中で牛角のキムチは比較的カロリーが高いようですね。しかし、キムチは1人前70gほどなので、牛角のキムチでも1皿ほどであればカロリーは気にならないほどでしょう。また、キムチのカロリーの他に糖質や塩分も商品によって若干異なります。

引用:
牛角キムチ:フードレーベル|商品情報
ご飯がススムキムチ:商品情報|ご飯がススムキムチ
こくうま:商品情報 |商品情報(こくうま 320g)- 東海漬物

キムチは太る?低カロリーでも太る原因は?

キムチのカロリーについてご紹介してきましたが、キムチは比較的低カロリーですよね。ダイエットに利用するという人もいるほどですが、実は太るという口コミもあるようです。それではキムチで太る理由とはなんなのでしょうか?

ご飯と一緒に食べてしまう

ごはんと一緒に食べてしまう

キムチが太るといわれる原因の1つに、ご飯にあう食品であることがあげられます。キムチ単品で食べる人は少なく、辛みによりいっそうご飯が進むことで、通常よりもご飯を食べすぎてしまうことが、キムチが太ると言われる原因となっています。

糖質が多い

糖質が多い

もう一つのキムチが太るといわれる要因は、キムチのカロリーではなく糖質にあります。キムチの糖質は先ほど紹介したように、100gあたり7.9gです。同じように白菜のつけもので比較してみると、白菜の塩漬けの糖質は1.6gでした。キムチは漬け込む過程で意外と多くの砂糖を使用しているため、日本のお漬物に比べて糖質が高めになっているようですね。そのため、キムチは糖質が高く、太るといわれているのかもしれません。

参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)

キムチでダイエットをする方法

キムチが太ると言われている理由は上述したとおり、ごはんを食べすぎる事、糖質が高めであることが原因のひとつとなっている可能性があります。キムチをダイエットに活用するのであれば、ごはんと糖質を抑えることが重要です。ここでは、おすすめのキムチダイエットの方法を紹介します。

キムチ鍋ダイエット

キムチ鍋ダイエット

キムチ鍋のカロリーはキムチ鍋の素を使用しますよね。キムチの素のカロリーは100gあたり、135kcalです。ここに野菜や肉を足したカロリーがキムチ鍋のカロリーになります。ダイエットしたいときは、キムチ鍋と一緒にご飯を控えめにし、野菜や豆腐などをたっぷり入れることでカロリーを抑えてダイエットの効果を期待することができます。

納豆キムチダイエット

納豆キムチダイエット

カロリーを抑えるためにキムチ鍋ダイエットは効果的ですが、毎日カロリーを気にしながらキムチ鍋を作るのは少し手間がかかります。そこで、毎日手軽にキムチをダイエットに取り入れるのであれば、納豆キムチダイエットがおすすめです。朝食の納豆にキムチを入れることで、白米を減らすことができます。また、納豆とキムチの食べ合わせで、乳酸菌の力で整腸効果も期待できるといわれています。

一品キムチ料理ダイエット

一品キムチ料理ダイエット

カロリーを抑えることを気にせずに、キムチを食事の一品に足すことで、食品との相乗効果を発揮します。例えば、トマトとキムチ、チーズを組み合わせてオリーブオイルを足すことで、脂肪燃焼効果が高まりダイエットの効果が期待できます。また豚肉とキムチを炒めた豚キムチも、豚のたんぱく質がキムチを食べることで吸収が良くなるので、基礎代謝の高い身体づくりの助けになります。

キムチ鍋のカロリーや納豆キムチ、キムチ料理のカロリーはあまり気にせず、食べ合わせを考えることで、ダイエットの効果が期待できそうですね。

 

キムチのカロリー以外に気になる糖質・塩分・栄養は?

キムチのカロリー以外に気になる糖質・塩分・栄養は?

キムチは一度にたくさん食べる食品ではないため、1皿あたりのカロリーを見るとそんなに気になるカロリーではありませんね。それでは、カロリー以外に気になるキムチの糖質や塩分はどれぐらいなのでしょうか。また、キムチの栄養についてもみていきます。

キムチの糖質

キムチのカロリーは商品などに表示されていることが多いのですが、糖質は記載されていないことがあります。一般的な糖質の求め方は、炭水化物-食物繊維。先ほど紹介した一般なキムチのカロリーに含まれる糖質は、100gあたり5.2gです。1皿(70g)あたりのキムチの糖質は約3.6gほどになります。

キムチの塩分

一般的なキムチ100gあたりのうちキムチの塩分は2.2gです。1皿(70g)あたりのキムチの塩分は約1.5gほどになります。1日あたりの塩分摂取量の目標値は男性で7.5g、女性は6.5gといわれています。女性で考えるとキムチ1皿の塩分は塩分摂取量の目標値の約1/4ほどになりますので、食べ過ぎは注意が必要ですね。

キムチの栄養

キムチのカロリーや糖質、塩分以外にもキムチには注目するべき栄養が。キムチには植物性の乳酸菌が多く含まれているので、腸の働きを整えてくれる効果が期待できます。ヨーグルトやビフィズス菌に含まれている乳酸菌よりも量が多く、植物性であるために腸に届きやすく、免疫もアップするといわれているのです。

参考:
文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
厚生労働省「日本人の食事摂取基準(20年版)

まとめ

キムチのカロリーは気になるほどではありませんが、キムチが太ると言われる理由は実は食べ合わせや糖質にあるようですね。ダイエットに活用するのであれば食べ合わせを少し意識することで、効果が期待できることがわかりましたね。整腸作用も期待されて、意外とカロリーの気にならないキムチ。キムチを食べるときはカロリーよりも糖質や食べ合わせを気にして食べるのがいいかもしれませんね。