お好み焼きのカロリーはどれくらい?カロリーオフでお好み焼きを食べる方法は?

お好み焼きのカロリーはどれくらい?カロリーオフでお好み焼きを食べる方法は?

お好み焼きのカロリーはどのくらいか、想像がつきますか?お好み焼きのカロリーは低いよりは高い…というイメージがありますよね。では、広島風と関西風でカロリーの違いはあるのか、お好み焼きのカロリーオフする方法はあるのか。気になるお好み焼きのカロリーについて、ご紹介します。併せて糖質も調べてみたので、チェックしてみてくださいね。

お好み焼きのカロリー

お好み焼きのカロリーはメニューによって変わりますが、だいたいどのくらいのカロリーになるのでしょうか?
だいたいのカロリーになりますが、豚玉の24cmで約518kcal、18cmで約500kcalほどと言われています。
お好み焼きのカロリーは主な材料である小麦粉により、高くなることが多いようです。その他に、お肉や餅など、カロリーが高い食材が具になると、お好み焼き自体のカロリーも高くなります。

お好み焼きのカロリー

お好み焼きのカロリー以外に糖質は?

お好み焼きのカロリーだけでなく、気になるのは糖質です。お好み焼きの糖質は約60gあるという話や、約45.5gあるという話も聞きます。なので、お好み焼きの糖質は約60~45g程度と考えておくといいでしょう。
お好み焼きは小麦粉でカロリーが高くなるとご紹介しましたが、糖質も高くなるのです。小麦粉の糖質は100gで約71.7gと高め。お肉や野菜はあまり糖質量が高くありませんが、小麦粉をたくさん使うとお好み焼き1枚の糖質は高くなるでしょう。

お好み焼きは太る?

お好み焼きが太る食べ物だと言われる理由は、主に材料によるものでしょう。お好み焼きを作るのに欠かせない小麦粉はカロリーが100gで約368kcalです。糖質も71.7gと多いため、「カロリーが高いから太る」「糖質が高いから太る」と言われているのです。
一方で「お好み焼き1枚なら1食分のカロリーや糖質量は多くないので、太らない」という意見もあります。お好み焼きを食べ過ぎるとカロリーオーバーになるという意見ですね。
お好み焼きのメニューによっては1枚でもカロリーが高くなったり、他のメニューより低くなったりするので、食べるときはどんな材料を使っているかもチェックしていきましょう。

カロリーが高いお好み焼きのメニュー

カロリーが高いお好み焼きのメニューは、次のようなものがあります。

  • そば、餅といった、「炭水化物」が含まれているもの
  • メガ盛りといった、「具材」がたくさん入ったもの
  • チーズといった、「カロリーが高い食材」が入っているもの

お好み焼きは炭水化物の食べ物ですが、ここにさらに炭水化物の食材をプラスするととても美味しいのですが、カロリーは高くなります。
また、トッピングもチーズや天かす、卵といったカロリーが高いものを乗せると、それだけカロリーアップになるでしょう。
ただ、チーズや卵、お肉などは低糖質です。食材によっては、糖質はそれほど気にしなくて大丈夫そうですね。

広島風と関西風、お好み焼きのカロリーが高いのは?

お好み焼きでよく見かけるのは、関西風のお好み焼きではないでしょうか。どろっとした生地に具材を入れて、ふわっと焼くのが関西風です。今回記事で紹介しているお好み焼きのカロリーは、関西風のものになります。
一方、お好み焼きといえば広島風も人気です。広島風のお好み焼きの特徴といえば、麺が入っていることです。その他に、焼くときも生地を薄く焼き、具材を重ねていく、ミルフィーユのような焼き方になります。
そんな広島風のお好み焼きのカロリーですが、調べてみると、1枚で800kcal以上あるこもあり、関西風のお好み焼きよりもカロリーが高いと言われています。

カロリーが低いお好み焼きのメニュー

カロリーが低いお好み焼きのメニュー

お好み焼きでカロリーが低いと思われるメニューは、次の通りです。

  • えびやいかなど、「シーフード系」のお込み焼き
  • トッピングをかけない、「スタンダード系」のお好み焼き
  • 野菜多めなど、「ベジタブル系」のお好み焼き

お好み焼きのトッピングには、ネギたっぷりといったカロリーが低いものもあります。また、スタンダードなお好み焼きはトッピングをかけたお好み焼きよりもカロリーを抑えられるでしょう。
できるだけカロリーが低いお好み焼きにしたいときは、マヨネーズをかけない、トッピングは野菜や魚介などの低カロリーのものにするといいでしょう。

お好み焼きの冷凍食品のカロリーは?

お好み焼きのカロリーは材料や大きさによって違いますが、冷凍食品などの製品なら大体のカロリーが決まっていて、わかりやすいですよね。
そこで今回はコンビニのセブンイレブン、ローソン、ファミマで売られている冷凍食品のお好み焼きのカロリーを調べてみました。

セブンイレブンの冷凍お好み焼きのカロリー

セブンイレブンの冷凍お好み焼きは、1食270gあたり323kcalです。いかとえびを使用した「ぶ厚いお好み焼き」で、電子レンジでチンして温めて食べます。セブンイレブンプレミアムの商品で、1袋228円(税抜)で販売しています。

ローソンの冷凍お好み焼きのカロリー

ローソンの冷凍お好み焼きは、豚玉といかえび玉の2種類があります。
「お好み焼 豚玉」は1袋当たりのカロリーは242kcal、「お好み焼いかえび玉」は1袋当たり273kcalです。
ローソンのお好み焼きは1枚入りのようで、価格は両方とも1袋198円(税込)です。

ファミマの冷凍お好み焼きのカロリー

ファミマの冷凍お好み焼きは、海鮮のお好み焼きです。「ふっくら旨い海鮮お好み焼き」のカロリーは1食271g当たり、350kcalです。えび、いかといったシーフードの具材以外に、国産キャベツも入った、ふっくらお好み焼きです。ファミマで1袋239円(税抜)で購入できます。

お好み焼きをカロリーオフする方法

お好み焼きのカロリーは下手すると、500kcalを超えますが、コンビニの冷凍食品を見るように300kcal以内に収めることもできます。
そこで、上手にお好み焼きをカロリーオフして、カロリーを気にせずに食べられる方法を考えてみました。

お好み焼きをカロリーオフする方法

具材は野菜・海鮮を中心にする

お好み焼きをカロリーオフするなら、具材には注意しましょう。先にご紹介した通り、餅やチーズ、お肉などはカロリーが高いです。
カロリーオフするなら、お好み焼きの具材は野菜や海鮮を中心にするといいでしょう。特に、お好み焼きのメイン材料のひとつであるキャベツはかさましにぴったりです。

生地に使う小麦粉は少なめに

お好み焼きのカロリーが高くなる理由として、小麦粉を挙げました。ならば、小麦粉を少なめにするとカロリーオフもできそうですよね。
小麦粉の代わりに山芋や豆腐などを入れることで、カロリーオフもできます。一度試しに作ってみてくださいね。

トッピングにマヨネーズを使わない

お好み焼きのトッピングで定番といえば、マヨネーズですよね。ですが、マヨネーズはついついかけすぎて、お好み焼きのカロリーを上げてしまいます。
もし、お好み焼きのカロリーオフをしたいなら、マヨネーズはかけないか、カロリーハーフのものなどを使うのがおすすめです。

お好み焼きを糖質オフする方法

お好み焼きのカロリーだけでなく、糖質オフも実現させるなら、どのような方法があるでしょうか?
実はお好み焼きは、具材自体は糖質が少なめのものが多いのです。お肉やチーズはカロリーが高いですが、糖質オフの料理ではよく使われています。なので、お好み焼きを糖質オフしたいなら、一番変えたいのは小麦粉です。
お好み焼きを糖質オフさせる方法として、おからパウダーを使うといいですよ。ただし、おからパウダーはカロリーが低くないので、カロリーオフしたい人は気をつけましょう。

まとめ

お好み焼きのカロリーについてまとめてみましたが、いかがでしたか?広島風も関西風もお好み焼きはカロリーが高いイメージがありますが、何の具材にするか、小麦粉の量などを注意していけばカロリーオフすることができるでしょう。糖質とカロリー、両方を上手に抑えて美味しくお好み焼きをいただきましょう!

カロリー、糖質参考:日本食品標準成分表2015年版(七訂)