2020年上半期のプチ転機予報【辛口オネエ】双子座・天秤座・水瓶座

2020年上半期のプチ転機予報【辛口オネエ】双子座・天秤座・水瓶座

ほかの星座はこちらから↓
牡羊座・獅子座・射手座|牡牛座・乙女座・山羊座|双子座・天秤座・水瓶座蟹座・蠍座・魚座

※こちらはアプリで配信中の2020年上半期【全体運転機予報】の各星座の3大転機を抜き出したダイジェスト版です。詳細を知りたい方はアプリにてご購読ください。


こちらは双子座・天秤座・水瓶座ね。

【双子座の3大転機】

1. 1月17日-19日

1月17日-18日は守護星の水星が水瓶座入り・天王星とスクエア。19日は真向かいの射手座で火星アンタレス合。世の中では天災・人災・国際的な対立、闘争が起きやすく、個人レベルでも諍いが起きやすい。双子座はそれまでの人生で経験していないこと、変わったこと、いろいろな物事に首を突っ込みたくなるかも。

2. 4月8日

天秤座の満月・守護星の水星と、木星冥王星がセクスタイル。もつれた糸が解きほぐされるようなこと、ホッとすること、一方では心がときめく出来事。世の中はきな臭い時期なので、嬉しいことがあっても公には喜べない雰囲気かもしれない。それでも、心の中でガッツポーズを決めて、信頼できる人達とは祝杯をあげられるようなことがありそう。

3. 5月5日

ドラゴンヘッドが蟹座から双子座へ移動。(ドラゴンヘッドは常に逆行)ここから2022年1月半ばまで、不思議な縁に導かれることが増えていく。「この人とは/このこととは、何かしら縁があるから今、関わってるんだろうな」と漠然と思えることがいくつも起きていく。特にこの2020年上半期は5月生まれの人が「前世からの縁」に導かれる経験をするかもしれない。