出会いから恋人になるまでの期間は?片思いから両思いになるための秘訣

出会いから恋人になるまでの期間は?片思いから両思いになるための秘訣

出会いから恋人になるまでの期間はどのくらいなのでしょうか?気になる人に出会って好きになったあと、片思いから両思いになるにはどうしたらいいのか迷いますよね。そこで今回は、出会いから恋人になるまでの期間について調べた内容と、片思いから両思いになるための方法についてご紹介していきます!

出会いから恋人になるまでの期間は?出会いからときめくことはある?

出会いから恋人になるまでの期間はどのくらいなのでしょうか?また、出会いからときめくことはあるのか、初対面で嫌われた場合の恋人になるまでの期間も考えてみましょう。

出会いから恋人になるまでの期間

まず、出会いから恋人になるまでの期間ですが、調べてみると「当日~3ヶ月」と幅があります。それぞれの出会いから恋人になるまでの期間の特徴を見てみましょう。

  • 出会いから恋人になるまでの期間が1日未満…出会った瞬間にお互い恋に落ちた!そんな二人はすぐに意気投合して付き合うことが多いんだとか。少ない例ではありますが、ビビビッ婚などは恋人になるまでの期間が1日未満であることが多いでしょう。
  • 出会いから恋人になるまでの期間が1か月程度…出会ってから1か月程度で恋人になる二人は、出会いからなんとなく「いいな」と思っているケースが多いです。1か月の間にLINEをしたりデートしたりして、3回目のデートくらいで付き合い始めます。
  • 出会いから恋人になるまでの期間が3か月程度…出会ってから3か月程度で恋人になる二人は、恋人になるまで相手のことをじっくり知っていきたいというケースになります。恋愛に慎重になっている、結婚まで考える相手と付き合いたいというときは恋人になるまでの期間が長くなる傾向にあります。
  • 出会いから恋人になるまでの期間が1年以上…恋人になるまでの期間が1年以上空く場合は、男女のどちらかが相手に対して恋愛感情を持っていないことが多いです。恋に落ちるまで時間がかかり、恋人になるまでの期間が長くなることがあります。

初対面で好きになる?出会いからときめくことはあるのか

初対面で出会った人を好きになるのは、どんなケースがあるのでしょうか?
たとえば、「匂い」の好みが挙げられます。好きな匂いの人だと好意を抱く、または好印象になる可能性が高いです。

初対面で好きになる可能性はありますが、反対にもし、何か相手に気に障ることをしてしまった場合、嫌われてしまうことになります。初対面で嫌われてしまったら、その印象をひっくり返すことは難しいです。
そのため、初対面の印象はとても重要で、大事なものになります。

恋人になるまでの期間を短くする…初対面で好印象を与えるには?

出会ってから恋人になるまでの期間を短くするなら初対面で好印象を持たれる、好きだと思われるのがいいでしょう。ですが、好きだなと思われるのはなかなか難しいです。
初対面で男性は女性のどこを見ているのか知って、恋人になるまでの期間が短くなるように、好印象を与えるための対策を考えましょう!

初対面で男性は女性のどこを見ている?

初対面で男性が女性のどこを見ているかというと、顔、メイク、ファッション、足(靴)、手(ネイル)、胸、体型…などなどたくさんあります。やはり、最初はパッと見える外見に目が行くようです。
派手なファッションなら顔よりも先に服に目が行ってしまうでしょう。ギラギラのアクセサリーをたくさんつけていたら、何よりも先にアクセサリーを見てしまいます。太っていたら体型に、胸が大きければ胸に目が行ってしまうのが自然なことです。
そしてもちろん、顔も見ています。可愛いか、美人かも重要ですが、笑顔があるかどうかも男性にとって「この子はアリかナシか」を判断するポイントになっています。

初対面で好きかどうか男性はすぐに決めてる!?

初対面でまず見るのは外見ですが…、そこから男性は「この女性と付き合えるかどうか」というのを判断しています。瞬間的なジャッジですね。恋人になるまでに段階を踏む前に、初対面で付き合えないと判断されてしまう可能性があるのです。

もちろん、外見だけの要素で決まるわけではありません!
話し方や話す内容なども男性にとっては重要ですが、外見からの印象の方が割合は大きいです。「外見がちょっと残念でも話し方で巻き返す!」と頑張るかもしれませんが、まずは外見での第一印象が決まっているため、巻き返しは困難なものになるでしょう。

出会ってから恋人になるまでの期間を短くしたいというときは、男性と会うとき相手がどういう人かわからなくても、最高の自分で会いに行くようにしましょう。

恋人になるまで…片思いから両思いになるにはどうしたらいい?

初対面で好きかどうか決まるなら、恋人になるまでの期間を短くしたいときは「外見」が重要です。が、「外見が好みでなければ好きにならないし、片思いから両思いにならない」というわけではありません。
片思いから両思いになるための第一印象アップ、好印象になる方法をご紹介します。

片思いから両思いになるために外見で気をつけること

片思いから両思いになるために外見で気をつけることは、とにかく綺麗でいることです。
「美人じゃなきゃだめ」「可愛くなきゃだめ」ということではありません。

  • 洋服が皺だらけじゃないか。
  • 髪の毛がぼさぼさじゃないか。
  • 靴に汚れはないか。
  • 肌荒れがひどくなっていないか。
  • ネイルが剥げかかっていないか。
  • 姿勢が悪くなっていないか。
  • ノーメイクではないか。

細かい点ですが、外見を変えるだけでも片思いから両思いになるための対策になります。
こういった小さな点を気にすることで初対面の印象も変わってくるのです。

片思いから両思いになるために外見以外で気をつけること

メイクはきちんとしてるし、服装にも気を配ってる…とにかく外見は完璧に気を遣ってるけど、元々の自分に自信がない!という女性も多いですよね。片思いから両思いになるために外見以外で気をつけることも見ていきましょう。

  • 喜怒哀楽は表情でしっかり表現する。
  • エチケットに注意する。
  • 汚い言葉遣いはしない。

外見で一番見られる顔は、何も「綺麗」「可愛い」だけを判断するポイントではありません。表情も顔の一部です。少しくらいオーバーリアクションになってもいいので、表情をしっかり見せるようにしましょう。
また、片思いから両思いになるには、相手に不快な思いをさせないための清潔感は最低限のエチケットです。見た目もそうですが、「トイレに行って手を洗わなかった」という女性が魅力的に映ることはありません。
言葉遣いも乱暴にならないように気をつけましょう。

まとめ

恋人になるまでに自分がすべきことはなかなかわかりづらいかもしれません。片思いから両思いになるために気をつけるべきことについて、今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。
どこで出会いがあるかわかりません。初対面の印象が恋人になるまでの期間を決めるかもしれないと思って、普段から自分磨きをしていきましょう!