【Ku】聖書は預言書(3)神=宇宙人なら合点がいく!あの災厄はこの技術?【オカルト】

【Ku】聖書は預言書(3)神=宇宙人なら合点がいく!あの災厄はこの技術?【オカルト】

聖書は預言書(3)神=宇宙人なら合点がいく!あの災厄はこの技術?

前回、旧約聖書の神がやったことって全般的にとても怖いことばかり、神と呼ばれているその存在は実は宇宙人なんじゃ?と話したから、今回はそう思える理由を挙げていくね。

バックナンバーはこちら↓
KUGAHARAの記事一覧

※この記事は単なるオカルト好きの中年男の戯言です。内容についてのお叱りはご容赦ください。

■ロトの妻を塩の柱にしたものとは?

ソドムとゴモラ

旧約聖書の創世記には、ソドムとゴモラが滅ぼされたとき、ロトの妻が塩の柱になった経緯はこんな感じで書かれている。

彼らがロト達を町の外へ連れ出すと、主は言われた。「命がけで逃れよ。振り返ってはいけない。低地のどこにもとどまるな。山へ逃げよ。さもなければ、滅びることになる

主はソドムとゴモラの上に天から硫黄の火を降らた。これらの町と低地一帯を、町のすべての人々と地の草木もろとも滅ぼした。

ロトの妻は後ろを振り返ったために塩の柱になった。アブラハムはその朝早く起きて主と対面した場所へ行った。ソドムとゴモラ、そして低地一帯から煙が立ち上っていた

“天から硫黄の火を降らせ”
“町と低地一帯を町のすべての人々と草木もろとも滅ぼした”
“ロトの妻は後ろを振り返ったために塩の柱になった”

これは聖書や世界の神話の出来事を実際に起きたと想定して検証している人達が「宇宙人による、空からの核攻撃」だったという説を唱えている。一瞬にして広大な土地と、そこにいる人間も草木も関係なく燃え尽きてしまう、それが可能な兵器が使用された。そして、「塩の柱」と言っているけれど、ロトの妻は一瞬のうちに強い放射線を浴びて炭化してしまったのだと。

■石版に雷で十戒を刻みつけたのは「レーザー」かな?

旧約聖書の神が、高度な技術を持った宇宙人だと考えると、石版に文字を刻んだ方法はレーザー光線かもしれない。精度が高いから空の高いところから、シナイの山頂は標高が高いとはいえ、地上に掲げられた石版にきちんと文字を刻めたんじゃないかな。レーザー光線は、昔の人には雷に見えたんだろう。

■大洪水・海を割るのは『天候や引力を操る』ことができた?

★大洪水を予知あるいは引き起こせた存在がいた

神はノアに言われた。「わたしは、すべての人を絶やすと決心した。彼らは地を暴虐で満たしたからだ。わたしは彼らをこの地と共に滅ぼそう。お前は糸杉で箱舟を造り、アスファルトでその内と外を塗り固めるのだ

わたしは地の上に洪水を送り、命のあるもの、肉なるものを、みな天の下から滅ぼし去る。地にあるものは、みな死に絶える

この大洪水の雨は40日続き、水が引くまでは150日かかったそうだ。

ノアの箱舟

旧約聖書の創世記は紀元前3000年頃の出来事との説があって、その頃は天候も今とはかなり異なっていたそうだ。だから、ただの自然災害だったのかもしれないけれど、この大洪水が起きることをあらかじめ知らされていて箱舟を造ったことで、つがいの動物達とノアの一族だけが助かったのが事実なら、やはり啓示はあったのだろう。となると、やはり啓示をした存在がいるわけで、彼らは少なくとも自然現象、天候を予知できたか、あるいは操れたのかもしれない。

★エジプト人が乗っていた二輪馬車チャリオットの車輪が紅海の底に沈んでいる?

有名な映画『十戒』や、近年作られた『エクソダス 神と王』でも海が割れるシーンは見所だけど、あれも本当に起きたこととされているそうだ。モーセに率いられたイスラエルの民は、エジプトから脱出したけれど紅海を前に追いつめられてしまった。しかし、モーセが神に祈ると、紅海がまっぷたつに割れて、イスラエルの民は皆、海を渡りきることができた。エジプト兵が後を追うと、海は元どおりになり、エジプト兵達は皆、溺れ死んでしまった。

近年の調査で、エジプト兵が乗っていた二輪馬車『チャリオット』の車輪と思しき鉄の残骸が紅海の底に沈んでいることが判明したそうだ。

チャリオット

現代の技術でも、海を割るなんてまだ不可能だと思えるけど、当時の「神」とされた誰かはできたんだろう。それも、意図したときに海を割って、また戻すことができた。これについては隕石が落ちて海の水が引いただとか、いろんな自然現象説も唱えられているけれど、自然現象でそこまで的確に守るべき民だけ通過させたあと、敵をすべて溺れ死ぬなんてできないと思うよね。

だから、これも海の水を自在に操る技術を持った宇宙人がいた、と考えたほうがむしろ辻褄が合うんじゃないかな。

続く。

バックナンバーはこちら↓
KUGAHARAの記事一覧

【免責事項】芦屋道顕及び開運占い軍団の記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けのエンターテイメント目的としております。記事に掲載されている情報を利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当方は一切責任を負いません。予めご了承ください。

ABOUT この記事をかいた人

Ku

■Ku(クゥ)@恋愛コンサルKUGAHARA 2016年8月よりKUGAHARA(Ku)がメインで男性心理・本音を暴露。最近はオカルト・陰謀論メイン。 ※2016年8月以前の記事は辛口オネエスタッフ・はるかの単独執筆記事です。 ■Kuプロフィール IT企業を経て経営コンサルタントとして独立するかたわら、恋愛相談も受け付ける。バツイチ・アラフォー。