家事都合のためや私事都合で有給を取っていいの?家事都合の意味や使い方も

家事都合のためや私事都合で有給を取っていいの?家事都合の意味や使い方も

家事都合や私事都合の意味や使い方を知っていますか?今回は「家事都合のため」の一般的な意味や、会社に有給を出す時の使い方をご紹介します。また、悩みやすい家事都合のための有給申請と私事都合との違いも併せてチェックしていきましょう。

家事都合の意味とは?

家事都合とはどういった意味なのでしょうか。家事都合のため…というのは家の洗濯や掃除などの家事を意味しているのではありません。家事都合は「家庭や親族など身内について何らかの事情がある」という意味で、家庭の事情や都合を表す言葉です。家事都合のため休むということは、家庭内の事情を解決するために休むということを意味しています。

「家事都合のため」の使い方は?どういう場面で使うの?

「家事都合のため」とはどのような使い方をすればいいのでしょうか?「家事都合のため」は「家庭の事情のため」のかしこまった言い方になるでしょう。使い方としては、上司に家庭の事情のため休むと言い出しにくい雰囲気の時、「家事都合のため…」とあらたまって伝えてみましょう。また有給取得用紙などに家庭の事情のため、と書くよりも家事都合のためと書くほうが形式的に見えます。

私事都合とはどんな意味?

では、私事都合とはどんな意味でしょうか。私事都合とは家事都合と言葉は似ていますが少し異なった意味を持っています。私事都合とは、「自分個人の都合やなんらかの事情がある」という意味です。家族の病院に付き添うなら家事都合、自分が病院に通院するなら私事都合ですね。
しかし、ビジネスシーンでは家族のこともわたくしごとに入ります。私事都合とは家族の事情でも使っても間違いではないのです。たまに「家事都合って家事のこと?掃除洗濯で休まれても困る」と、家事都合の意味が知られていない場面に遭遇することもあります。そういう場合は「私事都合」を使いましょう。
私事都合とは、自分の都合のことでも家族のことでも使える使い勝手の良い言葉と言えます。

欠勤理由として使う私用と家事都合の違いと意味

家事都合と似た意味を持っている「私用」ですが、欠勤理由として使うのはどちらがいいでしょうか?
欠勤理由を伝える時「私用のため」はとっさのメール文には使いやすい言葉ですよね。私用は「自分個人の用事」という意味で、家事都合とは少しだけ違うニュアンスを持っています。
家事都合は家庭の理由や訳の意味合いが大きく、私用は自分のために使うという意味合いが大きいです。そのため、欠勤理由を家事都合ではなく私用で…と伝えてしまうと、誤解を受けることもあります。
家事都合はその言葉だけで家庭の都合なんだなと察してもらいやすいのですが、欠勤理由が私用だと「どんな用事?」と聞かれることがあるかもしれません。

家事都合での有給の取り方

実際に家事都合で有給を取る時のさまざまな例をご紹介します。

子どもが熱を出した時に家事都合で有給を取る

子どもが熱を出してしまった場合、家庭でのことなので家事都合で有給を取りましょう。学校には子供の様子を伝えるために「熱が出ているので休みます」とそのまま伝えてください。

親の介護や配偶者の看護が必要なときに家事都合で有給を取る

仕事も大切ですが、親の介護や配偶者の看護も大切なことです。家族に手助けが必要な時は、家庭のことなので家事都合で有給を取りましょう。

葬儀・法事の時に家事都合で有給を取る

葬儀や法事の場合、そのまま「葬儀・法事」と言った方が伝わりやすいと思います。冠婚葬祭のための特別休暇制度もあるかもしれません。しかし、葬儀や法事を理由に有給を取りたいけどどうしても言い出しにくい事情がある場合は、家事都合で有給を取ってもいいでしょう。

役所などでの手続きのため家事都合で有給を取る

役所などは平日しか業務をやっていないので、会社を休まないと手続きに行きにくいものです。役所での手続きは家庭に関係してきますので、家事都合で有給を取ってもいいでしょう。

自己都合で休みたいときは家事都合を使っていいの?

家事都合ではなく自己都合で会社を休みたい時もありますよね。どうしても体がだるい、友人と遊びたい、旅行のチケットが平日にしか取れなかった等は自己都合です。そんな自己都合で休みたい時、理由として家事都合を使っていいのでしょうか。答えは「自己都合でも家事都合を使っても良い」です。本来有給を取得するのに理由は要らないからです。会社へ言い出しにくい自己都合的な理由のときは、家事都合を使った方が上司からの心象や同僚の印象も良いでしょう。

退職理由に家事都合と書いていいの?

家族や親族の事情で退職した場合、退職理由に家事都合と書いていいのでしょうか。退職理由が家事都合の場合でも、一般的に「一身上の都合により」となります。退職理由は形式的に「一身上の都合により」という言葉に統一されていると言えるでしょう。一身上の都合とならない場合は「会社都合により」となります。そして退職理由も有給取得理由と同様、詳細に答える義務はありません。ただ、書類には家事都合で退職と書きませんが、退職理由を細かく聞かれた場合「家事都合での退職で…」と答える場面があるかもしれません。

まとめ

今回は家事都合や私事都合の使い方について紹介してきました。家事都合は家庭内の事情、私事都合は自分の事情、私用は自分の用事という意味です。職場の雰囲気や場面ごとに家事都合や私事都合をうまく使いこなしましょう。

関連記事ランキング