三角関係になったら…三角関係が修羅場になるパターンとアドバイス

三角関係になったら…三角関係が修羅場になるパターンとアドバイス

目次

三角関係になることはそんなに珍しいことではありません。もし三角関係のライバルが友人だったり職場の人だったり、知り合いの場合は、身を引く方がいいのでしょうか?今回は三角関係の修羅場になるパターンの紹介と修羅場になりやすい人の診断方法、三角関係の終わり方を紹介していきます。

三角関係が修羅場になるパターンとアドバイス

三角関係は時に修羅場になることもあります。好きな人が友達や職場の人と同じになってしまうと、修羅場になる可能性も出てくるのです。
三角関係が修羅場になってしまうパターンとそれぞれのアドバイスを紹介していきます。

三角関係の修羅場とアドバイス①自分の彼氏を友達が好きになる

三角関係の修羅場には、自分の彼氏を友達が好きになるパターンがあります。自分の彼氏を友達が好きだった場合、一度確信をつくようなことを友達に行ってしまうと修羅場になるでしょう。
自分の彼氏を友達に譲るなんてことは考えられないですよね。友達が自分の彼氏を好きになって三角関係になった場合のアドバイスは、修羅場になることを覚悟して友達に身を引くよう言いましょう。友達との関係は崩れてしまいますが、三角関係をうやむやにしていても良くありません。話し合うときは取っ組み合いの修羅場にならないよう、冷静な気持ちで話し合ってください。

三角関係の修羅場とアドバイス②職場の既婚者を好きになる

三角関係の修羅場と言えば、不倫関係が多いでしょう。不倫の三角関係になりやすいのは、職場の既婚者を好きになることです。当然、職場の既婚者には結婚している相手がいるので、修羅場は必須です。
職場の既婚者と不倫関係になった場合、修羅場になって相手の家庭を壊したり、裁判になって慰謝料を請求されることもあります。アドバイスとしては職場の既婚者との三角関係は避け、他に好きな人を作る、趣味に没頭するなど、他のことに目を向けるようにしましょう。

三角関係が職場内だったら?

不倫とは違った、職場内の三角関係もありますよね。三角関係のライバルも職場内にいる場合、毎日の仕事で顔を合わせるため、ぎこちない態度になってしまうこともあるでしょう。職場内の三角関係は、お互いだけでなく周りを巻き込むこともあります。他の職場の人たちまで気まずい思いをさせないために、三角関係であっても職場内では冷静に対応しましょう。

職場内で三角関係のアドバイス

職場内で三角関係になる前のアドバイス、職場で三角関係になったあとのアドバイスを紹介していきます。

職場で三角関係になって片思いする前の注意点

職場で三角関係になって片思いする前に、職場内の恋愛関係を把握しておきましょう。誰が誰を好きなのか把握しておくと、片思いして三角関係になり、気まずい思いをすることはありません。職場で片思いするだけでも今後のアプローチ方法を悩むのに、更に三角関係は避けたいですよね。

職場で三角関係になって失恋したくないときは?

職場で三角関係になって失恋したくないときは、まず他にライバルがいるかいないかのリサーチは大切です。他にライバルがいて、三角関係になってしまった時は、職場でのアプローチ方法を変えることでなるべく失恋を避けることができます。職場の三角関係の相手を上手くかわして、好きな人とプライベートで会えるようにすると、ライバルに勝つ可能性も上がるでしょう。失恋したくないときは、職場だけでなくプライベートでのアプローチも忘れずにしてくださいね。

三角関係になったら身を引く?

三角関係で身を引くのは、どんな理由があるでしょうか?三角関係で身を引くケースを身を引くことができないケースを紹介していきます。

身を引くケース

友情を取って自分は諦めて応援する、職場での関係が疲れてしまう、などそれぞれ理由があるでしょう。
心もとても疲れてしまうので、三角関係から身を引くことで楽になれるというのもあります。

身を引くことができないケース

相手のことが好きで、ライバルにも負けたくない、と思うとなかなか三角関係で自分が身を引く気分にはなれないかもしれません。

まずは、自分にとって恋の方が重要なのか、友情が一番大事なのかを考え、他の人にも目を向けたり、楽しみを見つけたりして果たして、三角関係を続けてまで恋愛を頑張っていくべきなのかを判断しましょう。三角関係で身を引く前に相手の気持ちを確かめることも近道かもしれませんね。

三角関係になりやすい人と診断できる特徴

三角関係になりやすいと診断できるポイントは何でしょうか?恋愛の話をしている時でも三角関係になりやすいと診断できるので、気になる友達や職場の人に当てはまるのか見ていきましょう。

三角関係になりやすい人診断①自分が1番でなくてもよい

恋愛において、好きな人にとって1番の恋人でなくてもいい、というスタンスの人は三角関係になりやすいと診断できます。都合のいい相手になりやすいので、三角関係になりがちです。

三角関係になりやすい人診断②言いたいことを我慢してしまう

好きな人に嫌われたらどうしよう、などと考えてなかなか自分の意見をはっきり言えない人は、三角関係になりやすいと診断できます。自分の恋人が好きだという人が他に現れても、何も言わないため、恋人からすると「他の人と付き合ってもいいのか?」と不安になってしまうでしょう。結果、三角関係になってしまうことがあるのです。

三角関係を終わりにするには?

三角関係を終わりにするには、自分の恋心を取るか、友情を取るかを選ぶか決断する必要があるでしょう。
三角関係の相手が友達ではなくても、恋を諦めれば必然的に三角関係は終わりになります。友情を取ったとしてもその友達との関係はうまくいかないかもしれないので、すっきり終わりにできるかは難しいところです。
恋を取って相手に諦めてもらう場合は、友達や三角関係の相手との関係は悪くなってしまう覚悟が必要なこともあるでしょう。
他には、相手の恋が終わりになるまで待ってからアプローチする方法もありますが、いずれにせよ、すべての関係をうまくいかせるのは難しいでしょう。

まとめ

三角関係は職場だったり、友達が相手だったり、うまく恋に進めないことも多いです。三角関係になりやすい人と診断できる特徴もあるので、いつも三角関係になってしまうと悩んでいる人は自分が当てはまるかどうか診断してみてください。また、三角関係で自分が身を引く方が新しい恋ができることもあります。
三角関係を終わりにするために、友情か恋か選ばなければならないこともあるので、誰もが幸せになることは難しいですが、もし諦めることになっても、新しい恋を探せるように心の整理をしていきましょう。