黄ニキビは潰すべき?放置すべき?黄ニキビが治る期間はどれくらい?

黄ニキビは潰すべき?放置すべき?黄ニキビが治る期間はどれくらい?

黄ニキビは膿が溜まった状態で痛い上に目立ちますよね。今回は黄ニキビが鼻の下などにできる原因や、顔に黄ニキビができたら潰すべきなのか放置すべきなのか、黄ニキビの治る期間など、気になる黄ニキビについてまとめました。

黄ニキビとは膿が溜まったニキビ

黄ニキビは、ニキビの進行状況で言うと【白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ】と一番最後の状態です。黄ニキビは黄色い膿が溜まった状態のニキビのことを言います。

そもそも、ニキビができる原因は何らかの要因で毛穴が詰まって、皮脂がたまることにあります。ニキビの最初の段階は白い盛り上がりとなりますが、これが白ニキビと言われるもので、次に毛穴の表面部分が酸化して黒くなります。これが黒ニキビと言われるものですが、更に毛穴の中で細菌が繁殖して炎症が進むことにより赤く腫れ上がったものが赤ニキビ、そしてそこに菌と戦った白血球の死骸が集まって溜まり膿となります。これがいわゆる黄ニキビになります。

黄ニキビが鼻の下など鼻の近くにできやすい原因

黄ニキビと言えば鼻の横や鼻の下などによくできるイメージがあるかと思います。では、なぜ鼻の下などの鼻付近に黄ニキビがよく発生するのか原因について解説します。

鼻の下など鼻周りは皮脂分泌が盛んな場所で、どうしても毛穴が詰まりやすくなってしまう場所です。毛穴の汚れも取りにくい場所であるため、鼻の下に黄ニキビが発生しやすいのですね。しかし、鼻の下にできる黄ニキビは毛嚢炎(菌が感染し皮膚の内部に膿の溜まる皮膚の病気)の可能性も高いので気になる方は、一度皮膚科で診てもらうと良いでしょう。

黄ニキビができたら潰すべき?それとも放置?

では、黄ニキビができたら潰すべきなのでしょうか。それとも放置すべきなのでしょうか。

黄ニキビを潰すか放置するか…綺麗に治したい・なるべく早く治したいなら黄ニキビは潰すべきではないです。黄ニキビを潰すと炎症が酷くなるだけでなく、痕跡にもなりやすいと言われています。悪化させないためにも、黄ニキビができたら潰すのではなく、自分では何もせず放置してできるだけ早く皮膚科で診てもらうようにするのがベストと言えます。

黄ニキビは、放置しておけばいつのまにか消える場合も稀にあるようですが、黄ニキビというものは炎症がかなり進んだ状態なので、放置するだけだと早くは治らないことが殆どのようです。黄ニキビを放置したままだと、紫外線などで悪化する可能性もでてきます。黄ニキビができた時は自分でつぶすのはやめて触らず放置して、きちんとケアをするか専門医に診てもらうことをおすすめします。

黄ニキビから膿が出てきた時の対処法

膿が溜まった状態の黄ニキビですが、お医者さんに行けずに放置した結果何かの拍子に傷つけて黄ニキビから膿が出てきた時に、膿はどのようにしたら良いのでしょうか。ここでは、黄ニキビが潰れてしまい膿が出てきた時の対処法についてを解説していきます。

黄ニキビから膿が出てきた時の対処法①患部を触らない

黄ニキビが潰れて膿が出る状態は、かなり炎症が進んでいる状態なので、触ってしまうと手の菌が入り込んだり、刺激を与えて更に悪化する可能性があります。黄ニキビから膿が出てきたら、患部は絶対触らないようにしましょう。

黄ニキビから膿が出てきた時の対処法②患部を清潔にする

黄ニキビの膿は、細菌と闘い終えた白血球の集合体です。その黄ニキビの膿を、まずは清潔なコットンなどで優しく綺麗に拭き取ります。次に洗顔をしますが、ゴシゴシと強く洗わないで優しく洗うようにすることをおすすめします。洗う時は、水や熱いお湯よりも、30度前後のぬるま湯がお肌には優しいと言われています。洗顔の後は清潔なタオルで、こすらず上から軽く抑えるようにして水気を拭き取ります。なお、洗顔の回数は1日2回くらいがちょうどいいでしょう。

黄ニキビから膿が出てきた時の対処法③保湿する

洗顔後は、しっかりと保湿していきます。乾燥もニキビの原因になると言われているため、化粧水や乳液で保湿をしてあげましょう。この時、刺激の強いものを使わないようにしましょう。ニキビ肌用、敏感肌用と記載されているタイプの化粧水やクリームは比較的低刺激なものが多いようです。保湿は洗顔後だけでなく、日常でも随時心がけてくださいね。

黄ニキビから膿が出てきた時の対処法④紫外線を避ける

紫外線は、黄ニキビに対して良くない刺激を与えてしまいます。洗顔と保湿が終わったら、外に出るときは紫外線を避けるようにします。大きな帽子をかぶったり、布で覆ってみたり、低刺激性のUVカットクリームを塗っても良いでしょう。

黄ニキビが治る期間はどれくらい?

黄ニキビが治る期間はどれくらいなのでしょうか?

黄ニキビの治る期間ですが、黄ニキビを潰したり自己流の間違ったケアをした人と、きちんとしたケアをしたり、皮膚科で治療を受けた人とでは大きく差が出てくると言われています。後者の方が、黄ニキビが治る期間は断然短いと言えます。

また、睡眠や食生活やストレス、ホルモンバランスなどの要因も、黄ニキビが治る期間に影響を及ぼすと言われています。要は、黄ニキビの治る期間は、自分次第で短くもなり長くもなるということです。

黄ニキビが治る期間を早める方法は?

黄ニキビが治る期間を早める方法はあるのでしょうか。ここでは、黄ニキビが治る期間や、治るのを早める方法について解説していきます。

黄ニキビが治る期間を早める方法は、皮膚科で専門医の治療を受けることが一番ですが、同時に正しいケアと規則正しい生活習慣を心がけることが、とても大切になってきます。先に述べましたように、黄ニキビに対する基本のケアは患部を清潔にして保湿を行い、紫外線を避けることです。次に、日常生活ではバランスのとれた食事としっかり睡眠を取ることです。栄養面では、豚肉などに多く含まれているビタミンB群、柑橘類に多く含まれているビタミンC、ナッツ類に多く含まれているビタミンEを積極的に摂取するなど、バランスの取れた食事を心がけましょう。

黄ニキビが治る期間を少しでも早めたいのであれば、不摂生をやめてバランスのいい食事や規則正しい生活を心がけて生活習慣を変えるようにしましょう。

黄ニキビができたら皮膚科に行こう

黄ニキビの悪化を防いぐような効き目がある薬はあるのでしょうか。塗り薬の他に、飲み薬や漢方薬もあるのか、知りたいですよね。また

黄ニキビの薬は3種類

黄ニキビの薬は、大きく分けると塗り薬、飲み薬、漢方薬の3種類があると言われています。塗り薬は、皮膚科で処方されるものと市販薬に分かれます。皮膚科で出される塗り薬は、専門医により処方された薬なので効果が期待できます。市販薬の塗り薬については使用方法をしっかり守ることが大切です。飲み薬は、皮膚科では抗生物質や抗菌剤が処方されますが、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン剤も皮膚科で処方されることもあるようです。ちなみに漢方薬は、桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)、清上防風湯エキス顆粒(セイジョウボウフウトウ)が、からだの内側から改善する漢方薬として知られています。

黄ニキビに効果が期待できる市販薬

黄ニキビに効果が期待できる市販薬はあるのでしょうか。ニキビ肌用と記載されている薬が該当しますが、黄ニキビはニキビの中でも炎症がかなり進んだ状態ですので、市販薬では抗菌成分が足りなかったり、自分の肌に合わないものだったりして、効果が得られない可能性もあります。ちなみに、市販薬で効果が期待できるのは、黄ニキビになる前の白ニキビや黒ニキビの段階だと言われています。ニキビの進行を食い止めるために、早めの段階で市販薬を使うのには良いかもしれませんね。

黄ニキビに効く?市販薬「オロナイン」は効果あり?

ニキビに効能があることで知られている「オロナイン」は、黄ニキビにも効果があるのか気になるところです。ここでは、市販薬「オロナイン」について解説していきます。

「オロナイン」は傷や火傷、しもやけなどの時に塗る皮膚用の抗菌軟膏剤として、よく知られています。用途が多く公式サイトでは効果効能に「にきび」と記載されていて、古くから一般家庭で使用されています。「オロナイン」の主成分はクロルヘキシジングルコン酸というものです。その、クロルヘキシジングルコン酸は殺菌作用だけでなく、保湿の役割もあるとされるため、黄ニキビを防ぐのに必要な効果が期待できます。しかし、「オロナイン」も市販薬ですので、黄ニキビになってしまってからでは効果は期待できない可能性があります。一般の市販薬同様、白ニキビや黒ニキビといった、ニキビの初期段階であれば効果が期待できるかもしれませんね。

名称 オロナイン オロナインH軟膏 (医薬品)
分類 第2類医薬品
メーカー 大塚製薬
ブランド オロナイン(Oronine)
内容量 30g / 100g / 250g / 500g
成分 有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg
添加物
ラウロマクロゴール ポリソルベート80 硫酸Al/K マクロゴール グリセリン オリブ油 ステアリルアルコール サラシミツロウ ワセリン 自己乳化型ステアリン酸グリセリル 香料 精製水

黄ニキビができたら皮膚科に行こう

黄ニキビをきちんと治すなら、専門医のいる皮膚科や美容外科に行くことをおすすめします。膿が出た後は、穴状の痕が残るケースもあるので、黄ニキビは皮膚科を受診して、専門の薬を処方してもらうのが一番確実でしょう。皮膚科、もしくは美容外科では黄ニキビの痕が残らないような処置をしてもらえるところもあります。黄ニキビができたら、早めに皮膚科に行った方が良いでしょう。ニキビも病気と同じで早期発見、早期治療が大切ですね。

 

まとめ

黄ニキビについて、早く治す方法や市販薬について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。黄ニキビは、目立ったり気になるだけでなく、痛みやかゆみを伴うのでとても辛いですよね。黄ニキビができたら皮膚科へ、できれば黄ニキビになる前に、皮膚科の専門医に診てもらうのが最善策ではないでしょうか。女性にとってニキビ肌は悩みのタネ、できればニキビを作りたくないですよね。ニキビ肌にならないように、日頃からきちんとケアをしたり栄養バランスを整えたりして、美肌を維持していきましょう。

関連記事ランキング