結婚相手の条件は?必要な条件を男女別にランキング!結婚の決め手も!

結婚相手の条件は?必要な条件を男女別にランキング!結婚の決め手も!

目次

結婚相手の条件、あなたは何を基準にしていますか?結婚相手の年収?それとも顔などの見た目?今回は婚活女子必見の結婚相手に求めるべき条件をご紹介します。既婚女性の「結婚相手の決め手となった条件」や結婚条件で妥協してOKなポイント、譲ってはいけない結婚相手の条件ランキングなどもまとめました。

結婚相手に必要な条件リスト!

結婚相手に必要な条件リスト!

現在付き合っている彼がいる女性で、このまま結婚しても大丈夫?という不安を抱えている方も少なくありません。そこで今回は、結婚相手に必要な最低限の条件をまとめたリストを用意しました。あなたが彼との結婚で悩んでいる場合は、こちらの結婚条件リストを参考にしてみてくださいね。

結婚後2人が暮らしていける経済力がある

結婚条件として彼の収入だけで2人で暮らしていけるかを考えましょう。これはあなたが専業主婦になる想定ではありません。彼1人だけの収入でやっていけるか想定する必要があるのは、引っ越しに伴い仕事を辞めたり、妊娠して産休に入ったり、女性側は結婚や妊娠で仕事に様々な影響がでることが多いです。そうなったときに一時的にでも彼1人の収入のみで生活しなくてはいけなくなることもあります。その場合を想定して2人で生活できるほどの収入があるかどうかなどは結婚条件リストとしてとても重要な項目になります。

金銭感覚に不安はない

金銭感覚については結婚後に揉める一番の原因とも言えるので、結婚条件リストとして「金銭感覚が合うかどうか」は重要になります。後先考えずにほしいものは値段を見ずに買ってしまうタイプだったり、あまりにもケチで節約するポイントが合わないなど金銭感覚に不安な点がないか結婚条件としてチェックしておきましょう。

あなた以外の人との接し方で問題はない

結婚条件リストとしてあなたとの接し方以外人も、他人との接し方がちゃんとしているかも重要です。店員に横柄な態度を取ったり、職場の後輩に対してパワハラのような言動があったり、家族に対して偉そうな態度をとっているようなタイプではないかしっかりチェックしましょう。

彼はあなたの家族を大切にしてくれる

結婚条件リストの中でも「結婚後」のことを考えて、あなたの家族を大切にしてくれるかは大切な判断基準になります。自分の家族ばかり優遇するようなタイプでは結婚後に後悔することになるかもしれません。

食べ物の好みが似ている

結婚条件リストとしてとても小さな項目ですが、食べ物の好みは小さな亀裂やストレスを生むことも。好きなものと嫌いなものが真逆なタイプだと、意外とシェアし合ったり喧嘩にならないこともありますが、なるべく食べ物の好みが似ているほうがいいでしょう。

彼はあなたの良き理解者である

恋人ではなく一生を共にする結婚相手。ずっと一緒にいるからこそあなたの一番の理解者であってほしいですよね。結婚条件のリストとしてあなたのことを理解してくれる、もしくは理解しようという姿勢があることも大切になります。「女の考えることは分らない」とあなたのことを理解しようとせず、男女の考え方の違い方で区別するようなタイプだとのちのち苦労するかもしれません。

稼ぐ力がある

結婚条件1で挙げた収入に近いものがありますが、彼に稼ぐ力や意欲があることも大切です。この先どんなことが起こるかなんてわかりません。彼にもあなたにも言えることですが、仕事を辞める事態に陥ることもあるかもしれません。その時に手に職をつけていると次の仕事はすぐに見つかり、お互いに苦労が少なく済みます。どうしても結婚すると「家族を支えなくては」と思い嫌な職場でもやめられないことがあります。体調を崩す前に「辞める」という決断ができるのも「手に職があるから他の職場でもやっていける」という自信があるからこそ。結婚条件リストとして稼ぐ力や意欲はとても重要なのです。

あなたに暴力を振るったことがない

結婚条件リストの中でもこちらの項目がアウトだったら、結婚はしないほうがいいと言えます。暴力を振るわれたことがあるようなら結婚は論外と言えるでしょう。

あなたの意見を尊重してくれる

あなたの意見を頭ごなしに否定するような男性ではなく、あなたの意見をしっかり聞いて尊重してくれる男性かどうかも重要です。結婚後に意見が言えず夫の思い通りにすべて進められてしまわないようにしっかりチェックしておきましょう。

一緒にいて安らげる

付き合っているうちから、一緒にいて心が安らげるというのも結婚条件の大切なポイントです。相手のご機嫌をとってビクビクしていたり、試されているような感覚を覚えるようだったら結婚相手として考え直した方がいいと言えます。

いかがでしょうか?結婚相手に必要な条件としてリストご紹介しました。結婚相手に必要な条件リストで全部に当てはまれば、彼との結婚を前向きに考えてみてもいいかもしれませんね。

結婚相手に求める条件ランキング!

結婚相手に求める条件ランキング!

結婚相手に求める条件といっても、たくさんありすぎて何を優先していいのか分かりませんよね。今度は結婚相手に求める条件をランキングにまとめてみました。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2015年に実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」にて、「いずれ結婚するつもり」と答えた18~34歳未満の女性・男性を対象に、「結婚相手の条件として考慮・重視する割合」のうち「重視する」という答えが多かった結婚相手の条件をランキング形式でご紹介します。

女性が結婚相手の男性に求める条件ランキング

まずは女性が結婚相手の男性に求める条件ランキングです。

【女性が結婚相手の条件として重要だと思っているものランキング】

第一位:人柄(88.3%)
第二位:家事・育児の能力(57.7%)
第三位:仕事への理解(49.6%)
第四位:経済力(39.8%)
第五位:職業(30.0%)
第六位:共通の趣味(23.9%)
第七位:容姿(15.9%)
第八位:学歴(10.6%)

出典:「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」(国立社会保障・人口問題研究所)

結婚相手に求める条件のランキングはこのような結果になりました。一位の「人柄」は9割近くの女性が重要だと感じているようです。あなたは結婚相手に求める条件のランキングを見てどのように思いましたか?「全部必要!」と思う方もいれば、「これはなくてもいいかな」と思う部分もあるかもしれません。現在付き合っている彼がいる方や、婚活中の方は結婚相手に求める条件のランキングを今後の参考にしてみてくださいね。

男性が結婚相手の女性に求める条件ランキング

今度は反対に男性が結婚相手に求める条件ランキングを見てみましょう。

【男性が結婚相手の条件として重要だと思っているものランキング】

第一位:人柄(76.6%)
第二位:家事・育児の能力(46.2%)
第三位:仕事への理解(41.8%)
第四位:容姿(24.1%)
第五位:共通の趣味(20.8%)
第六位:職業(6.0%)
第七位:経済力(4.7%)
第八位:学歴(3.7%)

出典:「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」(国立社会保障・人口問題研究所)

4位の「容姿」は4人に1人くらいの男性が結婚条件として重要だと感じているようです。女性の結婚条件と1~3位までは変わりませんが、結婚条件として男女が重視することの違いとして女性は「経済力」、男性は「容姿」が重要だと思っていることがよくわかる結果となりました。

結婚条件に必要な年収は?

結婚条件に必要な年収は?

先ほどから結婚条件に「年収・収入・経済力」という言葉がよく出てきます。結婚条件に年収が重要なのは分かりますが、最低限どのくらいあれば2人で生活できるのか気になりますよね。

結婚条件に必要な年収を調べてみたところ、最低でも400万円以上はあると安心できるようです。ただしあなた自身がどのような暮らしを求めているかでも、結婚条件に必要な年収は変わってきます。あなたが専業主婦で子どもは最低でも3人ということであれば、年収400万円では厳しいかもしれません。

反対に子どもがいても正社員で働き続ける意欲があれば、男性の年収が400万円でもどうにかなるでしょう。世の中の男性の平均年収は400万円前後ですが、結婚後はあなたの労働意欲や子育ての状況に応じて変わると思っておいた方がいいですね。

ただ結婚条件リストでもご紹介した通り、女性は結婚や出産を機に職場を変える・辞めるという状況になることもあります。共働きを予定していたとしてもどちらか一方が仕事をしない状況になったときに生活できるだけの収入があるといいでしょう。

結婚相手の決め手となったポイントは?

結婚相手の決め手となったポイントは?

続いて、実際に結婚した女性が「結婚相手として選んだ決め手」とは何だったのか、結婚相手の決め手ポイントを見てみましょう。

結婚後の生活が見えるかどうか

やはり生活する上で欠かせないのが経済力。経済力があると結婚後の生活も自然と想像ができるもの。「愛さえあればお金なんて……」とはいいますが、現実はお金がないと生活できません。最低限夫婦二人が食べるのに困らない経済力が、結婚相手の決め手となった女性は多い様です。愛している彼氏でも、結婚となると話は別で、経済力がない相手だと結婚を考えられないという女性もいるようです。最終的に結婚相手としての決め手はやはり経済力の有無。また子どもを考えているなら、子どもを育てられるだけの経済力があるかも見極めたいですね。

理想の夫像に近いかどうか

結婚相手の決め手となったポイントの二つ目は「理想の夫像に近いかどうか」です。例えば自分の父親が理想の夫像だったり、アニメやドラマの中の人物が理想の夫だったり。自分の理想とする姿に近いと感じたらそれが結婚相手の決め手になるということもあるようです。「ずっと一途に愛してくれる」「浮気をしない誠実な性格」「真面目で働き者」など、女性自身の求める理想の夫像に近いと感じたときに結婚相手の決め手となります。

見た目が好み

SNSなどで時々話題になる「見た目が好きならなんでも許せちゃう」ということも、結婚相手の決め手になったという女性も多いのです。毎日一緒にいる相手だからこそ、経済力や性格よりも顔が重要なんだとか。

結婚相手の決め手となるポイントは何を重視するかによって大きく変わるようですね。

結婚の条件で妥協してもいい部分は?

結婚の条件で妥協してもいい部分は?

結婚相手に求める条件は多くありますが、全部の条件に当てはまる男性を見つけるのは至難の業。最後は結婚相手に求める条件として、妥協してもOKだと判断できる部分をご紹介します。しかしこれも人それぞれ重要とする部分が変わりますので、一概には言えません。

顔や体型などの見た目

年を取れば見た目は変わります。どんなに素敵な人でも結婚後に激太りしたり年を取って見た目が大きく変わることだってあります。結婚の条件として見た目を気にしても、変わってしまうかもしれないんだったら妥協してもいいポイントと言えるかもしれません。また、結婚条件の中で見た目を妥協したという女性の中では「一緒に生活をしていたら見た目は気にならなくなる」という意見や「見た目は自分の努力と彼の意志があれば変えられる」という意見も。

「どうしてもイケメンじゃなきゃ嫌!」という人以外は、見た目の結婚条件については「見た目は変わる・帰られるもの」として妥協してもいいポイントといえるかもしれません。

学歴

学歴が高ければ確かに就職の範囲は広がりますが、最近は学歴関係なく稼いでいる人はたくさんいますよね。学歴が高ければ高収入の仕事につける確率は上がるのかもしれませんが、それも本人の能力次第。学歴を結婚条件に挙げている人は今の彼の頑張りを見た方がいいのかもしれませんね。

年齢

あまりにも年が上で離れすぎていると介護の面が心配になったり、あまりにも年下だと浮気などが心配になりますが、介護の心配や浮気の心配は年齢が離れていたとしても同じこと。結婚相手に求める条件としては妥協しても大丈夫と言えます。

結婚の条件として妥協してもいい部分はこのようになりました。実際に結婚するにあたって条件を妥協したという既婚女性の意見でもあります。あなたも結婚相手に求める条件で妥協できる部分があれば、妥協して考えてみるようにしましょう。

 

結婚相手の条件に関するまとめ

今回は結婚相手の条件についてご紹介しました。記事を読んであなたの結婚観が少しでも変わったのではないでしょうか。結婚相手の条件に譲れないものは譲らない、妥協できる部分は妥協する。そして本当に好きな男性と一生幸せに過ごせるように、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。