家庭崩壊する家族の特徴は?家庭崩壊による子供への影響や修復方法

家庭崩壊する家族の特徴は?家庭崩壊による子供への影響や修復方法

家庭崩壊する家族にはどんな特徴があるのでしょうか?仕事や浮気などで家庭崩壊し、後悔しても遅いのです。離婚という最悪の結果に至る前に家庭崩壊の特徴や修復方法をチェックしていきましょう。もし家庭崩壊に悩んだときにおすすめの相談場所もご紹介します。

家庭崩壊の特徴

家庭崩壊に共通する特徴は「話し合いが出来ない」状態にあるということです。細かく特徴を見ていきましょう。

家庭崩壊の特徴①喧嘩や暴力が日常的にある

夫婦間や親子間での家庭内暴力・暴言が日常的に行われているのが家庭崩壊の特徴です。暴力は他人にはもちろんのこと、家族に対しても奮ってはいけないものです。また、暴力を奮っている場面を見せることや物を壊して怖がらせるのも暴力です。そんな一般的な常識や思いやりが抜け落ち、暴力や暴言が飛び交う家庭は家庭崩壊しているといっていいでしょう。家族を守るためにあるはずの家庭ですが、家族を傷付け合う家庭には家族の団欒はありません。常に緊張感があり居心地が悪い場所となってしまいます。

家庭崩壊の特徴②父親や母親の役割を果たしていない

不倫している、家に帰って来ない、必要な生活費を渡さずに遊びに注ぎ込むなど、父親母親の役割を放棄しているのは家庭崩壊の特徴です。どちらか一方が家事育児を押し付けたり、両者が放棄して子供をネグレクト(育児放棄)している場合もあります。本来親がする役割を子供に押し付けることもあるのが、特徴のひとつです。

家庭崩壊の特徴③アルコールやギャンブルなどの依存症

家族の誰かが第三者の助けがないと復帰が難しい状態にありながら、普段は優しいから…と我慢し続けるのも家庭崩壊の特徴です。表面上は暴れた後は物を片付ければ元通り、生活費を使われてもその分働けば元通りです。しかし実際は依存症によるトラブルの処理に振り回され、家庭としての機能が崩壊してしまっているのです。依存症は、トラブルが多発している段階にきていると本人がコントロールできていない状態であることが多いです。医療機関での治療が必要ですが本人が依存症と認めないことも多く、治療は困難を極める場合があります。

家庭崩壊は子供にどんな影響があるのか?

家庭崩壊は子供に影響があるのでしょうか。子供が小さいうちは、家庭崩壊は夫婦の問題に見えます。しかし小さな子供でも、家庭崩壊の大きな悪影響を受けるのです。親からたっぷりの愛情をもらわず育った子供は自己肯定感や共感する能力が低くなってしまい、いじめや不登校などのトラブルに巻き込まれやすい場合があります。そして、小さな子供は大人と違い、物事の良い悪いを自分で判断することはできません。親が繰り返す喧嘩や暴力を日常的に見て影響されると、それが普通のことだと思い育ってしまいます。このように、家庭崩壊は子供の人格形成に根深く影響して暗い影を落とします。

仕事が原因の家庭崩壊

夫婦の不仲だけではなく、仕事が原因で家庭崩壊してしまう場合もあります。仕事が原因で家庭崩壊に繋がってしまう人は、まじめで正義感が強い人が多いです。家庭を支えるため仕事に熱心に打ち込んだ結果、相手への思いやりが欠けたり話し合う時間を持てず家庭崩壊に繋がるといった結末に。また、仕事の負担が大きすぎて、仕事以外の家事育児を相手にすべて任せたり、家庭を仕事のストレスの捌け口にしてしまう場合もあるのです。家庭を守るために仕事をしているのに家庭崩壊に繋がってしまうのは悲しいことですよね。

後悔先に立たず…浮気が原因で家庭崩壊

軽い気持ちの浮気で家庭崩壊し、後悔している人は少なくありません。しかし、浮気をしてしまった場合、後悔しても遅いのです。浮気は信頼関係を壊し、家庭崩壊を起こすことが多く、選択肢は離婚か相手の反省しかありません。相手が反省したとして今後も浮気を絶対にしないという確証は無く、相手への不信感に繋がり結局家庭崩壊する可能性が高いのです。浮気した方も後悔と罪悪感を抱えることになります。浮気は快楽一瞬・家庭崩壊一瞬・後悔一生です。

自分のせいで家庭崩壊してしまったと感じる方へ

自分のせいで家庭崩壊したと思っている場合、あなたの精神はあまりいい状態であると言えません。なぜなら、家庭とは家族全員が支え合うものだからです。一人で抱え込む必要はありません、家族全員で話し合えば具体的な問題点が見つかるはずです。話し合いが出来ないのなら、「自分のせいで家庭崩壊した」のではなく、「家庭崩壊が起きている状態」です。話し合った上で自分のせいで家庭崩壊したと思っているのなら、話し合いがうまくできなかったか、あなたの精神が不安定な状態にあるのでゆっくり休んでから考え直してみましょう。自分のせいで家庭崩壊したと自分を責めるより、問題点は何だったか客観的に見て、家族一人一人がどう動けば幸せになれるかを考えてみましょう。

家庭崩壊を夫婦のまま修復する

家庭崩壊を修復する第一歩は、家族が「家庭崩壊している」と認識することです。そして、家庭崩壊を夫婦のまま修復する場合、家族間の思いやりや話し合いの場が不可欠です。家族間で家庭崩壊から立ち直りたいという強い気持ちがあれば修復できる可能性があります。修復方法は、別居期間を作ったり、家庭崩壊問題を扱うカウンセリングに通うなどです。

家庭崩壊を離婚で修復する

家庭崩壊の修復には様々な形があります。家庭崩壊の修復は夫婦仲を保ったままでなければ、できないものではありません。離婚も一つの手段になることがあります。離婚には悪いイメージがどうしてもあります。しかし離婚して子供を家庭崩壊の原因から切り離し、正常な状態に戻すことも家庭崩壊の修復といっていいでしょう。離婚した後、相手との距離が取れれば元パートナーとしていい関係が築き直せる可能性もあります。

家庭崩壊についての相談所

家庭崩壊の悩みは知人にはなかなか相談しづらいものです。場合によっては法律や慰謝料の知識が必要になることもあります。専門的な相談所に相談すれば、秘密も守ってもらえますし的確なアドバイスを聞けるかもしれません。

よりそいホットライン-家庭崩壊について電話で相談できる相談所

どんな悩みでも電話で24時間無料相談できるという相談所です。気持ちや悩みを聞いて欲しいというだけでも電話をかけてもいいそうですよ。

一般社団法人社会的包摂サポートセンター|よりそいホットライン 0120-279-338

弁護士ドットコム-家庭崩壊について弁護士に相談できる相談所

無料で弁護士に相談できたり、弁護士を検索できる法律トラブル相談所です。様々な家庭崩壊のケースが掲載されているので読むだけでも問題解決の糸口になりそうです。

離婚の流れやトラブルへの対処法 – 弁護士ドットコム

まとめ

今回は家庭崩壊の特徴や原因について紹介してきました。家庭崩壊のせいで子供に影響が出てしまったり、家族関係を修復できずに離婚に至るのは嫌ですよね。できればどんな問題も家庭崩壊に至る前に話し合いし、関係を修復していきたいですよね。相談窓口も活用しながら、それぞれが納得できる形の家族へ近づけるように進んでいきましょう。

関連記事ランキング