ニキビによく効く薬は?市販で売られているおすすめのニキビ用薬はある!?

ニキビによく効く薬は?市販で売られているおすすめのニキビ用薬はある!?

目次

ニキビによく効く薬は市販で売っているのでしょうか?大人のニキビや思春期ニキビ、赤ニキビなどが顔にできると「最強にニキビによく効く薬で治したい!」と市販の薬を探す人も多いと思います。ですが、そもそもニキビによく効く薬というのはあるのでしょうか?今回は大人のニキビと思春期ニキビの原因、市販で売られているニキビ用の薬をご紹介していきます。

ニキビによく効く薬は市販で売ってる?

ニキビによく効く薬は市販で売ってる?

気になる、顔にできたニキビ。そんなニキビによく効く薬は市販で売られているのでしょうか?まず、「最強によく効くニキビの薬!」というのはないと思ってください。劇的によく効くものではなく、ニキビは少しずつ時間をかけてケアしていくものです。そのケアのサポートに市販のニキビの薬を使うようにしましょう。
まず、ニキビには大人のニキビや思春期ニキビなど、ニキビができる時期によって呼び名が違っていたり、原因や対処法も変わってきます。また、赤ニキビや白ニキビといった、ニキビの状態でも市販の薬を使うか、病院でお医者さんに診てもらうべきかなど変わるんですよ。
なので、ニキビの薬をチェックする前に、それぞれのニキビの原因や特徴をみていきましょう。

大人のニキビと思春期ニキビの違い

大人のニキビと思春期ニキビの違い大人のニキビと思春期ニキビにはそれぞれ違った原因があり、薬やケア方法も変わってきます。特に大人のニキビは、ケアの仕方によっては悪化させてしまうこともあります。
大人特有のニキビと思春期ニキビはどのように違うのか見ていきましょう。

薬に頼りたくなる!大人のニキビの特徴

大人のニキビは薬で一刻も早く治したい、と思いますよね。薬に頼る前に大人のニキビの原因を知っていきましょう。大人のニキビの特徴は、おでこや鼻、頬、あごにできやすくなることです。大人特注のニキビができる原因としては、

  • ストレスや食生活の乱れ
  • 睡眠不足などの生活習慣
  • 化粧品の残りや整髪料の刺激

などがあげられます。このような原因から、肌の皮脂分泌が過剰になったり、乾燥してしまうことにより大人のニキビが発生してしまうのです。
20代を過ぎてからできる大人特有のニキビは、薬に頼るとしても思春期ニキビとは原因や状態も違うので気を付けましょう。大人のニキビができているお肌は、薬をつけるだけでなく、きちんと保湿することも必要です。また、生活習慣が改善できないと治りにくくなってしまうこともあります。

思春期ニキビの特徴

大人のニキビと違って思春期ニキビは10代から20代前半にできるニキビで、活発な皮脂分泌によって顔全体、特にTゾーンにできやすいのが特徴です。皮脂によって毛穴が詰まり炎症を起こします。思春期ニキビは大人のニキビとは違い、3,4年たてばきれいに治っていくことも多いです。薬に頼ることもありますが、ニキビケア用の洗顔で顔を洗ったりしていくことで悪化を防げます。

赤ニキビ、白ニキビなど薬を使うのは?

赤ニキビ、白ニキビなど薬を使うのは?

赤ニキビや白ニキビにはどのような薬を使って治すときれいに治せるのでしょうか。
ニキビの状態によって使う薬を使い分けたり、病院に行かないと治らない場合もあります。
赤ニキビや白ニキビ、それぞれの大人のニキビの薬について見ていきます。

赤ニキビ、黄色ニキビは病院で薬をもらう

赤ニキビや黄ニキビの薬は、病院に行ってもらうのがいいでしょう。赤ニキビや黄ニキビはニキビが化膿して重症化している状態がほとんどです。
痛みが出ている場合もかなり悪化している可能性が高いです。赤ニキビ、黄ニキビには病院で診察を受けて、診断してもらうのが確実です。
市販薬では菌に働きかける力が弱く、きれいに治せないことも多いです。
膿をもっている重症化した赤ニキビ、黄ニキビには抗菌の薬で塗り薬、飲み薬があるのですが、病院で処方してもらえます。痛みやかゆみが強く、膿を持っている時には病院へ行くことも考えてみましょう。

白ニキビ、黒ニキビは市販薬でもOK

赤ニキビではなく、炎症がひどくない白ニキビや黒ニキビは市販薬で治せることも多いと、製薬会社の第一三共ヘルスケアのサイトには書いてあります。
白ニキビは毛穴に皮脂が詰まって、毛穴が詰まり膨らんでいる状態です。大きさも小さく、まだ初期のニキビなので、赤ニキビになる前に市販薬などで早めに対策するようにしましょう。
黒ニキビは詰まった皮脂が酸化して黒くなっています。こちらもまだ炎症を起こしていなければ、市販薬で対処することもできるでしょう。できてしまっている白ニキビや黒ニキビの対策は、泡立てた洗顔料で1日に2,3回洗顔して清潔を保ち、細菌の感染を押さえる市販の塗り薬を塗るようにしたり、ビタミンの入った薬を服用したりするようにしましょう。

参考:ニキビ・吹き出物の対策|くすりと健康の情報局

赤ニキビ用の薬で市販されているものは?

赤ニキビ用の市販薬はないのか気になりますよね。赤ニキビの薬で市販されているものは、LIONの「ペアアクネクリームW」があります。
商品の公式サイトに記載されているように、有効成分のイブプロフェンピコノールがアクネ菌によってコメドが作られるのを抑えて、治療してくれます。これ以上赤ニキビがひどくなるのを抑えるよう作用します。
気になる赤ニキビにはこのような市販の薬で進行を抑えるようにする方法もありますが、自分で判断せず、病院に行くことも視野に入れてくださいね。

参考:ペアアクネクリームW|ニキビ薬 | ライオン株式会社

大人のニキビの市販薬はよく効く?

大人のニキビの市販薬はよく効く?

大人のニキビによく効く市販薬と言われているものがあるのでしょうか?大人のニキビは乾燥が原因になっていることも多いので、保湿してニキビを治してくれる市販薬を使いましょう。グリセリンを含んでいたり、アルコールが含まれていないものがいいでしょう。大人のニキビによく効くように工夫された市販薬を見ていきましょう。紹介する商品は効果が保証されているわけではなく、個人差もあるので商品説明などをよく見て検討してくださいね。

大人のニキビの市販薬「イハダ アクネキュアクリーム」

大人のニキビの市販薬はよく効く?大人のニキビの市販薬はよく効く?-2
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

先ほども紹介した「イハダ アクネキュアクリーム」。大人のニキビによく効く市販薬と考えられるのは、アクネ菌によるコメドの生成を抑えて、殺菌成分イソプロピルメチルフェノールが配合されている点に注目です。ノンステロイドで安心して使え、伸びがいいので小さな大人のニキビにも塗りやすくなっています。お肌にも優しい弱酸性です。

大人のニキビの市販の飲み薬「ペアA錠」

大人のニキビの市販薬はよく効く?-3大人のニキビの市販薬はよく効く?-4
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

大人のニキビに対して塗り薬だけでなく、飲み薬の市販薬もあるのでよく効くのかどうかチェックしてみましょう。「ペアA錠」は老廃物を排出するグルクロノラクトンやニキビなどの肌荒れを改善する生薬ヨクイニン、さらにビタミンB2、B6が肌のターンオーバーを助けてくれる、と公式サイトに記載されています。大人のニキビは生活習慣の乱れなどで繰り返すことも多いので、市販の飲み薬で対応するのもひとつの手です。大人のニキビのために市販の飲み薬を飲んでいるときは生活習慣を見直し、よく効くように用法用量を守るようにしましょう。

大人のニキビの薬にも!?ランキングでコスパ最強の「オロナインH軟膏」

大人のニキビの市販薬はよく効く?-5大人のニキビの市販薬はよく効く?-6
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

「オロナインH軟膏」はマツキヨのネットショップの殺菌消毒薬ランキングで上位に入る商品です。そんなランキングで上位のオロナインを大人のニキビに塗って、対処する人もいます。小さなチューブタイプだと1個300円以下とランキングの中でもコスパ最強のオロナインは、公式サイトで「ニキビ、吹き出物には少量を軽くすりこむこと。べたつくときはタオルやガーゼ等で拭き取ること」と書かれています。

思春期ニキビの市販薬はよく効く?

思春期ニキビの市販薬はよく効く?

思春期ニキビには、活発で過剰に出てしまっている皮脂を取り除く薬を使うのが効果的です。ここでは思春期ニキビのため、角質を柔らかくして皮脂を取り除く成分の市販薬を紹介していきます。

思春期ニキビの市販薬「アンナザルベエース」

思春期ニキビの市販薬はよく効く?思春期ニキビの市販薬はよく効く?-2
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

思春期ニキビの原因に多い、皮脂。その皮脂を取り除くためにニキビを柔らかくし、皮脂の排出を促して吸収、乾燥させていく「アンナザルベエース」は、思春期ニキビによく効くのではと言われている市販薬です。角質を柔らかくして殺菌作用もあるイオウやレゾンシルという成分と、ニキビのかゆみを抑えてくれるグリチルリチン酸が含まれています。よく効くようにするには、1日2~3回、綺麗に洗顔したあとに使用するようにしましょう。

思春期ニキビの市販薬「メンソレータムアクネス薬用アクネジェル」

思春期ニキビの市販薬はよく効く?-3思春期ニキビの市販薬はよく効く?-4
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

角質を柔らかくする成分を配合している「メンソレータムアクネス薬用アクネジェル」も、思春期ニキビによく効くのでは?と期待できる市販薬ですね。
毛穴の奥からニキビの原因であるアクネ菌を殺菌し、ニキビ予防をしてくれると公式サイトに掲載されています。思春期ニキビで気になる脂質ですが、こちらはオイルフリーで肌に脂分を残しません。
ビタミンB6やビタミンE誘導体が配合されていて肌荒れも防いでくれるので、思春期ニキビが気になったときに試してみてはいかがでしょうか?

ニキビの市販薬はコレが最強!?

ニキビの市販薬でコレが最強!?

大人になって買う、ニキビの市販薬で最強のものは何があるでしょうか?ニキビの市販薬はたくさん売られていて、どの商品を買ったらいいか迷いますよね。
それぞれ最強な強みを持っているので、それぞれ紹介していきます。

ニキビの市販薬でメイクしても目立たないから最強!

ニキビの市販薬はコレが最強!?ニキビの市販薬はコレが最強!?-2
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

大人のニキビに向けて作られた市販薬で、肌に塗ると透明になるのが「メンソレータムアクネス25 メディカルクリーム」です。塗ったあとにメイクをしてもOKというところが最強のおすすめポイントで、何度も繰り返してしまう大人のニキビにぴったりの薬です。
大人のニキビの原因ともなる乾燥を防いでくれ、潤いを与えてくれる市販薬です。

ニキビの市販薬でコスパが最強!「アポスティークリーム」

ニキビの市販薬はコレが最強!?-3ニキビの市販薬はコレが最強!?-4
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

肌に優しい弱酸性で無香料、無着色のニキビ対策の市販薬「アポスティークリーム」は安いけれど、きちんとニキビ治療薬としての成分が配合されているところがおすすめです。他の市販薬のようにアクネ菌によるコメドの生成を防ぐイブプロフェンピコノールが入っていて、大人のニキビに使うのにもコスパが最強の薬です。6gで500円、15gで1000円になります。(どちらも税抜き、2019年9月現在に公式サイトにて確認)
柔らかくて伸びも良く、使いやすい市販薬で価格も安いので手軽に買えて便利です。

ニキビの市販薬で知名度が最強!

ニキビの市販薬はコレが最強!?-5ニキビの市販薬はコレが最強!?-6
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

昔からニキビの治療薬で知られている「クレアラシル」は知名度が最強で、使用している人も多い市販薬です。
ニキビ治療薬クリームにはビタミンEが含まれていて過酸化脂質が増えるのを抑えてくれます。肌色タイプと白色タイプがあるので、自分に合った薬を選ぶことができます。

ニキビの市販薬でノンステロイド・アルコールフリー!

ニキビの市販薬はコレが最強!?-7ニキビの市販薬はコレが最強!?-8
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

パッケージにも大人のニキビに、と書いてあるように、大人のニキビ用に作られた市販薬です。
ステロイド剤やアルコールが入っていません。弱酸性で作られている市販薬で、大人のニキビを治療したいというときにおすすめの薬です。

ニキビの市販薬で人気が最強!

ニキビの市販薬はコレが最強!?-9ニキビの市販薬はコレが最強!?-10
↑画像をクリックするとAmazonサイトに飛びます↑

先ほども紹介した、ニキビの市販薬で人気が高い「ペアアクネクリームW」は透明になるので上からメイクもできて外出の時でも気にせず使える市販薬です。赤ニキビもしずめるニキビ治療薬として謳っています。
すっきりとしたパッケージで薬という感じがしないので持ち歩けるのもいいですね。

まとめ

大人のニキビも思春期ニキビも、一刻も早く治してきれいな肌にしたいですよね。
ニキビの薬は様々なものがあります。どの市販薬がいいか迷ったときは自分が大人特有のニキビなのか、思春期ニキビなのか、更に自分の肌と相談しつつ、公式サイトの内容や口コミランキングなどを参考にするのもいいでしょう。
市販の塗り薬や飲み薬を使って自力で治そうとしてもなかなか治らなかったり、何度も繰り返す場合は病院に行ってみてもらいましょう。悪化させないためにも早めの対応が大切ですよ。