赤ちゃんの保湿やり方や保湿剤の種類!おすすめ保湿クリーム・ワセリン紹介

赤ちゃんの保湿やり方や保湿剤の種類!おすすめ保湿クリーム・ワセリン紹介

赤ちゃんのお肌に保湿は必要ないのでは!?と思う方は多いのではないでしょうか。今回は赤ちゃんに保湿が必要な理由や、お風呂上がりいつまでに保湿したほうがいいのか、赤ちゃんの保湿のやり方をご紹介します。また、赤ちゃんの肌に合った保湿剤の種類の選び方や口コミで人気のおすすめ赤ちゃん用保湿クリーム&ワセリンについてもまとめてみました。

赤ちゃんに保湿は必要ない!?保湿する意味は?

見た目はハリがあって潤っているように見える赤ちゃんのお肌に保湿は必要ないのではと思う方もいると思います。しかし、赤ちゃんに保湿が必要ないということはありません。では、なぜ赤ちゃんのお肌に保湿が必要なのか理由をまとめてみました。

赤ちゃんに保湿が必要な理由①皮脂の分泌量が少ない

赤ちゃんのお肌は大人と比べて皮脂の分泌量が三分の一と言われています。赤ちゃんのお肌の見た目は潤っているように見えるのですが、実はとても乾燥しています。赤ちゃん用の低刺激な保湿剤をこまめに塗って保湿してあげることによって皮膚トラブルを未然に防ぐことが出来ます。基本的には赤ちゃんの保湿はお風呂後の一回で充分ですが、季節や体質によって乾燥が見られる場合は、一日に2~3回の保湿が必要になります。

赤ちゃんに保湿が必要な理由②お肌がとてもデリケート

赤ちゃんのお肌に保湿が必要な理由は、赤ちゃんの皮膚の薄さは大人の約半分と言われていて、とてもデリケートだからです。赤ちゃんの衣服を洗う洗剤や衣類にも気を使う方もいるほどです。特に産まれて二ヶ月~四ヶ月くらいの赤ちゃんは皮脂のバリア機能が低下する時期であるため、湿疹などの皮膚トラブルも起こしやすいと言われています。

赤ちゃんに保湿が必要な理由③皮膚トラブルを起こしやすい

赤ちゃんの皮膚の薄さや皮脂の分泌量が明らかに大人より少ないので、保湿が必要ないとは決して言えません。赤ちゃんのお肌の保湿を怠ると幼児湿疹やアトピーなどの皮膚トラブルを非常に起こしやすいと言われています。保湿を徹底することで、アトピーの発症リスクを3割以上抑えられたデータもあると言われています。またその日の体調や成長段階によってもお肌は変化しやすいので赤ちゃんのお肌の具合を見て保湿する必要があります。

 

お風呂上りの赤ちゃんの保湿はいつまでにしないとダメ?

お風呂上りの赤ちゃんの保湿はいつまでにしないといけないのでしょうか。大人でもお風呂上がりは5~10分以内になるべくすぐ保湿するべきと言われていますよね。赤ちゃんのお肌もお風呂上がりにいつまでも保湿しないと、乾燥して皮膚トラブルの原因になることがあります。お風呂上りの赤ちゃんのお肌は洗剤やお湯によってお肌の皮脂成分が失われてしまうので身体がまだ湿っている時に保湿を行う必要があります。では、赤ちゃんのお肌にはいつまでに保湿をするかと言うと、お風呂上りの5分以内になります。お風呂上りの赤ちゃんはそのままにしておくと、どんどん乾燥が進んでしまいます。またお風呂上がりの赤ちゃんをいつまでも裸のままで放置しておくと、お肌の保湿以前に風邪をひいてしまう可能性も出てきます。お風呂上がりの赤ちゃんの保湿は出たらすぐ、5分以内のなるべく早い段階でするようにしましょう。

 

赤ちゃんの保湿のやり方と塗り方

赤ちゃんのお肌に保湿をする場合の保湿のやり方や塗り方を説明します。赤ちゃんのお肌に保湿をする時はゆっくりと手を動かし、たっぷりの保湿剤を優しく塗るようにしていきます。

  1. まず、お風呂上がりすぐに赤ちゃんのお肌を保湿できるように、保湿剤とタオルを用意しておきます。
  2. 赤ちゃんに保湿をする前にはママも手を清潔にして下さい。
  3. お風呂上りにしっかりと身体の水分を拭き取ります。(特にわきの下や付け根など水分が残りやすく汗疹の原因になることもあるので優しくしっかり拭き取ります)
  4. 保湿剤を手に取ってすぐに塗ると赤ちゃんもびっくりしてしまいますので、手の平を擦り合わせて保湿剤を温めてから塗るようにしましょう。
  5. ただ黙って塗るのではなく、赤ちゃんにも「お肌きれいにしようね~」「今からヌリヌリするねー」など声掛けをしてあげると尚良いです。

 

赤ちゃんの保湿剤の種類

赤ちゃんの保湿剤にはローション・クリーム・オイル・ワセリンなどがあります。赤ちゃんのお肌に塗るとしたらどれを選んだら良いのでしょうか。赤ちゃんのお肌のタイプや季節・ママの塗りやすさなどで選ぶようにしましょう。

  • ローション・・・化粧水や乳液タイプのものがあります。サラっとしているので身体全体に塗りやすいのが特徴です。ただローションタイプのものだけだと保湿力が欠けるのでクリームも重ねると良いでしょう。
  • クリーム・・・保湿力が高いので、乾燥しやすい赤ちゃんにおすすめです。ローションと一緒に塗るとより保湿効果が期待できます。
  • オイル・・・ママの手の平で擦り合わせるとすぐに温まります。お肌に膜を張って保護して保湿していきます。植物性のものは酸化して肌トラブルの原因になるので、取り扱いには注意が必要です。
  • ワセリン・・・万能な保湿剤です。病院などでも処方してもらえます。肌の弱い赤ちゃんにも安心して使えるので常備しておくと良いでしょう。赤ちゃんのお肌を保護してくれます。

 

口コミで人気の赤ちゃん用におすすめの保湿クリームは?

赤ちゃんのお肌に保湿が必要なことはわかったけど、どんな保湿クリームを使ったら良いのでしょうか。やはり、実際に子育て中のママが赤ちゃんのお肌に使っている保湿クリームの口コミは気になりますよね。ママの口コミを参考に赤ちゃんにおすすめの保湿クリームをご紹介していきます。

口コミで人気の赤ちゃん保湿クリーム|ママ&キッズ「ベビーミルキークリーム」

ママ&キッズの「ベビーミルキークリーム」は、皮膚科専門医と小児科医の協力で赤ちゃんのお肌への優しさを考えて作られた保湿クリームです。目や手に入っても心配ない安心の品質で作られています。赤ちゃんのお肌に負担となるものを徹底的に排除し、低刺激な保湿クリームとなっています。赤ちゃんを守るママの胎内環境をお手本に作られた保湿成分が配合されているのも魅力です。ママの口コミ評価も高く、赤ちゃんのもおすすめの保湿クリームです。

口コミで人気の赤ちゃん保湿クリーム|パックスベビー「ボディークリーム」

石油由来の合成化学物質を一切使わずに、天然由来の保湿クリームなので赤ちゃんのデリケートなお肌にも安心して使えると評判です。赤ちゃんのお肌を乾燥から守って潤いを保ちます。伸びがよく、べとつかないのでママも赤ちゃんのお肌全体にも塗りやすい保湿クリームとなっています。実際に愛用しているママの口コミからも赤ちゃんにおすすめなのがわかります。

 

口コミで人気のおすすめ赤ちゃん用保湿ワセリン

オムツかぶれ・汗疹など肌トラブルの起きやすいデリケートな赤ちゃんのお肌にも保湿剤としておすすめなのがワセリンです。赤ちゃん用のワセリンを常備しているママも多いのではないでしょうか。では、ママの口コミで人気の赤ちゃん用ワセリンをご紹介します。

口コミで人気の赤ちゃん用保湿ワセリン|健栄製薬「ベビーワセリン」

不純物が少なく、防腐剤パラベンを使用していないので産まれたばかりの赤ちゃんにも安心して使えます。他社のワセリンがお肌に合わなかった方にも試して頂きたいワセリンです。乾燥や湿疹などから保護して水分を保ってくえるワセリンとなっています。

口コミで人気の赤ちゃん用保湿ワセリン|ピジョンワセリン

あらゆるワセリンの中でも伸びが良くてサラっとした仕上がりが特徴です。無香料・無着色・パラベンフリーなのも安心ですよね。ワセリンによっては硬く伸びがあまり良くないものもあるので、身体全体にまんべんなく伸ばしやすいビジョンワセリンはおすすめです。

赤ちゃんのお肌に合った保湿剤に迷ったら・・・病院で処方してもらおう!

赤ちゃんに保湿剤が必要なのはわかったけど、うちの赤ちゃんにはどの保湿剤が合うのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。赤ちゃんの保湿剤に迷ったら、病院で保湿剤を処方してもらうのが良いでしょう。病院では赤ちゃんのお肌の状態を診た上で、赤ちゃんに合った保湿剤を処方してくれます。また、赤ちゃんの肌トラブルも早い段階で気付くことができれば、悪化を防ぐこともできます。病院でも赤ちゃんのお肌についてはやはり小児科よりも皮膚科の専門医に診てもらうようにして下さい。皮膚科専門の病院でおすすめの保湿剤や使い方も教えてくれるので、ぜひ気軽に相談してみて下さいね。

赤ちゃん用保湿剤としてヒルロイドは使っていい?

赤ちゃんの保湿剤として病院で処方される「ヒルロイド」があります。ヒルロイドには軟膏・クリーム・ローション・スプレー・ゲルタイプなど種類も豊富です。ヒルロイドはアトピーによる乾燥・ケロイドの予防などに使われる保湿剤になります。

 

赤ちゃんがアトピーの場合でも保湿するのがおすすめ!

赤ちゃんのお肌がアトピー性皮膚炎だった場合のおすすめの保湿についても気になりますよね。アトピーは強いかゆみと発疹が繰り返されるので、保湿を怠ると全身に広がってしまう可能性があります。また、アトピー体質の赤ちゃんは皮膚が特にデリケートなので使う保湿剤によって悪化させてしまう可能性もあるので保湿剤選びにも気をつけなくてはいけません。特にアトピー体質の赤ちゃんは常に皮膚が乾燥しやすい状態なので、保湿を徹底する必要があります。アトピーの症状が軽い時であっても保湿剤を使って必ず保湿を行うのがおすすめです。

おすすめの保湿剤|勇心酒造株式会社「アトピスマイル」

アトピーの赤ちゃんは肌に合った保湿剤を使うことがおすすめです。敏感肌の赤ちゃんの保湿剤として口コミ評価が高いのが「アトピスマイル」です。お肌のバリア機能が低下していくと、肌の内側の水分が逃げてしまい肌の中にアレルゲンが侵入しやすくなってしまいます。アレルゲンが侵入することで、お肌が炎症を起こしかゆみや赤みを引き起こしてしまうのです。アトピスマイルは肌のバリア機能を整え、内側から潤いを保つ力を助けてくれる保湿剤です。実際に使ってみたママから「アトピーだった娘に使ってみたら徐々にステロイドの量を減らせるようになりました」「皮膚がなめらかになり、家族みんなで愛用しています」などの口コミも多数ありました。アトピー体質の赤ちゃんには保湿剤を慎重に選ぶのがおすすめです。口コミを見て赤ちゃんの体質に合った保湿剤を選んでくださいね。

 

赤ちゃんの保湿剤の選び方や注意点

デリケートな赤ちゃんのお肌に保湿をする場合に選ぶ基準があります。まず、低刺激で不純物が極力含まれていないものを選びましょう。また、赤ちゃんに保湿剤を塗布する前に一度ママが使ってみて感触を試してみても良いと思います。赤ちゃんのお肌の一部に少量塗布して炎症や赤みが出ないかどうかも試すようにしましょう。新しく購入した保湿剤を試すことなく全身に塗布してしまうと、お肌との相性が合わなかった場合に全身に炎症や赤みが出てしまう可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

キメが細かく潤いがあるように見える赤ちゃんのお肌が実はとてもデリケートで乾燥肌であることがお分かり頂けたと思います。お肌のトラブルを防ぐためにも保湿がとても重要なことに気付かされます。デリケートな赤ちゃんのお肌に合った保湿剤を選び、保湿を徹底していきましょう。赤ちゃんのお肌の保湿はママとのスキンシップの一つでもあります。大切な赤ちゃんのお肌を守るためにもスキンシップしながら保湿をしっかりしてあげて下さいね。

関連記事ランキング