処女でセックス…初めては痛い?処女でも彼氏を興奮させる方法は?

処女でセックス…初めては痛い?処女でも彼氏を興奮させる方法は?

処女だからこそセックスの悩みを抱えていませんか?「初めてのセックスは痛いって聞いた」「セックスの前に準備しておくことは?」「処女だからセックスしても彼氏を喜ばせることができないかも…」など、処女ならではのセックスの不安がありますよね。そこで今回は、処女が初セックスの前に知っておくべきことなどをまとめてみました。

処女がセックス前に知っておきたいこと

処女がセックス前に知っておきたいこと

処女だと、初めてのセックスの前は、何もかも分からない状態で不安になりますよね。初めてセックスを処女でする前に知っておきたいことをご紹介します。

処女でセックスは痛い?

初めてのセックスでは、痛いと感じる女性がほとんどです。映画で観るような幸せな感じで初めてのセックスを終える人はほとんどいないでしょう。実際は、「痛くて痛くてどうしようもなかった」という方がほとんどです。ですが、「処女で初めてのセックスだったけど痛いとは感じなかった」という女性もいます。

処女膜が破れるから初セックスは痛い?

初セックスで痛みを感じる理由としてよく知られているのは処女膜の存在ですね。初めてのセックスのときに処女膜が破れてしまう場合、痛みと出血を伴います。しかし、処女でもこの処女膜が破れている女性もいます。激しい運動などで処女膜が破れてしまうことがあるため、セックス中に痛みを感じないケースもあります。処女膜には個人差があるので、処女でセックスして痛い人、痛くない人がいます。必ずしも処女がセックスで痛みを感じるわけではないので、「痛くなかったんだけど、自分はおかしいの?」と思わず、安心してくださいね。

処女膜以外のセックス中の痛みの原因

初めてのセックスで処女が痛い原因として、処女膜以外に考えられるのは、膣が十分に濡れていないことです。セックスで緊張していたり、不安な状態だと濡れにくくなって、ドライな状態で男性のモノを挿入すると痛みを感じることがあります。また、コンドームの素材にアレルギーがある方もアレルギー反応で痛みを感じることがあります。

処女のセックスの悩み

処女のセックスの悩み

処女で初めてのセックスをする場合、思っていた通りに上手くいかないことや、処女であるからこそ不安に感じることもありますよね。処女が感じるセックスの悩みをみていきましょう。

セックス中、彼氏のモノが入らない

処女だとセックス中、彼氏の挿入を受け入れられないかもしれません。先ほどもお話ししたように、初セックスで彼氏のモノが簡単に上手に入るなんてことはほとんどありません。彼氏のモノが入るようになるまでに、初めてセックスにチャレンジした日から、何回も何回もセックスして、何十日後にやっと彼氏のモノがすべて入るようになったという方もいます。最初は、ローションを使ってチャレンジしてみたり、前戯の時間を十分にとって、緊張をほぐしてリラックスすることで入りやすくすることが大切ですね。

高齢処女のセックスについての悩み

30歳を超えて処女の女性のことを高齢処女と呼ぶそうです。高齢処女の方に多い悩みは、「セックスをしたことがない」ということ自体がコンプレックスであることです。「30歳を超えて処女なんてはずかしくて言えない」、「高齢処女なんて重い女と思われそう」という悩みを持つ方が多いです。しかし、高齢処女であることは引け目に感じず、普通に恋愛を楽しむことが1番大切です。好きな男性ができて、初めてのセックスをする前に実は処女であることを伝えれば、「初めてのセックスで僕を選んでくれたんだ」とポジティブに捉えてくれるはずです。高齢処女でもまずは普通の恋愛を楽しむことが大切です。

処女がセックスするときの注意点

処女がセックスするときの注意点

処女がセックス前に知っておいた方がいい注意点をご紹介します。初めてのセックスで不安がある処女の方は、チェックしてみてくださいね。

セックスの注意点①避妊

処女でも、避妊はしっかり行いましょう。コンドームは基本的に男性が準備してくれますが、男性が持っていない場合は、買いに行ってでも避妊するようにしてくださいね。まれに「処女だからセックスしても子供はできない」「初セックスで妊娠するはずがない」と考えている男性もいますが、処女でも妊娠の可能性はあります。まだ子供を望んでいない、結婚を考えていないなど、二人のタイミングに合っていないのなら、処女でも最初から避妊が必要です。

セックスの注意点②ムダ毛の処理

処女がセックスする前に、意外と忘れがちなのがムダ毛の処理です。デリケートゾーンや腕や脚はきちんと処理をしているかもしれません。ですが、脇の下やそのほかの気になるムダ毛は忘れがち。初めてのセックスに集中できない!とならないように、ムダ毛の処理はきちんと行いましょう。処女でセックスする際は、緊張しがちなので小さな気になる点を取り除くのが大事です。気になる男性とのデートのときは、いつセックスしても大丈夫なように、ムダ毛の処理はしっかりしておきましょうね。

セックスの注意点③下着

処女でまだセックスしたことがない…という場合、下着も適当なものを着ている人が多いかもしれませんね。女性がボロボロの下着を着けていたら、さすがに男性は引いてしまいます。せめて、着古した下着を着ていかないように注意しましょう。処女でセックスが初めてだと下着も揃えてないかもしれませんので、彼氏ができた機会に上下揃った可愛い下着を買うのもいいですね。勇気を出して彼氏に好みを聞いてみると、セックスまでの期待感も高まって、処女でもムード作りができますよ。

セックスの注意点④ムード

処女に多いのが、何もわからないから委縮してしまうことです。セックスを初めてする女性の中には「体を見せるのを恥ずかしがりすぎる」というタイプがいます。男性は女性があまりにも体を見せてくれないとがっかりしてしまうので、ムードも考えてセックス中は恥ずかしがり過ぎないようにしてみましょう。もし、恥ずかしいからあまり体を見られたくないというときは、「恥ずかしいから電気を消してほしい」と頼んでみましょう。そのあとは隠しすぎないように、注意してくださいね。

処女でもセックスで彼氏を興奮させる方法

処女でもセックスで彼氏を興奮させる方法

処女でもセックスで彼氏を喜ばせることができるのだろうか…と不安になりますよね。初めてのセックスでは分からないことだらけで、受け身になりがちです。しかし、処女でも彼氏を興奮させる方法がありますよ!

処女のセックステクニック①恥じらい

先ほど処女がセックスするときの注意点で「恥ずかしすぎる」ことはダメだとお伝えしましたが、恥じらいが全くないのもダメです。恥じらいは処女の特権でもあるので、可愛らしく恥じらいを見せて彼氏をきゅんとさせましょう。

処女のセックステクニック②控えめな声

彼氏の愛撫などが気持ち良いと感じた時は、控えめに可愛いあえぎ声を出しましょう。思わず出てしまったというような声が男性をさらに興奮させます。彼女が処女だと知っている彼氏は、自分の手で初めて気持ちよくさせているんだと喜んでくれるでしょう。

処女のセックステクニック③気持ちで伝える

男性は処女の彼女から「初めてのセックスが○○くんとで良かった」などの気持ちを聞くと、愛おしく感じてしまいます。彼氏を喜ばせたいときは、気持ちを言葉で伝えてみましょう。

まとめ

処女のとき、セックスをするまでには不安なことがたくさんあると思います。でも、分からないことだらけなのは仕方ないです!最低限、今回ご紹介した「処女が初めてセックスするときの注意点」を守って、さらに余裕があれば「彼氏を興奮させる方法」も試してみてください。