怪しいお告げ(3)【芦屋道顕】廃棄された稲荷の怒り?男を操った悪しき囁きとは【霊的護身術】

怪しいお告げ(3)【芦屋道顕】廃棄された稲荷の怒り?男を操った悪しき囁きとは【霊的護身術】

怪しいお告げ(3)廃棄された稲荷の怒り?男を操った悪しき囁きとは

これは(2)の庭内神し(ていないしんし)として代々祀っていた稲荷宮を、返納もせずただ廃棄してしまった男の悲惨な末路の話の続きじゃ。

(1)(2)はこちらから↓
芦屋道顕の霊的な過去記事一覧

※こちらの記事はオカルト・スピリチュアルに興味がある方向けの娯楽を目的としておりますこと予めご了承ください。

**. **. **. **. **. **. **.

■男を不幸へ導いた得体の知れない誰かの声

男は元々、酒もタバコもギャンブルもやらず、愛人はいたが仕事熱心で性格は頑固でワンマンではあるが、決して精神的な何かを疑うような言動も行動もすることはなかった。それが、台風後に御神体を廃棄した数日後から、おかしな言動や態度が増えたという。

ある従業員は、男から急に解雇を言い渡された。その経緯がかなり異常だという。

台風があってから、住み込みの従業員のための宿舎が浸水で使えなくなり、従業員は皆、会社からだいぶ離れたところにあるアパートに住んでいた。車で飛ばしても会社まで30分かかる距離だったそうだ。そしてその日は休日で、従業員は1人も会社にはいなかった。

しかし、その日の夕刻に社長である男から従業員に電話がかかってきた。「俺の家の周りをうろつくな!大声を出すな!」というものであったという。従業員は驚いて、今日はまったく会社にも社長の屋敷にも近付いていない。社長がその声を聞いたという時刻には、パチンコ屋にいた。景品交換もしていて、その証拠もある……。そう伝えると社長は電話を切ったが、後日ほかの従業員も皆、同じように社長から怒鳴られたという。結局、誰もその日は会社には近寄っていなかったので男が聞いた声の犯人は分からなかった。

関連記事ランキング