占い好きのための言い訳占い(1)【辛口オネエ】7月に入って調子もやる気も出ない人へ

占い好きのための言い訳占い(1)【辛口オネエ】7月に入って調子もやる気も出ない人へ

いつもの世の中についてや12星座占いと別で、これは7月に入ってから

・どうにもこうにもやる気が出ない
・やる気出してみたものの心身ともに調子が悪いか仕事や対人面がツイてない

で、

もう嫌ぁ〜!
ずっと寝てたい。。。

寝てたい

みたいな人が「それでいいのね☆」って開き直るための【言い訳】占いね。

■運気を言い訳にしていいわけとは?

「占いや運を努力をしないこと、失敗したことの言い訳にするな」とか、占いや運に頼らず自力でなんとかしろって言う人も世の中には多いわよね。でも、頑丈で沈む心配ない船に乗って目的地に向けて順調に航海できてる時は誰だってそう言えるのよ。まあ、それでいいんだけどね。

ただ、占いを必要としてる人の中に、最初から最後まで何も努力せず他力本願で運任せ、海にテキトーに飛び込んで「目的地に着く風と波がやってきますように」と祈るだけで沈んで死ぬなんて人、めっっったにいないのはむしろ長年占い師していろんな人を観てきたからこそ、言いたいのよね。

そりゃ人間は70億人もいるから、占い好きな人達の1割くらいは本当に何もせずただ棚ぼた的な幸運待ってる人もいるだろうけど、あとの9割は「人事を尽くして天命を待つ」の天命を待つ間、「天命はどうなってますか?」「私は人事を尽くしたでしょうか?」って天に問いかけて、なおかつその答えも自力で手に入れるために、占星術とか勉強したりしてるのよね。真面目で健気な努力家さんばっかり。

難破船から落っこちて浮かんでるだけでやっとの状態で救助船待ってる人、そこまでじゃなくても無風の日に船が動かなくて困ってる人、嵐の日に方向見失った船で途方に暮れてる人にとって、占いは孤独と不安でおかしくならないためには有効だと思うのよね。

関連記事ランキング