2038年大預言(4)【辛口オネエ】ドリーマーを笑うな。人間全員『職業:ドリーマー』時代の到来

2038年大預言(4)【辛口オネエ】ドリーマーを笑うな。人間全員『職業:ドリーマー』時代の到来

2038年大預言(4)ドリーマーを笑うな。人間全員『職業:ドリーマー』時代の到来

★2038年大預言シリーズ

(1)2038年問題って?星回りも観てみたけど
(2)2024年11月『冥王星水瓶座時代』本格スタートまでの世の中
(3)2024年11月-2044年『冥王星水瓶座時代』はロスジェネの逆襲本格化
(4)ドリーマーを笑うな。人間全員『職業:ドリーマー』時代の到来

↓こちらから
辛口オネエの預言バックナンバー

**. **. **. **. **. **. **.

今回のタイトルにさせてもらった

ドリーマーを笑うな。人間全員『職業:ドリーマー』

の時代は、何年の何月から何年の何月まで、とか期間限定じゃなくて「今後、ずーっと」ね。

とはいえ、一応は大天体の運行に合わせて段階的に世の中は変化していくから、その時期について。

■現在-2020年12月までは「ドリーマー苦戦期」

実を言うと、2012年2月に海王星が魚座入りして以来、本当はもうずっと「ドリーマーの時代」なのね。

振り返ると確かに日本では3.11以降に価値観が変化して生き方を変える人が増えたわよね。起業ブームもあったし、フリーランスのための仕事マッチングも増えたし『会社勤め』以外での稼ぎ方で『好きなことで生きていく』が流行って。

ここ数年はアフィリエイターとかブロガーとかインフルエンサーとかユーチューバーとかが増えて、一時期はかなり稼いでる人も多かったし、有名になってテレビに出てる芸能人と変わらないくらいになった人も結構いたし。

とはいえ、会社に勤めるような「普通の働き方」をやめた人達の全員がずっと同じように人気を保って稼いで『好きなことで生きて』生き残ってるわけじゃないけど。

関連記事ランキング