【辛口オネエ】オカルトな日常(2)家族が夢で「私の未来の夫」と会っていた【意外にあるある】

【辛口オネエ】オカルトな日常(2)家族が夢で「私の未来の夫」と会っていた【意外にあるある】

オカルトな日常(2)家族が夢で「私の未来の夫」と会っていた

(1)の確認はこちらから↓
辛口オネエのオカルト話バックナンバー

オカルト、と言っても今回は夢のある夢の話。

「予知夢」「正夢」呼び方はなんでもいいけど、後に現実になる出来事を夢で見ることって、ごくたまにだけどあるわよね。

正夢

で、意外にも「自分の未来に起きること」を夢で見ることはないのに「自分と関わりのある他人の未来に起きること」は、実は結構見てたりするのよね。

「なんで自分の未来の夢すら見れないのに、他人の未来の夢なんか見るの?」って理不尽に思ってたんだけど、その理由というかメカニズムが最近ようやく、いくつも似たような例が集まったおかげで納得できたのよ。

■他人についての予知夢を見る理由は「そのほうが正しく伝わりやすい」から

西洋占星術の占い師ではあんまり聞かないけど、タロットとか霊感系の占い師はよく「自分の未来は占えない。願望や不安が入って正しく読めないから」っていうけど「予知夢」も同じことみたいね。

Aさんが受け取ることになるスピリチュアルなメッセージがあるとして、Aさんに直接それが夢で降りてきたとしても正しく解釈できる可能性は低いのね。

だったら、Aさんが信用してるBさんがそのメッセージを受け取って、Aさんに伝えるほうが効率がいいわけよ。

関連記事

【辛口オネエ】自分は生贄の系譜?チェック項目10選【真実の扉】

【辛口オネエ】神社仏閣の超オカルト的真実【真実の扉】

【辛口オネエ】日常編【取り返す】養分体質の人が今後は運を吸われな...

【辛口オネエ】神仏の加護がない(2)「生贄の刻印」を持つ魂の系譜...

【辛口オネエ】世界線の話(5)引き寄せの法則の効果がない人に役立...

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

※辛口オネエおよび開運占い軍団/事務所は各種思想団体や勢力、宗教等とは一切無縁ですのでご安心ください☆☆☆占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】