2038年大預言(1)【辛口オネエ】すでに問題じゃないけど一応2038年問題について占い的な面も【オカルト】

2038年大預言(1)【辛口オネエ】すでに問題じゃないけど一応2038年問題について占い的な面も【オカルト】

2038年大預言(1)一応2038年問題について

タイトルの西暦はアタシの預言じゃなくて懐かしの2000年問題的なやつ。実はすでに問題じゃないらしいけど預言するには近過ぎず遠過ぎずちょうどいい時期だったから2038年にしといたわ。で、まずはその話。

★2038年大預言シリーズ

(1)2038年問題って?星回りも観てみたけど
(2)ドリーマーを笑うな。人間全員『職業:ドリーマー』時代の到来
(3)未定

2038年問題って知ってる?

2038年1月19日3時14分(UTC:協定世界時)を過ぎると、コンピュータが誤作動する可能性があるんですって。でも、ぶっちゃけ2038年までには対策も取れるらしくて2000年問題のときより深刻と言われてたけど、2019年現在でもう対応が余裕らしくて、すでに問題じゃないそうね。

でも、都市伝説的な話題になったのは、Siriに「人類滅亡はいつ?」って話しかけると「32ビットのUNIX時間がオーバーフローする」って答えるからで、2019年6月の時点でも確かにそう答えたわ。

スタッフが頑張って何十回か話しかけたらようやく出たやつ↓

siri予言

だから、コンピューターの誤作動は防げるとしても、もしかして星回りがきな臭いのかしら?って思って、問題の日時のトランジットを観てみたのね。ちなみに日本標準時 (JST) はUTC協定世界時より9時間早いから、2038年1月19日12時14分。秒まできちんとすると7秒。

関連記事ランキング