シナモンはダイエット効果がある?シナモンを使った簡単ダイエットレシピと注意点

シナモンはダイエット効果がある?シナモンを使った簡単ダイエットレシピと注意点

シナモンはダイエットに効果が期待できる香辛料だと言われています。今回の記事ではシナモンとはどんな香辛料なのか紹介し、どんなダイエット効果が期待できるのか、1日に摂取するのに推奨される量をお伝えします。ダイエット時の注意点も最後に紹介しているので、シナモンダイエットを考えている人は参考にしてみてください。

シナモンは香辛料の一種

シナモンはスパイスと呼ばれる香辛料の一種です。和名では肉桂という名前で呼ばれています。ニッキという名前で聞いたことがある人も多いかもしれません。
原産国はスリランカや中国、ベトナムなどアジア一帯です。カレーなどの煮込み料理のほか、シナモンロールやリンゴ焼きといったお菓子にも幅広く使われています。
独特のスパイシーな香りがするため、紅茶やコーヒーの風味付けとしてもよく用いられるスパイスです。

シナモンはダイエット効果が実感できる?

シナモンには香りづけのほか、ダイエット効果も期待できると言われています。ではシナモンには主にどのような効能があるのでしょうか。ここではシナモンの主な効能や、ダイエット効果の口コミなどについて紹介していきます。

シナモンの主なダイエット効能は?

シナモンの主な効能は脂肪細胞の縮小効果、毛細血管の老化防止効果、利尿作用によるむくみの防止効果などが期待できます。
脂肪細胞は中に油を溜め込み、大きく膨らみます。これを縮小する効果が見込めるのは嬉しいですね。また、女性はむくみやすい体で、太っているようにみえるのもむくみのせいであるときがあります。むくみが解消されることで、顔や体がスッキリと見えるようになれば、ダイエットできたと言えるかもしれません。
そのほか香りをかぐことでリラックスやリフレッシュできる効果も期待できるので、集中したいときに摂取すると勉強や仕事がはかどることも期待できます。
ただし妊娠中や、血圧や糖尿病の薬を摂取している場合など、健康に対する影響に不安がある場合は医師に相談のうえ利用してください。

シナモンのダイエット効果を実感した口コミ

シナモンを使ってダイエットする人の中では、次のような口コミがあります。
「シナモンを毎日摂取してから体重が減った」(20代女性)「シナモンを料理に使うようになって冷え性が軽くなった」(30代女性)など、シナモンを日常の食事に取り入れることで、ダイエット効果や健康効果を実感している人がいます。毛細血管の老化を防止する効果が期待できるシナモンをダイエットに取り込むことで、痩せる実感以外にも体の変化を実感する口コミも中にはありました。

ダイエットに効果的なシナモンを使ったおすすめレシピ

シナモンを使ったレシピはさまざまですが、ここでは簡単にシナモンを利用できるダイエットに効果的なレシピを紹介していきます。適度な量でシナモンを摂取して、無理せずダイエットしていきましょう。香辛料であるシナモンは様々なレシピに利用できるので、飽きずにダイエットを続けられるでしょう。

レシピその1:シナモンアップルティー

シナモンアップルティーはシナモンとりんごを使った簡単なお茶です。シナモンスティックと薄切りにしたリンゴをポットに入れてお湯を注ぎ、数分つけておきます。
程よいところでティーカップなどに注いで完成です。好みで、はちみつなどを加えると、より美味しくいただけます。シナモンのダイエット効果以外にも、ホットドリンクで飲むことで冷え性にも効果が期待できます。

レシピその2:ホットワイン

ホットワインもシナモンを使って手軽に作れる飲み物です。ホットワインに使うワインはハウスワインなどそれほど高級なものでなくても大丈夫です。
ホットワインを適量小さな鍋に入れて、クローブやシナモン、八角などのスパイスとレモンの薄切り、はちみつを適量入れて温めます。数分煮だしたらホットワインの完成です。
お休み前に飲むと体がポカポカと温まるので、ダイエット効果のほか安眠効果も期待できます。

レシピその3:カレーライス

シナモンはカレーライスなどの煮込み料理におすすめの香辛料です。ルーを入れる前のカレーにシナモンを加えることで、風味豊かなカレーに仕上げることができます。
煮込み料理に使う場合は、シナモンスティックを半分に折ってから鍋に入れると香りが出やすくなります。ダイエット効果を期待できるだけでなく、美味しくカレーを食べることもできますよ。

シナモンの効能は白髪にも効く?

ここまではシナモンのダイエット効果について紹介していきましたが、他に白髪にも効果があると言われています。本当にシナモンの効能は白髪にも効くのか、調べてみました。
シナモンは毛細血管の老化を防止したり血流を良くする働きが期待できる香辛料です。頭皮の毛細血管に作用することで、ダイエット効果だけでなく白髪の進行を遅らせる効果も期待できるかもしれません。
実際に「シナモンを飲んでいたら、白髪が減った」という口コミもあります。
ただし白髪は様々な要因で起こるので、必ずしも白髪に効果が認められるわけではありませんので注意しましょう。

シナモンの過剰摂取は肝臓の負担に

シナモンは様々な効能が期待できるスパイスですが、過剰摂取すると肝臓に負担をかける可能性があります。1日に推奨される量を守って、肝臓に負担をかけずに摂取していくのがおすすめです。ダイエット効果を求めるあまり、取り過ぎないように気をつけましょう。

1日の摂取量は約1gまで

シナモンにはクマリンという成分が含まれており、クマリンを多量に摂取するとダイエットどころか肝臓に負担をかけ障害を引き起こす可能性があると言われています。
クマリンの含有量はシナモンの産出国によっても異なるため一概には言えませんが、一般的に流通しているシナモンの原材料はセイロンかカシアが多いです。クマリンが多く含まれるカシアを使ったシナモンで考えると、肝臓を守るためにも1日あたり1g程度の摂取量にしておくのが無難です。

シナモンはセイロンシナモンがおすすめ

クマリンは人によっては肝臓障害を引き起こす可能性があると紹介しました。では、クマリンが少ないシナモンはあるのでしょうか?
シナモンの産出国によってクマリンの含有量は異なります。クマリンの含有量が少ないのが、スリランカが主な産出国のセイロンシナモンです。
セイロンシナモンのほかは中国やベトナムで主に採取されるカシアシナモンがあり、クマリンの含有量はセイロンシナモンの数百倍です。特にベトナム産のカシアは含有量が多いので注意が必要です。シナモンでダイエットするにも、肝臓に負担をかけず、健康的にしていきましょう。

まとめ

今回はシナモンのダイエット効果についてとレシピを紹介していきました。香辛料のシナモンは気軽に摂取できますが、摂り過ぎると肝臓に負担をかけてしまいます。ダイエット中は適量を守るのが大切です。

関連記事

夏に向けてカスピ海ヨーグルトダイエットを始めよう♪家で作れる!ダ...

低カロリーなうどんレシピをご紹介♪無理なくおいしく簡単な『うどん...

カロリーの低いアイスは?家庭でできるアイスクリームの作り方もご紹...

開運効果あり!運気アップのために衣替えすべき理由とコツとは?

彼氏が彼女に作ってもらいたい料理ランキング★これを作れれば確実に...

関連記事ランキング