【辛口オネエ】HUAWEI大ピンチ!てきとーに創業社長の運勢観たらガチ苦闘期だわ【西洋占星術】

【辛口オネエ】HUAWEI大ピンチ!てきとーに創業社長の運勢観たらガチ苦闘期だわ【西洋占星術】

アイキャッチ画像引用元:https://twitter.com/rt_america/status/1131002234093809664?s=21

HUAWEI大ピンチ!てきとーに創業社長の運勢観たらガチ苦闘期だわ

先に大事なこと言っておくと、会社とか国家とか人間ではなくて大規模でたくさんの人の命運がかかってる団体や組織の運勢は、そのトップの運勢だけじゃ決まらないのね。で、会社の運勢観るなら本来はその会社の設立年月日と時間と場所、登記の年月日と時間と場所まで最低限でも必要。上場してたら上場年月日、本社移転してたら移転年月日と、さらには西洋占星術だけじゃなくてちゃんとした風水とか奇門遁甲とか?で方角も観なきゃなのね。社長の運勢なんて、そのあと。優先順位は五本の指に入るか入らないかくらい後回し。

で、アタシは会社の運勢なんて観れないんだけど、それでもファーウェイについて設立年月日から分かることくらいあるかしらって思って調べて。でも、きちんと観るのは諦めたうえで、「あとは、てきとーに社長の運勢観てみよ〜」って創業社長の生年月日調べてホロ出したのね。

そしたら、なんというかガチで「世界よ これが本物の苦闘期だ」と宣言したくなる運勢だったから、なんだかんだで取り上げることにしたわ。

当たり前なのかもだけど、会社の苦闘期ってやっぱり社長も苦闘期なのかしらね。違うケース……会社は苦闘期だけど社長はハッピーとかその逆とかもたくさんあるから、このファーウェイの例だけで「会社=社長」と決めつけられないけど、ガチで経営に関わってて生活が左右されてると運勢が連動するのかしら。

ま、とにかく。

関連記事ランキング