【辛口オネエ】世界線の話(4)私達は皆パラレルワールドを行き来している【スピリチュアル】

【辛口オネエ】世界線の話(4)私達は皆パラレルワールドを行き来している【スピリチュアル】

世界線の話(4)私達は皆パラレルワールドを行き来している

パラレルワールドなんて本当にSFの中の話みたいだけど、そんな概念を知らなくても、スピリチュアルに興味がなくても、移動しようと頑張らなくても、

私達は知らないうちにパラレルワールドを行き来してる

って話ね。

★【世界線の話】バックナンバーはこちらから
辛口オネエのスピリチュアル記事一覧

■私達は日々、パラレルワールドを行き来している

実はみんな、気付かないだけですぐ隣り合った世界線にはちょいちょい移動してるのよ。そして、そこにいる昨日とまったく同じに見えて異なる世界で、同じ顔で人格に見えるけど違う人達と接してるのね。

たまに、共有してるはずの過去の記憶が誰かと食い違うことってないかしら。自分か相手のどちらかが記憶違いしているだけかもしれないけど、もしかしたら「自分または相手が、その記憶の当時とは異なる世界線にいる」からなのかもしれないわ。

隣り合った世界線では、本当に間違い探しレベルで細かいところが違っていても、ほとんど一緒。それに、些細な違いしかない隣の世界線からは、すぐにもとの世界線にも戻れるし気付いたら戻ってたりもする。

関連記事

【辛口オネエ】神仏の加護がない(1)世界的な「取り返し」時代が来...

【辛口オネエ】自分は生贄の系譜?チェック項目10選【真実の扉】

【辛口オネエ】魚座の水星逆行中(2)『啓示』はどこから?悪魔の囁...

【辛口オネエ】神社仏閣の超オカルト的真実【真実の扉】

【辛口オネエ】神仏の加護がない(2)「生贄の刻印」を持つ魂の系譜...

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

魑魅魍魎の蠢く夜の世界でX年。業界口コミNo.1の占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】