【辛口オネエ】世界線の話(2)占いで示される人生の未来はいくらでも変えられる【スピリチュアル】

【辛口オネエ】世界線の話(2)占いで示される人生の未来はいくらでも変えられる【スピリチュアル】

世界線の話(2)占いで示される人生の未来はいくらでも変えられる

(1)に続いて、世界線の話ね。パラレルワールドは存在するし、それは日々の選択によって生まれているもの。

★バックナンバーはこちらから
辛口オネエのスピリチュアル記事一覧

■生年月日から導き出される「未来」は基本的には「メインルート」

西洋占星術とか四柱推命とかで導き出されるその人の人生って、基本的には

「生まれたときにすでに持っていた資質・環境・人間関係・考えや価値観・趣味嗜好」が、まったく変化せずに、本人も「運命任せで」生きた場合にそうなるであろう人生

なのね。

そのせいで、四柱推命みたいに(西洋占星術も古典的な解釈だと救われない内容多いけど)ものすごく古い時代に生まれた占術は「生まれ持った環境=人生」の解釈だから救いようがない結果が示されることが多いのよね。

「貧乏な家に生まれて遺伝病があり結婚できず孤独に早死する」「人徳がなく仕事運もなく各地を転々として犯罪者となり刑務所に入るまたは病気になりいずれにせよ幽閉状態の人生を送る」みたいな。

逆に、生まれ持った環境がいいと「高貴な家に生まれ周囲の助けと先祖の徳により努力せずとも世に秀で、富裕となり子供も三人授かる」なんて羨ましい人生が約束されてる人も出てくる。

関連記事ランキング