【辛口オネエ】ネイタルリリス(3)自分のリリスが「良くも悪くも実感できない」人の話【星占い】

【辛口オネエ】ネイタルリリス(3)自分のリリスが「良くも悪くも実感できない」人の話【星占い】

ネイタルリリス(3)自分のリリスが「良くも悪くも実感できない」人の話

(1)はこちら

(2)はこちら

先に(1)(2)を読んでね。アタシはリリスの神話とか伝承から紐解いてどうの、ってアカデミックな話はできないから、実占からの仮説のみよん。

■リリスは個人天体にアスペクトしていても自覚はしにくく、人に言われて・比べて気付く

リリスは「仮想のポイント=それ自体がエネルギーを持っているものではない」から、個人天体のように「自らの意志」でそれだけで行動を起こすには至らない。どちらかというと、木星以遠の天体と同じように、個人天体にアスペクトしてるとその個人天体の意思決定や行動にリリスの影響が出る。

だけど、自分じゃ分かってない。例えば月リリス合で「妻子持ちばかり近づいてきて、気付けば不倫になっていて」って女性がいて、本人は不倫なんてしたくないんだけど、男から見ると欲望の対象にしやすい「そそる何か」を持ってる魔性の女。男に「そそる。魔性の女だな」と言われて始めて「え?そうなの?」と意識する。

火星リリス合で「めちゃくちゃ、オタク」な男性がいて「よく、あんな趣味にそこまでどっぷり浸れるよね」「オタクの中でもこのジャンルではお前に敵うやつはいないぞ」って、言われて始めて「え?俺って特別なオタクなの?」と意識する。

だから、リリスがノーアスペクトか、トラサタの世代相しかない場合は、トランジットで刺激を受けて何か起きるか、やたらと粘着してくる人や一方的に惚れてくる人がいて「私のリリスとあの人の火星が合だ」とか気付かない限り、なかなか自覚しにくい。