脈ありか分かる!?男性からのLINEの終わらせ方診断

脈ありか分かる!?男性からのLINEの終わらせ方診断

男性と気軽にやり取りしやすいLINE。顔を見ると上手にしゃべれなくても、LINEならコミュニケーションが取りやすいという人は多いと思います。でも、気になる男性ができたとき、その彼が自分をどう思っているのか、聞きたいけど聞けないことってありますよね。
そんな時に役立つのが『LINEの終わらせ方診断』です。最後のLINEで彼がどんな終わら方をするかチェックすることで、脈ありか脈なしかをある程度分析することができます。どんな終わらせ方なら脈ありなのか、ぜひ確認してみてください。

「次会ったときに話の続きしよう」

LINEのやり取りをしていて、「そろそろ終わりな感じかな?」というタイミングでこんな文章が届いたら、それは少し脈ありと思っていいかもしれません。具体的な日にちは指定されなくても、「次に会う時」というワードは期待が持てます。LINEではなく、直接会いたいというアピールは嬉しいですよね。「来週末に会おう」と約束されるのも嬉しいですが、いつ誘われるのかなぁと期待しながら待つ時間も楽しいもの。

ただ注意したいのは、彼がLINEのやり取りをすぐにやめたくて、適当に終わらせている可能性があるということ。長いLINEのやり取りを終わらせたいために、口から出まかせ…という可能性も捨てきれないです。話が弾んでいたか、LINEの内容的に進展がある雰囲気かどうかで判断してみてください。

「明日早いんじゃない?大丈夫?」

LINEをしていて、夜中になっちゃうことってありますよね。学生ならその深夜のやり取りが楽しいものですが、社会人になると翌日の仕事に響かないか気になるところ。特に大事な会議、プレゼン、営業がある日なんかは、早めに就寝したいと思うことがあります。

そんな時、彼の方から次の日を心配する内容のLINEをもらえると、その気遣いがいいな~と思っちゃいます。自分の仕事や明日の予定を気にかけてくれるのは、気がある証拠だと思います。本当は早く寝たい時でも、その気遣いLINEに嬉しくなって「大丈夫、大丈夫!」と続けたくなっちゃいますよね。

こちらのことを心配する、気に掛けるようなLINEで終わる時は、気がある人に対する優しさである可能性は高いでしょう。ただし、彼自身が明日のことを心配している可能性もゼロではありません。実は朝が早いのは自分で、早くLINEをやめたいと思って気遣うフリをしている可能性も…。

そこまでのLINEの内容が充実していれば、おそらく脈ありな方向。中身の薄いやり取りをダラダラしている時は、脈ありと判断するのは早いかもしれません…。

「明日もLINEしていいかな?」

LINEも終盤かな?と感じている時、「明日も連絡していい?」なんて聞かれたら、楽しみが一つ増えた感じがして素直に嬉しいですよね。「今日は終わりな感じだけど、楽しすぎるから明日もしたい!」という男性からのアピールだと思います。絶妙なタイミングでこのワードが入ってきたら、お互いに気持ち良く連絡を終わらせることもできます。

今日はここまで。残りは明日。その次は明後日…と毎日のようにLINEでやり取りしたいというアピールにも感じられます。夜にやり取りをして、翌朝すぐに「おはよう」と連絡が来るかもしれないというウキウキ感も湧いてきます。

『明日』というのは曖昧な感じもしますが、実はパワーワードだと思うんです。明日を続けていって、ずっと連絡し合う関係を築きたいという男性心理が潜んでいる気がします。

「じゃあまた明日」

先ほど紹介した「明日もLINEしていいかな?」に似ているようで、ちょっと違うニュアンスなのが「また明日!」という単純なワード。ただの挨拶ではありますが、明日LINEするの?それとも電話するの?それともそれとも直接会えるの?と期待しちゃう匂わせワードだと思います。

学校や会社が同じならただの挨拶である可能性が高いですが、毎日顔を合わせる関係ではない場合、彼からのアピールである可能性大。次の日に、何かしらのアクションがあれば脈ありの可能性は高いですが、言葉だけで何もない…という場合は脈ありと判断するのは早いかもしれません。

脈ありじゃなくて「早く終わらせよう」としているケースも…

彼のLINEの終わらせ方によって、ある程度は彼の心理を診断することができます。しかし脈ありと診断できそうなLINEでも、本当はやり取りをやめて早く寝たい…と思っている可能性があるため、単純に判断はできません。こんなLINEなら脈あり!と決めつけるのは難しいところです…。
何度かやり取りする中で彼の真意を確かめてみましょう!