お世辞にもイケメンとは言えない彼…でも褒め言葉で好意を伝えたい!

お世辞にもイケメンとは言えない彼…でも褒め言葉で好意を伝えたい!

世間一般的なイケメンとは違う、見た目に自信を持っていない彼を好きになったとき。あなたならどうやってその彼を褒めますか?「かっこいいね!」と言っても嫌味になりますし、彼が素直に喜んでくれる確率は低い気がします。
そこで今回は、イケメンじゃないけど○○が素敵な彼を自然に褒める方法について考えてみたいと思います。どんな褒め言葉を言えば、彼の心にビビッと響くのでしょうか?

■「○○さんて、何に対しても一生懸命ですよね」

王道かもしれませんが、外見ではなく内面を褒める言葉は誰でも嬉しくなると思います。いつも見ていることが伝わりますし、外面ではなく性格的なところをポイントに褒めれば、彼も認められたような気がするはずです。

「誰にでも分け隔てなく接しているの、いつもすごいと思います」…『いつも』と足すことで見てますアピールに
「仕事の大きさに関係なく何でも一生懸命取り組むの、尊敬します」…『尊敬』という言葉で人間性を褒める

こんな風に褒められれば、男性も悪い気はしないはず。褒めることと好意の両方を一度に伝えられるワードは魔法の言葉。自然に伝えることができれば、本心だと分かってもらえると思います。

ただひとつ注意したいのが、『優しい』というワードです。友達の彼氏の写真を見て、「やさしそうだね」というとき、たいていはイケメンじゃないことが多くないですか?
『優しい』というワードは褒め言葉ですが、伝えるときは具体的に『○○しているから優しい』と足すことがポイントです。

■「○○さんって、何でも知ってますよね」

気になる男性がインテリ系だった場合、その知性や知識量をポイントに褒めてみると効果がありそうです。うんちく系男子の場合、そこを褒められると自尊心が高まり、嬉しい気分になります。雑学や専門知識など、彼が得意とする分野で話が展開していたら、そこで「何でも知っててすごい!」と褒めると効果的。

ただし、口を挟んで彼のプライドを傷つける行為はNGです。彼が話している内容に対して、「私もそれ知ってる!」と共感したつもりでも、彼にとってみれば「なんか大袈裟に話して恥ずかしい…」と落ち込む材料になってしまいます💦
たとえ知っている話でも、初めて聞いたようにリアクションしてあげるのが◎

関連記事ランキング