【芦屋道顕】幽界の消滅(1)幽界は魂のリハビリセンター【真実の扉】

【芦屋道顕】幽界の消滅(1)幽界は魂のリハビリセンター【真実の扉】

これまで異界や魔界や幽霊や天界や、あらゆるこの生きた人間が住まう世界とはまた異なる世界があり、さまざまな存在がそこに集うているといった話をしてきた。

わしなどまだ四半世紀も生きておらぬが、その中でもやはり人間以外の意識体……純粋な愛や情、指導のために人間に関わる存在もいれば、人間をどうにかして貶めんとする輩もいることを肌身で実感してきた。

しかし、この立春などはのうのうと昨今廃棄処分が問題となったゆえ、買わずに母の手作りのちらし寿司など食べていられるのも、人間界とほかの存在の世界がある程度きちんと線引きされており、安全地帯にいればやつらがただの物見遊山でこちらの世界には来れぬと分かっておるからじゃ。

■人間界以外の階層が消える?幽界はすでに消えている?

さて、この話はかなり注意をして誤解のないよう説明しなければ、戦後の日本に現れた各種の新興宗教の言説と同じような用語や死生観、魂の問題の捉え方になる部分が多い。

しかし辛口オネエやKUGAHARAなど開運占い軍団も全員、クリスマスを祝い正月は神社に詣で、葬儀は仏教式で行うが信仰を聞かれれば無宗教と答えてしまう、ごく一般的な昭和と平成生まれであることを先にお伝えしておくぞよ。

関連記事ランキング