口コミで話題のおからダイエット!健康的に痩せたい人へおからダイエット中の注意点

口コミで話題のおからダイエット!健康的に痩せたい人へおからダイエット中の注意点

健康に良いイメージのあるおからですが、そんなおからを使ったダイエットが話題を呼んでいます。そんなおからを使ったダイエットは、どのような方法で、どういった効果があるのか等を、本記事でご紹介します。

〇口コミで話題のおからダイエットとは?

おからダイエットとは、食物繊維や三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)をバランス良く配合し、低糖質でカロリーもやや控えめなおからを、食前に摂取あるいは主食と置き換える方法です。摂取カロリーや糖質を抑えられる他、大豆の持つ様々な栄養素が、美容や健康に良いとされているダイエットです。

〇健康的に痩せたい人におからはダイエットに向いている?

カロリーは意外と低くはないのですが、低糖質な上、食物繊維が豊富に含まれているので、主に置き換えダイエットとしておすすめできる食品です。また、大豆には美容や健康によい栄養素も多く含まれており、健康的なダイエットを実践することができます。

〇おからがダイエットに向いている理由は?

それでは、実際におからがダイエットに向いている要因をご紹介します。

おからは栄養バランスが良くダイエットできる

まず、おからに含まれている主な栄養素をご紹介します。

*おから100gに含まれる栄養素(おからは水分を含んでる「生おから」の状態)

栄養素名 含有量
*炭水化物 13.8g
(*内、食物繊維) 11.5g
(*内、糖質) 2.3g
たんぱく質 6.1g
脂質 3.6g
カロリー 111kcal

(出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

こうして見てみますと、カロリーは決して低くないものの、糖質はわずか2.3gと少なく、三大栄養素がバランス良く含まれているので、糖質制限ダイエットに向いていることが分かります。

ダイエットに嬉しい整腸作用で便秘改善!おからの食物繊維

おからにはかなりの量の食物繊維が含まれており、ほとんどが不溶性の食物繊維です。不溶性の食物繊維は、整腸作用がある他、胃腸で水分を吸って膨張するので、満腹感を得ることができます。他の主食との、大きな違いの一つと言えます。

おからにはダイエット中の貴重なタンパク源、大豆たんぱく質がある

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど、たんぱく質が豊富に含まれているのですが、含有量だけでなく、肉や卵にも負けない良質なたんぱく質でもあります。また、大豆たんぱく質は消化吸収率が非常に高いので、特にダイエット中においては、貴重なタンパク源となります。

中性脂肪を排出してくれる、大豆サポニン

えぐみの素となっている成分です。血液中の中性脂肪の排出を促したり、活性酸素の働きを抑えてくれるといった効果があると言われており、生活習慣病の予防や、美容への効果が期待されている成分です。

コレステロールを溶かしてくれる、大豆レシチン

大豆レシチンは、血管の中に付着しているコレステロールを溶かして血流を正常にし、動脈硬化等の生活習慣病を防ぐ効果があると言われています。また、神経細胞の材料にもなり、中でも脳細胞の情報伝達に大きく関わっていると言われているので、ボケ防止への効果も期待されている成分です。

おからダイエットしながら女性に嬉しい効能いっぱい、大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに近い働きがあると言われていることから、女性の更年期障害に効果があると期待されている成分です。
またそれだけでなく、乳がんや骨粗鬆症、高血圧、一部女性の循環器疾患といったリスクを抑制する効果もあると言われており、特に女性には嬉しい成分となっています。

ちなみに、大豆イソフラボンの含有量は、豆腐に比べるとおからは半分程度にまで下がってしまいますが、豆乳よりは含有量が多く、十分に効果は期待できます。

健康維持に欠かせない、ビタミン・ミネラルも豊富

これらの他にも、ビタミンやミネラルも豊富に含んでおり、特にビタミンB1、マグネシウム、リン、鉄、マンガンといった成分が多く含まれています。
三大栄養素もバランス良く含んでいることから、とても栄養バランスに優れた食品であることが分かります。

〇おからダイエットにおける注意点

栄養バランスのとれた食品であるおからですが、摂取する際にはいくつか注意点がありますので、ご紹介します。

おからを食べ過ぎるとダイエット中、体調不良になることも

おからは食物繊維がとても多く含まれているので、あまり過剰に摂取してしまうと、お腹の調子が悪くなってしまう可能性があります。健康に良いからといって、大量に食べることはせず、1食の主食を置き換えたり、副菜として一品加える程度にしておきましょう。

おからのカロリーは決して低くはない

100gあたりのカロリーは111kcalと、ご飯よりは低いものの、カロリーそのものは決して低くはありません。先ほどの食物繊維のこともあり、過剰に摂取することはあまり望ましくないので、適度な量を摂取するよう心がけましょう。

おからダイエットのとき、油を使った調理は控える

おからは油をよく吸う食材なので、油を使った調理はできるだけ控えましょう。油を吸わせる代わりに、調味料や出しの旨味を吸わせた、含め煮といった料理に仕上げるのがおすすめです。

〇まとめ

おからダイエットとは、栄養豊富で低糖質、食物繊維がたっぷり含まれているおからを、1食主食と置き換えたり、副菜として食前に食べることで、摂取する糖質を抑え、満腹感を得ることで、食べすぎの防止を促すダイエット法でした。
ただしカロリーはそこまで低くない上、食べ過ぎると体に不調が出る可能性もあるので、摂取する分量には気をつけましょう。

関連記事

クリスマスに好きな人と一緒に過ごせるおまじない★5選

コストコの「オーガニックココナッツオイル」で、お肌ツルツルスキン...

失恋の癒し方。片思いの恋愛が終わった時、失恋して辛い時の対処法

夏に向けてカスピ海ヨーグルトダイエットを始めよう♪家で作れる!ダ...

【九星別】あの人は結婚に向いている?どんな結婚生活になる?将来性...

関連記事ランキング