トマトはダイエット向き?トマトダイエットのやり方や効果とは?

トマトはダイエット向き?トマトダイエットのやり方や効果とは?

トマトでダイエットをする方法を知っていますか?トマトと言えば、栄養たっぷりの野菜というイメージがあると思いますが、実はダイエットを筆頭に、美容や健康にも優れた野菜なんです。今回はトマトダイエットに焦点を当てながら、トマトダイエットで期待できる効果について詳しくご紹介していきます。

トマトダイエットとは?

トマトダイエットとは?

トマトダイエットとはトマトに含まれる栄養素に注目したダイエット方法です。まずはトマトダイエットのやり方についてみてきましょう。

トマトダイエットのやり方

トマトは低カロリーで低糖質な上に栄養豊富な食材なので、これだけでもダイエットに向いていると言えますが、トマトを代表する栄養素であるリコピンの作用が、特にダイエットにおいて注目されています。

トマトダイエットではトマトを食事に取り入れることでリコピンなどトマトの栄養を摂り入れるということが大切になります。また、ご飯の前にトマトを食べて食事の量を減らしたり、おやつの代わりにトマトを食べて空腹を満たしつつ摂取カロリーを減らすというやり方もあります。

★トマトダイエットのやり方

  • 朝食にトマトを食べる
  • おやつとしてトマトを食べる
  • 夜ご飯の前にトマトを食べる
  • 寝る前にトマトを食べる

毎朝トマトを食べるのは準備がめんどくさいという場合は夜ご飯の前に食べるやり方をしたり、食事制限中のおやつとしてトマトを食べるなど、自分の生活に合ったダイエット方法を試してみてくださいね。

ダイエット中は夜にトマトを食べるのがおすすめ?

特にトマトを摂取しておきたいタイミングは、夜です。夜というのは、「夕食時」ではなく、「就寝前」です。就寝時の、特に深夜帯は最も成長ホルモンが分泌される時間で、その成長ホルモンの分泌により、筋肉量が増加して、代謝が高まると言われています。

トマトの豊富なビタミンとミネラルが、この成長ホルモンの分泌を促してくれるので、カロリーが低いという利点も活かし、就寝前に摂取することが望ましいです。

トマトダイエットには無添加のトマトジュースがベスト

トマトダイエットとは?-2

トマトを生食で食べると、90%以上が水分で構成されているので、なかなか思うように、栄養素を摂取することができません。そこで、一番のおすすめは、塩分や砂糖等が極力含まれていない、無添加のトマトジュースです。

トマトジュースはトマトを濃縮したようなものなので、効率よく栄養素を摂取できますが、最近は飲みやすくするため、砂糖などを加えているものが多く見られます。こういった添加物は、ダイエットを阻害してしまう要因になるので、できるだけ無添加のものを選ぶようにしましょう。

トマトダイエットで気になるトマトの栄養

トマトダイエットで気になるトマトの栄養

続いてはトマトダイエットをするうえで把握しておきたい、トマトの栄養についてご紹介します。

トマトの栄養素といえばリコピン

トマトを代表する栄養素といえば、あの真っ赤な色を形成しているリコピンです。リコピンはとても抗酸化作用が強く、様々な疾病を引き起こす原因となる活性酸素を抑制したり、血流の改善や生活習慣病の予防など、幅広い効果が期待されている栄養素です。

トマトの他の栄養素も非常に豊富

トマトはリコピンだけでなく、その他の栄養素も非常に豊富に含まれています。皮膚の粘膜や目の健康にいいビタミンA、身体のバランスを調えてくれるビタミンCがとりわけ豊富ですが、他にも様々なビタミン類やミネラルを含んでおり、栄養素をギュッと一つにまとめたような、とても優れた食材であると言えます。

トマトダイエットの効果

トマトダイエットの効果は?

低カロリーで低糖質な上、ダイエットや美容、健康にも嬉しい作用をもたらしてくれる栄養素が豊富に含まれているので、ダイエット中においては是非食べておきたい食材です。具体的にトマトにはどのような栄養素が含まれていて、ダイエットにどれだけ有用な効果をもたらしてくれるのかをご紹介します。

トマトは低カロリー・低糖質

トマトは100gあたり、糖質は3.89g(うち、1.2gが食物繊維)、カロリーは18kcalです。糖質は野菜の中では比較的高い方ではありますが、イモ類やかぼちゃ等に比べれば、遥かに低い数値です。
カロリーもわずか18kcalしかなく、ダイエット中にカロリーや糖質を抑えながらお腹を満たして栄養を摂るのにおすすめの食材なのです。

代謝がよくなる

先ほどご紹介した通り、トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があります。
リコピンは美肌効果にも期待が持たれている他、実はダイエットとも密接に関係しています。リコピンにより血流が改善されると、臓器が正常に機能するようになり、代謝がよくなると言われています。また代謝が良くなることで、脂肪を蓄積しにくい、いわゆる太りにくい体質になるとも言われています。

脂肪増加を抑える

リコピンだけでなく、近年発見された「13-oxo-ODA」という成分が、血液中の脂肪増加を抑える働きがあるといわれています。

むくみ解消

トマトにはカリウムが多く含まれています。塩分を摂りすぎるとむくみの原因となりますが、カリウムを摂ることで余分な塩分を体外に排出してくれる効果が期待できるので、トマトダイエットでトマトを食べるとむくみ解消するともいわれているのです。

トマトダイエットの注意点

トマトダイエットの注意点

最後に、トマトダイエットをする際の注意点をご紹介します。

トマトダイエットではトマトの量に注意!

トマトは体にいい効果が期待できる野菜ですが、食べすぎないように注意しましょう。リコピンは食べ過ぎると健康被害が出ることもありますので、1日のリコピン摂取量は15mgほどに抑えるのがおすすめです。また、カリウムが多く含まれているので、体が冷えて代謝が悪くなることも。
トマトダイエット中はトマトを1日500gほど(中くらいのサイズ2個)くらいにするのがおすすめです。

トマトの栄養素リコピンは油に溶けやすい

料理としてトマトを使う場合は、リコピンを抽出しやすくするために、生食よりも加熱調理が向いています。また、リコピンは油に溶け出す性質があるのですが、ここでおすすめなのがオリーブオイルです。
オリーブオイルはオレイン酸を含んでおり、熱に強く、抗酸化作用を持ち合わせています。リコピンも強い抗酸化作用があり、油との相性が良い上に、風味の面でも、トマトとオリーブオイルは非常に相性がよいので、正にベストマッチと言えます。

トマトダイエットはゆっくり効果があらわれる

トマトダイエットは、徐々に体質を改善しながら、健康的な身体にすることが目的なので、単純に「痩せる」という点に特化したものではありません。意識的に寝る前にトマトを摂取するようにすること以外は、特段無理なダイエットをする必要はないので、ストレスなく、ゆっくりダイエットをするようにしましょう。

まとめ

トマトダイエットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?トマトは低カロリーで低糖質ながら、栄養素を豊富に含んでいる食材なので、ダイエットにとても適している食材であることが分かりました。そんな栄養豊富なトマトを、夜就寝前に食べることで、健康的な身体になる他、美容にも嬉しい効果が出てきます。半年も経過すれば、その効果が目に見えて出てきますので、ゆっくりとトマトダイエットを楽しんでみてはいかがでしょうか。