石鹸シャンプーとは?他のシャンプーとの違いと効果、おすすめ商品のご紹介

石鹸シャンプーとは?他のシャンプーとの違いと効果、おすすめ商品のご紹介

石鹸シャンプーを使ったことはありますか?石鹸シャンプーは他のシャンプーとは何が違うのか、石鹸シャンプーのメリットである効果やデメリットは何なのかを調べてみました。また、石鹸シャンプーの使い方、リンスの使い方も併せてチェックしていきましょう。最後には、おすすめの石鹸シャンプーもご紹介していきます。

石鹸シャンプーとは

石鹸シャンプーとは

石鹸シャンプーとは、石鹸を原料にしたシャンプーのことです。一般的に天然素材のものを使用した石鹸シャンプーが多く、天然素材が好きな人は石鹸シャンプーを使っていることが多いです。主成分は石けん分(純石けん分)や石けん素地(カリ石けん素地)、脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウムになります。
石鹸シャンプーの原材料である石鹸は皮膚に浸透しないため、頭皮や髪へのダメージを抑えることができると言われています。

石鹸シャンプーと他のシャンプーの違い

石鹸シャンプーと他のシャンプーの違いは、その成分です。よく使われているシャンプーは「合成シャンプー」と言って、合成界面活性剤が使用されています。
合成界面活性剤は強い洗浄力があり、たんぱく質を溶かすこともできると言われています。たんぱく質は髪のキューティクルを作っているもので、これが溶かされたら髪へのダメージが大きいことはわかりますよね。
また、頭皮の皮脂を洗い流し、角質も溶かしてしまうため、抜け毛の原因にもなると言われています。

石鹸シャンプーは先に紹介した通り、皮膚には浸透できないものです。頭皮や髪のダメージを減らして使うことができます。

石鹸シャンプーのメリット・効果

石鹸シャンプーのメリット・効果

石鹸シャンプーは合成シャンプーとは違うとご紹介しました。それでは、石鹸シャンプーのメリット、効果はどんなものがあるのでしょうか?メリットとなる石鹸シャンプーの良いところを調べてみました。

洗い過ぎない洗浄力

石鹸シャンプーのメリットは洗浄力にあります。頭や髪を洗うとき、綺麗にしたくて強い洗浄力があるシャンプーを選んでしまうかもしれませんが、頭には適度に皮脂を残しておく必要があります。皮脂は頭皮や毛根を守るバリアーの役目もあるのです。なので、洗い落としすぎない石鹸シャンプーは効果的ですね。

髪が痛んでいるなら改善を期待できる

今使ってるシャンプーで髪が痛んでいるなら、石鹸シャンプーに変えることでダメージを減らすことができるかもしれません。先に紹介した通り、石鹸シャンプーの洗浄力は合成シャンプーとは違います。「洗浄力が弱いシャンプーなんて汚れが落ちるの?」と思うかもしれませんが、ダメージヘアの人が髪の洗い過ぎが原因であるこもあるのです。洗い過ぎが原因なら、洗い過ぎないシャンプーの方がいいですよね。
石鹸シャンプーは健康的な髪を作るための必要な毛根を傷つけすぎないため、使い続けることで、これから少しずつ健康的な髪が生えてくるかもしれませんよ。

髪が太くなる?抜け毛が減る?

石鹸シャンプーを使っている人の中には「髪の毛が太くなった気がする」「抜け毛が減った」というような効果を感じている口コミもあります。これは石鹸シャンプーのメリットにある、皮脂を落としすぎないことですね。余計なものまで洗い過ぎないことで髪が健康的になり、コシがある髪になったり、抜け毛が減るといった効果を感じるひともいるようです。

石鹸シャンプーのデメリット

石鹸シャンプーには効果やメリットばかりではなく、デメリットもあります。石鹸シャンプーを使い始めたらフケが出始めたという口コミを見かけることがあります。これは、シャンプーを変えたことによる皮膚のターンオーバーに変化が出たことにより、感じられるデメリットである可能性も。1か月から半年ほど、様子を見てみましょう。(肌に異常が出た場合は使用を中止してください)

また、これまで合成シャンプーを使っていた人は、石鹸シャンプーに変えたときに違和感を覚えるというデメリットもあります。「なんだかゴワゴワする」「汚れを落とし切れていないかも」と感じ、髪を洗ってもスッキリしないと感じることがあるようです。このデメリットは使い方を工夫することで、気にならなくなるかもしれません。石鹸シャンプーの使い方をチェックして、気持ちのいいシャンプーを行いましょう。

石鹸シャンプーの使い方とリンスの使い方

石鹸シャンプーの使い方とリンスの使い方

石鹸シャンプーのデメリットである違和感を減らし、メリットである健康的な髪を育てるためにも、正しい使い方をチェックしていきましょう。今回は石鹸シャンプーの使い方と、石鹸シャンプーを使っているときのリンスの使い方を調べてみました。

石鹸シャンプーの使い方

石鹸シャンプーを使う前にまず、丁寧にブラッシングをしていってください。ブラッシングによって髪や頭皮から汚れを浮かし、次にしっかりとお湯で頭皮から汚れを洗い流していきましょう。
ここでようやく、石鹸シャンプーを使います。石鹸シャンプーの効果的な使い方は、ぶくぶく泡立てることです。
泡をつけたら、あとは指の腹で頭皮をマッサージしつつ、洗っていきましょう。
洗い流すときは石鹸のカスが残らないように、全体的に、頭皮までしっかりとお湯で洗い流していきます。
これで、石鹸シャンプーを使った洗い方は終了です。
固形石鹸で髪を洗うときは直接すりつけていきましょう。このときは、優しく、傷つけないように、石鹸がこびりつかないように優しくこすりつけてください。
ポンプ式の石鹸シャンプーを使うときは、手の上に乗せたあと、手のひらで泡立ててから髪につけるようにしてくださいね。

石鹸シャンプー後のリンスの使い方

シャンプーのあとにはリンスを使いたいですよね。石鹸シャンプーを使ったあとのリンスの使い方は、手に適量を取り、髪に馴染ませていくのがおすすめです。その他に、洗面器にリンスを溶かし、髪につけていく方法もあります。どちらもリンスが済んだらしっかり洗い流してくださいね。

石鹸シャンプーならリンス不要?

石鹸シャンプーをするときは、リンスが不要であるという話を聞いたことはありませんか?実は石鹸シャンプーを長く使っている人、髪が短い人はリンス不要だと言われています。リンスは髪を守るためのものですが、石鹸シャンプーは洗い過ぎないシャンプーです。リンスがなくても問題ないでしょう。
ですが、合成シャンプーから石鹸シャンプーに変えたばかりの人、髪が長い人はリンスを使うことがおすすめされています。そのリンスも石鹸シャンプー用のものにしましょう。合成シャンプーで洗った髪に使うリンスと、石鹸シャンプーで洗った髪に使うリンスは成分が違います。合成リンスは合成シャンプーを使って髪に残った成分とくっつき、髪をコーティングします。石鹸シャンプー用のリンスは、シャンプーで弱アルカリ性に傾いた髪を酸性で中和して、キューティクルを引き締める働きをします。

石鹸シャンプーでおすすめの市販品

石鹸シャンプーは、ドラッグストアをはじめとする市販のお店でも販売されています。けれども、一体どの市販の石鹸シャンプーを購入したら良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。それでは、市販の石鹸シャンプーのおすすめランキングを3位から順に見ていきましょう。

ミヨシ石鹸「無添加せっけん シャンプー」

ミヨシ石鹸から販売されている「無添加せっけん シャンプー」は、植物性の無添加シャンプーになります。そのため、肌の弱い人はもちろん、子供から大人まで幅広い年代の人の髪の毛や頭皮を優しく洗いあげてくれるためおすすめです。

M-mark「アミノ酸せっけんシャンプー」

M-markから販売されている「アミノ酸せっけんシャンプー」は、低刺激である「アミノ酸石けん」と「きめ細かい泡」が特徴の石けん素地を配合して作っています。
そのため、子供から大人まで家族全員で使用することができます。
また、きめ細かい泡であるため頭皮の毛穴の奥の汚れもしっかりと除去してくれます。

シャボン玉石けん「無添加せっけんシャンプー」

シャボン玉石けんから販売されている「無添加せっけんシャンプー」は、釜炊き製法でツバキオイル等の天然油脂をじっくり炊き上げることで作られています。そして、本体をワンプッシュすると既に泡の状態で出てくるため泡を立てる必要がなく、時短にもなります。

おわりに

今回は、石鹸シャンプーの効果や、おすすめの市販の商品を紹介してきましたが、いかがでしたか。
石鹸シャンプーは、人にも環境にも優しいタイプのシャンプーです。子供から大人まで、幅広い年代の人が安心して使用できます。

もしも、まだ1度も石鹸シャンプーを使用したことがない人は是非使ってみてはいかがでしょうか。
そして、石鹸シャンプーを使用する場合は、リンスの併用を忘れないで下さいね!

今回紹介してきたことを参考にして、自分の頭皮や髪の毛の状態に合った石鹸シャンプーを選んで下さい。

関連記事ランキング