【辛口オネエ】1月後半の世の中:21日の月食をピークに「未来を憂えるより、先へ!」

【辛口オネエ】1月後半の世の中:21日の月食をピークに「未来を憂えるより、先へ!」

世の中の運勢 ☆こちら

12星座の運勢:牡羊座・獅子座・射手座 | 牡牛座・乙女座・山羊座 | 双子座・天秤座・水瓶座蟹座・蠍座・魚座

【2019年1月後半の世の中は?】

前半7日に射手座に移動した金星が星座単位で牡羊座の火星とトライン、魚座の海王星とはスクエア。21日の太陽水瓶座、月獅子座の満月(月食)をピークにこの1月後半は愛と夢と希望を分かち合って一緒に旅する仲間が見つかっていく時期。

2019年上半期占いの番外編で最近ちょっと話だけど、今期は「全天体順行」の珍しい期間で、何かを進めようとするとそうじゃない時期よりサクサク進みやすいかも。

個人や企業そのものの、この時期の運勢を凌ぐ影響力はないけど、なんとなく世の中のムードとして「立ち止まるより、進んでみよう」になってる感じね。「まだ起きていない未来を憂えて何もしないより、まずアクションを起こしてみよう」で、新しいことを始められるし、それは人間関係も一緒。

関連記事

【辛口オネエ】4月前半の世の中:混乱期終了・フレッシュスタート!

【辛口オネエ】魚座の水星逆行中(1)夢のある話と「魚座水星」だか...

【辛口オネエ】魚座の水星逆行中(2)『啓示』はどこから?悪魔の囁...

【辛口オネエ】ネイタルリリス(1)自分のリリスが「良くも悪くも実...

【辛口オネエ】12月後半の世の中:大聖堂建設のための石を切り出す...

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

辛口オネエ

魑魅魍魎の蠢く夜の世界でX年。業界口コミNo.1の占い師『辛口オネエ』が占い・スピリチュアル情報を発信。【人は本来誰もが、自分が進む道はすでに知っています。けれど、悩みや不安で道に迷ってしまったときに、占いは<その方の人生の地図を、横からライトで照らしお伝えするもの>視界が開けているときには必要ないものですし、目的地へ行くルートは幾つもあります。振り回されず、ご自身の選択のヒントにしてくださいね】