【辛口オネエ】増殖するソウルメイト(2)A君が現世ではB君C君D君の3人に!【スピリチュアル】

【辛口オネエ】増殖するソウルメイト(2)A君が現世ではB君C君D君の3人に!【スピリチュアル】

増殖するソウルメイト(2)A君が現世ではB君C君D君の3人に!【スピリチュアル】

今回はこの記事の続きね↓
増殖するソウルメイト(1)ツインとソウルメイトの違いって実は

この先、ちょっとソウルメイトとツインソウルを分けて話す意味がない話が続くから、ツインも包括して「ソウルメイト」愛し合うことになる相手を「魂の伴侶」と呼んでいくわね。

■世紀のカップルも「結ばれたからこそ」魂の伴侶

で、たとえばオノ・ヨーコさんがオノヨーコになるまでに3回しか転生してないとする。その3回のうち、1回だけ深く愛し合った相手がジョンレノンの魂の当時の人。で、あとの2回は100歳まで生きたけど孤独で誰とも恋もしなかった。・・・とかなら、今世ではそりゃジョンレノン探すわよね。

このお二人の場合は前世がどうあれホロスコープの相性だけでも十分過ぎるほどくっつく要素があったのね。でも、彼女と付き合うことであそこまでジョンの運命というか世界的スーパースターグループ・Beatlesの運命が激変したってことは、ジョンとオノヨーコとの出逢いもBeatlesの命運もなんらかの「生まれる前の約束」があったのかもしれない。

ただ、

「2人は魂の伴侶だから、今世でも結ばれた」「2人は、お互い以外と結ばれることはありえなかった」

かというと、それは「結果的には真実」になったけど、実は、

2人が今世に生まれた時点でも、
2人が出逢った時点でも、

まだ「この人と絶対に恋に落ちて添い遂げる」と決まったわけじゃなくて、

「2人が心から愛し合うことになった・添い遂げると誓い合った」ときに初めて「今世、今の人生シナリオではこの人を唯一無二のパートナーとして選ぶ」ことになった、それだけなのよ。

関連記事ランキング