30代恋愛あるある☆10代~20代の恋愛とは何が変わってくる?

30代恋愛あるある☆10代~20代の恋愛とは何が変わってくる?

恋愛観は年齢とともに変わってくるものだと思いませんか?10代、20代、30代と年齢を重ねていくといろいろな経験を積んで価値観や男性に求める理想も変化してきます。
今回は、30代も半ばを過ぎたアラフォー世代の恋愛観について紹介してみたいと思います。みなさんの年齢と比較したとき、新たな気付きがあるかもしれません。同世代の人は「あるある!」と共感してもらえると嬉しいですし、年下の世代の人は「こんな恋愛観を持つ大人もいるのかぁ」と参考にしてみてください。
10~20代の恋愛から30代の恋愛で何が変わっていくものなのか、紹介していきましょう。

30代恋愛あるある①自分からアプローチしにくくなった

30代恋愛あるある

女性のタイプによるかもしれませんが、私や周囲の友だちが共通して「あるある!」と盛り上がるのがコレです。いいな♡と思う男性が現れたとしても、なかなか自分からアプローチできなくなってくるんですね?薄いようで厚いバリアみたいなものがあって、自分から壊していくのは怖いし、相手からちょっとしたアクションがあるのもビビっちゃう感じです。

10~20代の頃に経験してきた恋愛の中で、誰しも辛い出来事ってあると思います。そのイメージが付いて回るので、「今回もまた失敗しちゃうんじゃ」と不安に思ったり、「この年で玉砕する勇気はないしみっともないよなぁ」と感じたりするんですよね?

仕事や生活における窮地に陥るような出来事には耐性ができているから乗り越えられるんですけど、恋愛は経験値を高めてもブランクがあったりすると難しいものです。

自分が作ってしまった壁をぶち破ってくれるようなツワモノを待っていても、アラフォーの身としては難しい…。そのしがらみが独身率を高めているのかもしれません。

30代恋愛あるある②見た目だけでときめかない

30代恋愛あるある

街中を歩いていると、「あ、この人かっこいいな」とか「素敵な男性だな~」なんてぼんやり感じることはあっても、ドキッとするような回数は断然に減ってきました?むしろ前しか見てないような感じで、イケメンを察知するアンテナはまったく張っていない感じですね。

職場で誰かが赴任してきても大抵は既婚者。稀にかっこいい独身者が入ってきても、「かっこいいね」「素敵な人だよ!」と騒ぐ20代の女子社員を「かわいいなぁ」と眺めているくらい。最初から自分は対象外だと決めつけに入っているので、心臓もびくともしません。

顔がいいだけじゃ騙されん!と脳が働くような感覚です。仕事がバリバリできるとか、礼儀がなっているとか、顔以外の部分で尊敬できるような男性でないと、ときめきは起きないようになってしまいました。

見た目はイケメンでチャラそうなのに意外と真面目な性格だとか、マイナスをプラスにしちゃう要素があると、この年齢でもドキッとすることはあるかなぁと思います。

30代恋愛あるある③バツイチOKに

30代恋愛あるある

10~20代の頃は、未婚で子なしの男性しか眼中になかった気がするんですけど、それも30代に入ると変わってきます。バツイチの人に対する偏見みたいなものが薄れるんだと思います。

単に恋愛対象になる人が少なくなるから、という意味もありますが、バツイチ男性にも魅力的な部分がたくさんあることがわかってくるんです。

たとえば、1回失敗している結婚に対して変な期待はしていないから、穏やかな生活が望める、といったもの。離婚原因にもよりますが、その失敗を繰り返さないよう努力したいというバツイチ男性は多いので、お互いに良い距離感で付き合えるメリットがあるように思います。

昔に比べて抵抗感はなくなり、人を見る目も養ってきたという自信があるので、バツはNGという決めつけはなくなりました。

30代恋愛あるある④ドキドキより安心を求める

30代恋愛あるある

日常生活の中でドキドキすることやときめきって大事だとは思うんですが、30代に入ってからはあまり刺激的なものは求めなくなりましたね。辛い食べ物は食べるけど、それ以外は刺激的な要素のない生活を求める、という感じでしょうか。

仕事も新たなチャレンジより継続的に効率的に仕事をミスなくこなしたいと思ったり。友達も新鮮さより長年培ってきた関係を続けていきたいと願ったり。彼氏も結婚を見据えた安定性を望んだり…。

ドキドキする男性より「この人といると安心するなぁ」という男性を求めるようになりました。もちろん、その人と居てドキッとする出来事があるのは問題ありません。時には刺激的なことも必要だと思います。
ただ、怪しい雰囲気がする人やミステリアスを身にまとっているような人は避けたくなるのが本音。危険な橋は渡りたくありませんからね?

10~20代の頃のようなサプライズデートは望みませんし、日常の中で楽しめるデートなら何でもOKという気持ちになります。お家デートなんて最高!とウェルカムな気持ちになりますし、お散歩や映画など、穏やかなデートに癒しを感じます。

30代恋愛あるある⑤仕事優先の男性をむしろ尊敬するようになる

30代恋愛あるある

昔は仕事を優先する彼氏に対して怒ったり駄々をこねたりしたこともありましたが、30代になると仕事の大変さや男性特有の辛さなどを理解できるようになります。自分と同じように苦労していると思うと、デートがドタキャンになっても寛大な心で受け入れられるようになるのが、30代以降の恋愛の良さではないでしょうか。

仕事でデートがキャンセルになるということは、それだけ大事な仕事が入っているということ。それが成功すれば、彼も良いポジションに就けるかもしれない。だったら応援するしかない!という考え方ですね。

もちろん仕事と言いつつ浮気をしていたというのは論外ですが、仕事の成功を祈るのは当然だと思えるようになります。そして、上手く片付いたら「キャンセル料としてこのお店に連れてってね」とちょっといいお店を予約させるのが大人の恋愛かなと思います。

まとめ

いかがでしたか?30代女性の方なら「わかる!」と思う、恋愛あるあるもあったのではないかなと思います。20代の頃とは違う、30代の恋。ぜひ楽しんでくださいね!