【辛口オネエ】(2)瞑想で繋がるヤバい世界の代表『幽界」の恐怖【スピリチュアル

【辛口オネエ】(2)瞑想で繋がるヤバい世界の代表『幽界」の恐怖【スピリチュアル

==========
『2019年上半期のあなたの恋のすべて』アプリで先行配信開始!【星占い】
==========

これは前回の続きね。

(1)はこちら

で、自分の過去世か、そうでなくともとりあえず集合無意識の領域か、何もないけど全てある、いわゆる「ワンネス」に繋がって「何も流れ込んでもこないけど、とても安らいだ」とか。「明確にどんな情報を受け取ったとも言えないけど、でも全てがOKだった」とか。他人が聞いたら意味不明だけど、とりあえず害がなくて、本人がスッキリしてるならその瞑想は大丈夫だったわけよね。

でも、前回も話したけど、コンディションが悪かったり、怒りや憎しみや悲しみみたいな負の感情に支配されまくってたり、あとは星回り次第では「この世とふだん、繋がってない領域との壁が薄くなってる・穴が開きやすい」ときだったりすると、瞑想者にとって害になる場所に繋がっちゃうことってあるのよね。

その繋がり先はだいたいは3つ。

■瞑想で繋がるヤバい世界の代表は『幽界』

負のエネルギーに満ちた幽界

厳密にはそんなものは存在しないんだけど、でもやっぱりエネルギー層としてあるみたいなのよね。水と油が混ぜても放っておくと分離して層になるけど、この幽界は、死者の恨みつらみ、負のエネルギーが溜まってる場所と考えてもらえればいいのかしら。

関連記事ランキング