【人相学】額でわかる!おでこが広い人は優秀?相手の「社会性」8選!

【人相学】額でわかる!おでこが広い人は優秀?相手の「社会性」8選!

顔の印象を決める意外な場所として「額」が挙げられます。
髪型を楽しむ時も前髪をアップにするか、前髪を下ろすかで顔の印象は変わりますが、それは額が出ているかどうかということが印象に大きく影響しています。
また、額には相手を知る上で、重要なポイントがたくさん散りばめられています。この機会に、額の見方をぜひマスターしてください。

【人相学】①額の意味

人相学:額(おでこ)の意味
額は主に「自分の上司や社会面で自分より立場が上の人、上位組織(お得意様など)」を意味します。自分より上の立場の人をよく「目上」と呼びますが、まさに目より上にあるわけです。
額は、その人の気性も読み取る事ができます。特に社会性の有無、困難に直面したときの耐性など、社会での活躍の可能性を見て取ることができます。

【人相学】②どこまでが「額」?

もともと額が広い人は別として、頭を丸めたり、生え際が後天的に広がって、結果的に額が広くなることがあります。
人相学的に額の基準として、人差し指、中指、薬指を横にして額にあてた部分とし、それ以上抜け上がった部分は「頭」と見ます。

【人相学】③角額と丸額

人相学:角額と丸額
額を見るとき、生え際の両端の形を見ます。鋭角に角張っている額を「角額」、丸まってカーブを描く額を「丸額」と言います。
角額はいわゆる「男額」。男性的で現実派。エネルギッシュで快活な人が多いです 。丸額は「女額」。優しくて、性格も穏やかなのが特徴です。
女性で「男額」の場合、社会で起業家、実業家として活躍している人が多いです。
逆に男性で「女額」の場合、穏やかで優しい人が多いです。

【人相学】④生え際の突起状の生え下がり

人相学:額(おでこ)の生え際

生え際の中心に突起状の生え下がりがある人を見かけます。この生え下がりを人相学では「参差(しんさ)」と呼びます。この突起がある人は、反骨精神がとても強く、負けん気が強いのが特徴です。アスリートで活躍している選手や、起業家などの生え際にこの突起がある人を多く見かけます。

ただし、これが一つだけなら良いのですが、それ以上あると、反骨精神の強さが裏目に出て、度を越した頑固さや反抗心につながり、周囲に敵を多く作りがちになりますので、注意が必要です。

【人相学】⑤生え際が「M字」の額

生え際の両端が抜け上がっていて、M字のような形をした生え際の人がいます。この生え際の人は大変創造性が豊かで、クリエイティブな思考を持っています。もともとは音楽家に多い特徴と言われていました。現在でも音楽家に限らず、様々な分野で創造性を発揮して活躍されている著名人は、この生え際をしている人が多いです。

関連記事ランキング

ABOUT この記事をかいた人

いくら

人相研究・占術家。主に観相術・四柱推命による鑑定、雑誌やWEBサイトなどで、記事の執筆・監修をしています。AERA占いMOOK 2018-2019 恋と運命の占い2019 (AERAムック)内「2019年幸福人相」記事監修ほか多数。現在は鑑定ルームや献血ルームで人相鑑定をしています。ご興味がある方は、https://ameblo.jp/nigaoe-uranai/(ブログ)まで。