【芦屋道顕】死刑の霊的タブー(3)テロ集団の死刑を同時期に執行する危険性【真実の扉】

【芦屋道顕】死刑の霊的タブー(3)テロ集団の死刑を同時期に執行する危険性【真実の扉】

【死刑の霊的タブーシリーズ】
(1)冤罪で処刑された魂の行方 (2)凶悪犯の処刑は霊的には犯罪抑止に逆効果?

★好評配信中★いじめられる、舐められる、ツイてない、恋愛運がない……。それは呪いじゃ!解けるのじゃ!『現代の呪(芦屋道顕)』電子書籍はこちら

まだ比較的記憶に新しい、地下鉄サリン事件の主犯格達の死刑執行。現実視点では「ようやく裁きが下った」むしろもっと早く執行すべきだったとすら思うておる。

しかし、霊的な面からは死刑が禁忌というだけでなく、このとき「仲間だった複数名が、同時期に」執行されたが、これはもし彼らが執念深くこの世の破滅を願うているならば、そして大いなる存在の介入がもしなければ……。彼らは後の世に、また同時期に生まれてきてしまうやもしれぬ。

■「悪のソウルグループ」も存在する

ソウルメイトに興味のある人ならば、一人では成し遂げられないことを仲間で協力して成し遂げんと、何度も同じ時代、同じ時期に生まれくる「ソウルグループ」の存在も知っておろう。科学者、医者、革命家、あらゆる時代に、協力して偉業を成し遂げた仲間達がいる。

場合によっては、10人のソウルグループで始めた研究を終えぬまま寿命を迎えたとして、のちに5人が先に生まれその研究を引き継いで途中まで進め、さらに後の時代に、まだ生まれていなかった5人が生まれてきて完成させるなど、ソウルグループは連携プレーが得意である。

時折、ある分野に秀でた集団が志半ばに悲劇の事故やテロに見舞われて共に命を落としてしまうことが起きる。

関連記事

開運特集(3)失業中・運気低迷のおぬしは黒やグレーを減らすのじゃ...

開運特集(2)世の流行色ともラッキーカラーとも異なる『自分の開運...

【芦屋道顕】死刑の霊的タブー(1)冤罪で処刑された魂の行方【真実...

年末開運特集(1)【芦屋道顕】不倫・セフレ扱いetc.許せぬ男を...

【芦屋道顕】死刑の霊的タブー(2)凶悪犯の処刑は霊的には犯罪抑止...

関連記事ランキング