【芦屋道顕】憑依の可能性(2)無性に◯◯したくなったら要注意【現代の呪2】

【芦屋道顕】憑依の可能性(2)無性に◯◯したくなったら要注意【現代の呪2】

憑依の可能性(1)はこちら

さて、(1)ではそれまでの習慣や文化にはないにも関わらず、無性に「生肉が食べたい」衝動に駆られたらそれは憑依によるものかもしれぬと話した。

今回は、それ以外の憑依の可能性である「無性に◯◯したくなる」について、要注意なものを2つ紹介するぞよ。

■取り憑かれてるかも!要注意な衝動

無性に「誰でもいいから」Hしたい

これは説明不要かもしれぬが、いわゆる色情霊に取り憑かれている可能性じゃ。特に、風俗や水商売の店、ラブホテルなどがひしめく歓楽街で酒を飲んでいるときに、色情の未練を残して命を落とした者の霊が、身体を手に入れて思い残しを解消しようとするのじゃな。また、日本には少なかろうが、外国ではドラッグなどをやって理性を失うて性的なコントロールが失われた人も多々おるようじゃが、やはり色情霊の仕業であろう。

取り憑かれると、付き合っている恋人がいる、結婚している、一途に誰かを思っているはずが、無性にその相手でなくとも身体を交わらせたくなり、自ら誘惑してしまう。異性とみれば、面識がなくともその身体に触れたくなるほどのこともあるようじゃ。

とてもこのような品行方正な大和撫子の集まるサイトで話すのは気が引けるが、世の中には「痴女」なるAVのカテゴリ……ではなく、そのものずばりの女性が存在するが、脳機能やホルモンバランスなど現代医学で説明がつかない事件の犯人には、このような憑依も疑わしかろう。

酒により理性効かなくなっているときには色情霊のみならずあらゆる魑魅魍魎に憑かれやすく、

関連記事ランキング