いい香りでもっと魅力的な女性になろう❤香水の上手なつけ方を解説!

いい香りでもっと魅力的な女性になろう❤香水の上手なつけ方を解説!

香水の上手な使い方が分からない!

かのココシャネルの「香水をつけない女性に未来はないわ」という言葉をご存知でしょうか。
日本と外国との文化の違いはありますが、それでも、香りは女性の魅力を大きく左右するものですよね。

しかしいざ香水をつけようと思っても、どれを選べばいいのか、またどう使いこなせば良いのかは悩みの種になりがちです。

この記事では、香水と上手に付き合う方法をご紹介します。

 

香水の種類の違いでTPOを考える

香水の種類の違いでTPOを考える

 いざ香水を買いに行くと驚いてしまうのが、その豊富な種類。
ボトル側の説明を見たもののなんだかよく分からなかった…という経験をお持ちの方もいるのでは?

ほとんどの人が、好きな香りかどうかで香水を選ぶと思うのですが、それ以外にもTPOに合わせた香りの選び方があります。

パルファムやオードトワレといった香りの持続時間を表す用語や、オリエンタルやフローラルといった香りの種類を表す用語が存在するので、まずはそれぞれ基礎知識からつけていきましょう。

香りの強さと持続時間

一般的に香りの強いものから順番に、パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンとなっています。

しっかりと香らせたいときはパルファムが適していますが、TPOをわきまえないとトラブルの元となりがちです。
自分がどのような相手と、どのような場所につけて行くのかを想像しながら選びましょう。

香りの種類

香りは大きく分けるとフローラル・オリエンタル・シプレの3種類に分類できます。

まずはローズなどに代表される華やかでみずみずしい香りが特徴のフローラル。
次にサンダルウッドなど、エキゾチックでセクシーな印象のオリエンタル。
3種類目のシプレは、パチュリなどの樹木系の香りが多く、フォーマルな印象を与えます。苔のような香りと表現されることもありますね。

自分のなりたいイメージを考えながら選びましょう。

 

 

香りのレイヤードを意識したことある?

香りのレイヤードを意識したことある?

 香水を身にまとうときに忘れがちなのが、レイヤード。重ねづけの問題です。

上級者で香水そのものを複数本使う際に気をつけるのはもちろんですが、柔軟剤やボディソープ、シャンプーや髪のスタイリング剤との香りの相性にも気をつけたいところ。

フローラルの香水にオリエンタルの柔軟剤、ボディソープはシプレに…などとレイヤードしてしまっては、せっかくの香りが台無しです。
それぞれの香りの印象を意識して、お互いが引き立つよう注意してあげましょう。