美しく年を重ねよう!素敵な大人女子になるための方法3つ~外見編~

年月は誰のもとにも平等に降り注ぎます。
大事な事なので、もう一度。
年月は、誰のもとにも平等に降り注ぎます。
そう、若い頃にどんなに美人でも、必ず、絶対、歳をとるのです。

それなのに、そのはずなのに、数年ぶりに再会した同級生の変貌ぶりにびっくりすることはありませんか?
若い頃は綺麗で華やかで、スクールカースト上位だった女子が『おばさん』になっていたり、地味で大人しく浮いた話なんて一つもなかったような女子が綺麗になって仕事でもプライベートでも輝く『大人女子』になっていたり。

そこまでではなくても、降り注ぐ年月を嫌って逃げ回っていた女性と、年月を味方につけて受け入れてきた女性では、同じ歳とは思えないぐらいの差が出てきます。
この差には、元々美人だったかどうかなんて全然関係ないのです。
むしろ、年齢を重ねた方が美しく魅力的になったなんてこともあります。

どうしたって年月からは逃げられないのだから、出来る事なら綺麗に重ねていきたいですよね。
綺麗な大人女子を目指すため、まずは外見の整え方をお伝えします。

 

■メイク

さすがに10代の頃と全く同じメイクを大人になってもしている女性は見かけませんが、ちょっと引きずっているなと感じる女性は少なくありません。
メイクは、流行りの色や質感だけではなく、似合うかどうかが重要なのです。
これ、わかっているようで中々できていない女性もいるのではないでしょうか。

年齢を重ねるとどうしてもお肌にハリが無くなって、目じりが下がって、全体的にユルイお顔になってきます。
そうすると、若い頃は似合っていたキリっとした眉もアイラインも似合わなくなるのです。
色も暗めの色も似合っていたのに、年齢を重ねても同じ色を付けていると顔全体が暗くなります。

でも、若い頃に言われた『似合っている』を信じてそのままのメイクを続けている人がいるのです。
そうすると、どんどん顔とメイクが合わなくなって『おばちゃん顔』になっていくのです。
『おばちゃん顔』怖いですよね?

これを防ぐためには、『コマメに』『しっかりと』自分の顔を観察することです。
鏡を見ながらファッション誌をチェックして、今の自分に合いそうな眉の太さとかアイラインの角度とかをしっかりと見極める事です。素敵な大人女子がいる化粧品カウンターでたくさんの色を試してみるのもお勧めです。素敵だな、と思う大人女子とはセンスが近いので、提案してくれるものはきっと貴女も気に入るでしょう。色々試しているうちに、今まで避けていたメイクこそが、今の自分に似合っているなんてこともあるかもしれません。

心当たりのあるアナタ、今すぐメイクをゆったりとしたお顔にあったものに変えましょう!

 

■ファッション

後ろ姿はすごく若いのに、振り返ったらおばちゃんだったなんて話、よく聞きますよね。実際街を歩いていたらそんな女性を見かける事がよくあります。
若い頃の自分に似合っていたから今も似合うだろうなんて思っていませんか?
真直ぐで細い脚にミニスカートを穿いたり、流行りのオフショルダーのトップスを着てみたり。たとえ好きでも、ある程度年齢を重ねた大人が着ていると『イタイおばさん』に見られてしまいます。

どんなに細くてもお肌のお手入れをしていても、大人になれば肌はハリを失うし同じサイズだったとしてもお肉の付き方は変わっています。
好きだったブランドのファッションを綺麗に着こなせなくなったら、別のブランドに目を向けるべき時期が来たのです。

何も肌を露出することが色気のあるファッションではありません。
ゆるめのカッターシャツに膝を隠す程度のスカート、パンツの方が上品な大人の色気を出せると思いませんか?
身体の線を出すのは若い子に任せて、大人女子は少しゆったりめのファッションで柔らかさを演出しましょう!

 

関連記事

【要注意】「大人の女性」と「おばちゃん」の分かれ道とは?...

恋がしたいアラサー女子が始めるべき5つのこと...

別れ際は『女前』に✨大人女子のかっこいい振られ方5選...

結局見た目が大事!男性が合コンで女性のあり・なしを判断するポイントとは...

知らない間に痛いオバちゃん!!アラサーがやめるべきこととは?!...

関連記事ランキング