太っていなくても二重あごになる!?二重あごを解消する5つの習慣

太っていなくても二重あごになる!?二重あごを解消する5つの習慣

鏡を見ているときは、自分では無意識に顔を作っています。
だから自分では二重あごになっていることはなかなか気づきにくいのです。

鏡を見ていないときは二重あごになってしまっているかもしれません。

顔は太ったり痩せたり疲れていたりが表れやすく、ケアを怠るとすぐに顔が丸くなったり二重あごになったりします。
今回は二重あごになってしまう原因と対策についてお話します。

 

二重あごに4つの原因

まず二重あごになる原因ですが、主に肥満、筋力の低下、姿勢や噛み合わせが悪いこと、もともと顎が短いことの4つがあげられます。

①肥満

肥満は言わずともですが、あごに脂肪が蓄積されることにより二重あごを引き起こします。

この場合は顎だけでなく、顔全体や全身に脂肪がついています。

②顔の筋力の低下

顔の筋力の低下により、顔の皮膚や脂肪を支えきれず垂れ下がることが二重あごの原因の1つとされています。
頬や目の下は痩せて(やつれて)いるのに、顎だけ二重あごになっているパターンが多いです。

また筋力低下の結果、顔のリンパの流れが滞り、水分や老廃物が蓄積された結果、二重あごになってしまっていることもあります。

③姿勢や嚙み合わせなど骨格の影響

スマホの使用時間やデスクワークの時間が長い人は、うつむいたり首を前に出したり猫背になったりと、首の筋肉を使うことが少なくなります。
その結果、あごがたるんで二重あごになるのだそうです。

また噛み合わせが悪いと、顎が後ろに下がってしまったり姿勢が悪くなったりして、二重あごを引き起こす原因になるそうです。

 

関連記事

言葉にしなくても彼がこっそり伝えている♡本命彼女への愛情表現6つ...

美しさは内面からにじみ出るもの♡『性格美人』に共通する4つの特徴...

脂肪は移動しない!二の腕を細くしてバストアップする方法4選...

【日頃の防災】ちょっとした心がけで乗り切れる?防災グッズだけじゃない!...

高い化粧品もムダ!?うっかりやってない?美肌にNGな行動チェック!...

関連記事ランキング