本当は怖い「聖天さま」強力だけどご加護をお願いしないほうがいい理由【辛口オネエの密教雑談】

本当は怖い「聖天さま」強力だけどご加護をお願いしないほうがいい理由【辛口オネエの密教雑談】

2015年1月20日、ご愛顧感謝セール開始!1,000円OFF!⇒2015年を最強の年にする!干支別・守護梵字iphone6ケース・5ケース【ご真言入り限定モデル】販売期間は終了しました

アタシも色んなパワスポや神仏を「気軽に頼っちゃって!」なんて話してるけど、さすがに「この神様、仏様には軽々しく頼ると恐ろしい」ってのもあるから、ちょっと今回はそういう話。

■強力だけど、本当は怖い聖天(しょうてん)さま

「聖天さま」ってあんまり巷ではなじみがないと思うの。場所として知られてるのは、奈良県の生駒山(いこまやま)と、関東方面だと浅草の待乳山聖天が有名かしら。

正式な名前は「大聖歓喜天」(だいしょうかんぎてん)で、別名が「象頭財神」インドの神様の「ガネーシャ」がルーツで、一番のご利益は商売繁盛ってことになってるわ。

だけど、「どんなに無理な願いでも叶えてくれる」ってご利益があるから、願いを叶えたい・・・って色んな願掛けやおまじない系を探してると、行き当たって知ってる人、もしかしたら御祈祷しちゃおうかしらって思ってる人もいるかと思って。

でも、他の神仏はともかく、「聖天」さまだけは安易にお願い事をしないほうがいいわよ。ってか「ダメ!絶対ダメ!」って言いたいくらい。仏さまのパワーをどうこうって書いてるサイトですら、聖天さまだけはお姿の写真も梵字も載せてないところが多いけど、それだけ気を付ける理由があるからなの。ここでも載せないわ。※2017/1/7追記:アイキャッチ画像に海外の神仏画像を掲載しています。

なんでかというと、

・元々は「祟り神」
・そのお姿をかたどった像を見ただけでも目がつぶれるとの言い伝え
・徹底した修行を積んだ修験者しか取次できない

その、修行を積んだ修験者でも、ちょっとでも間違った扱いをすると容赦なく「祟り」があるなんて怖い話があるのよ。

関連記事

【辛口オネエのQ&A】大事な試験の前に、急に部屋を掃除したくなり...

護符で良く見かける『喼急如律令』の意味と使い方【辛口オネエの密教...

【辛口オネエのQ&A】一番幸せになるパワーがある『光明真言』を紹...

2015年は密教パワー炸裂の年!元祖オネエ霊能者『弘法大師空海』...

梵字マニアにもオススメ!【辛口オネエ特製】干支別・守護梵字iph...

関連記事ランキング