週末婚とは?週末婚のメリット・デメリット!週末婚は長続きする?

週末婚とは?週末婚のメリット・デメリット!週末婚は長続きする?

「週末婚」という言葉をご存知でしょうか?今回は週末婚のメリットとデメリットについて紹介していきます。

週末婚とは?

週末婚とは?

「週末婚」とは、文字通り週末のみの結婚のかたちです。
基本的には「仕事が休みである週末のみ会うようにする」結婚生活のあり方を指します。最近ではさまざまな結婚のかたちというものが出てきている世の中です。
昔ほど「夫婦はこうあるべき」「結婚生活はこうでなきゃ」という考え方にしばられない結婚も増えてきています。確かにまれではありますが、一部ではこのような週末婚のかたちをとって夫婦関係を築いている男女もいるのは事実です。
そんな週末婚ですが、続けていくメリットやデメリットはどんな点があるのでしょうか。

週末婚のメリット

まずは週末婚のメリットについてみていきましょう。

週末婚のメリット①ちょうど良い距離感を築ける

週末婚のメリット

週末婚のメリットとして大きいのは、週末のみ会うようにすることで、逆に離れすぎず近づきすぎない、ちょうど良い距離感を築けるという点にあります。

毎日一緒にいて家庭を作るのが基本的な結婚のあり方、という考え方が強い人にとっては、「そんな感じで良い関係が本当に築けるの?」と思うかもしれません。

しかし世の中にはいろいろな価値観を持っている人がいるもので、「他人と長く一緒にいられない」という考え方を持つ人も少なくありません。そんな人にとって、毎日一緒に過ごす本来の結婚のかたちはきついものがあるのは確かです。

ですが周囲への体裁もありますし、結婚はしなければいけないなどの事情もあるでしょう。そんな二人の条件が一致すれば、週末婚でも意外と良い関係を持てることも多いのです。

週末婚のメリット②たまに会うからこそお互いを大事にできる

週末婚のメリット②たまに会うからこそお互いを大事にできる

たまに会うからこそ相手を大事にできるというのもあります。前述のようなちょうど良い関係を築ける、というと、もはやそこに愛情はない契約結婚のような感じもしてしまいますが、週末婚=愛が無いというわけではありません。

週末婚を選ぶ夫婦にも、お互いに愛情はありますし、相手のことは好きです。ただ、価値観的に長く一緒にいることよりも週末会うことを選んでいるのです。

週末にだけ会うということは、単純計算で普通の夫婦より顔を合わせる頻度は3分の1以下になります。一緒にいすぎるとお互いの存在が当たり前になりすぎてしまい、喧嘩も増えたり、相手の嫌なところばかりを見るようになることも増えます。ですが、週末婚であれば接する時間も少ないので、喧嘩も減ります。相手の良いところだけを見て結婚生活を送れることも多いでしょう。

たまに会うからこそお互いを大事にできる、そんな良い関係を築けることもあるのです。

週末婚のメリット③プライベートや仕事を大切にできる

週末婚のメリット③プライベートや仕事を大切にできる

3つ目のメリットとして大きいのは、それぞれが友人関係や趣味などのプライベート、それから大事な仕事を優先させた生活スタイルを取ることができるということです。

結婚はしておきたいけど、仕事や趣味の時間は捨てられない…という人も多いでしょう。そんな二人が一緒になることで、週末婚というスタイルを選ぶことはあるものです。

人生の全ては結婚や家庭を作ることではありません。その価値観も人によってさまざまでしょう。週末婚というかたちをとることで、趣味や仕事を優先させた生き方を選択することができるのです。

 

週末婚のデメリット

続いては週末婚のデメリットについてみていきましょう。

週末婚のデメリット①なんだかんだ離婚しやすい関係

週末婚のデメリット

では次にデメリットを見ていきましょう。やはりデメリットとしてあるのは、週末婚はなんだかんだ離婚しやすい関係ではあるということです。

接している時間が少ないことで良い関係を築ける夫婦もいますが、やはり結局のところコミュニケーション不足で関係が微妙になってしまう夫婦もいるのは確かです。夫婦の離婚原因に多いのはやはりコミュニケーション不足などによって生まれた関係の溝です。

週末婚というかたちを取り、最初こそは会っていたものの、やがて会わなくもなっていったら…「これって結婚してる意味あるのかな」とお互いに思うのは必至でしょう。そうなると最終的に待っているのは離婚です。

離婚することすら気にならない人であればそこまで問題視することではないかもしれませんが、なんだかんだバツイチという経歴がついてしまうのは嫌だと感じる人も多いでしょう。週末婚は、一般の夫婦よりも離婚のリスクがある関係であることは認識しておかなければいけません。

週末婚のデメリット②考えが変わった時に注意が必要

週末婚のデメリット②考えが変わった時に注意が必要

途中で考え方が変わったとき、週末婚の場合は後戻りがしにくいという難しさもあります。例えば最初は週末婚に賛成したけれど、時間が経つにつれて寂しさを感じるようになった、子供を設けて一般的な家庭を作りたくなったなど、考え方が変わると、週末婚という関係に耐えられなくなります。

ですが一度は同意した関係ですから、相手がOKしない限り、結婚のかたちを変えることは難しいものです。どうしても週末婚をやめたい、でも相手は同意してくれない、それならやはり選ぶべきは離婚しかありません。

週末婚を選ぶなら、「今後考え方が変わらないかどうか」を自分によく問いかけておく必要があります。

まとめ

週末婚という一風変わった夫婦のかたちには、やはりメリット・デメリットがそれぞれあるものです。一般の夫婦とは違った結婚のあり方だからこそ、もし週末婚を選ぶなら、それはどういう結婚生活になるのかということはよく認識しておきたいところですね。

週末婚に興味があるという人は、今回ご紹介したメリット・デメリットを参考に、ぜひ自分は週末婚をしても大丈夫なのかということを確かめてみてください。