いつでもどこでも!すぐできる厄落とし8選

いつでもどこでも!すぐできる厄落とし8選

人は日常生活している上で、いつの間にか厄がついていたり、他人から厄をつけられたりしてしまいます。また、自分の内面からも運気を下げる厄を発している場合があります。なんだか気が晴れなかったり、イヤな思いをしたとき、すぐにでも厄落としをしたほうが、厄を軽減することができ、悪影響が広がることが防げます。

ここでは、いつでもどこでも、すぐにできる厄落としを紹介していきましょう。

 

手洗いとうがいで簡単厄落とし

手洗いやうがいなど、普段当たり前にしていることでに、ひと工夫すれば厄落とし効果があるので、おすすめです。手洗いやうがいをするときには、黒いものやモヤモヤしたものが流れていくシーンをイメージしてください。たったこれだけで、心が落ち着き、すっきりするはずです。

とくに、他人の悪口やうわさ話にうっかりのってしまったり、イライラや不安に意識が集中してしまったりする場合、洗面所などで実行しましょう。普段から意識することで、噂話や悪口に巻き込まれないようになり、さらには苦手な人を避ける効果もあります。

 

髪をとかす

髪は私たちの身体の中で、特にエネルギーの集まりやすい場所です。古来より髪の毛の「髪」という字は、神様の「神」と読みが同じことから、繋がりがあるとされています。また、髪は霊界に通じるアンテナのような役割をしていると言われたり、その人の魂が宿るなどとも言われています。そういったことから、髪には厄も付きやすいといえます。

ダメージがひどい髪、いつもボサボサの髪の毛でいたりすると、厄がつきやすくなり、運気ダウンになります。ですので、なんだか調子が悪いときは、ブラッシングをして、髪をとかしましょう。余裕があれば、軽く頭皮をマッサージすることもおすすめです。

 

厄をもたらす人を避けるおまじないをする

できる限り厄をもたらすような人は避けて通りたいもの。そもそも関わらないようにするためには、求定(きゅうてい)のパワーを呼び込むおまじないがおすすめです。

苦手な人をイメージして、人目につかないところで、親指の爪と人差し指の爪で自分の左肩、右肩、胸の前を順番にはじきます。これを3回繰り返してください。最後に北の方角を向いて、手を1回叩きましょう。

もしも、イヤな感じの人とすれ違ったり、コミュニケーションを取らなくてはならなくなった場合は、直後にこのおまじないをしましょう。

関連記事ランキング