神経質になり仕事運・男性運が最悪になる人生上の運気を知る5

神経質になり仕事運・男性運が最悪になる人生上の運気を知る5

神経質になり仕事運・男性運が最悪になる人生上の運気を知る5
前回の「神経質になり仕事運・男性運が最悪になる人生上の運気を知る4」では、同じ傷官でも、支との組み合わせによっては運勢が異なってくるということをお話ししました。
大きな傾向を見る時は大運の干支、一年の傾向としては年運の干支、短期的な傾向としては月運の干支が運勢として当てはまります。
ただし、干も支も、干同士、支同士の組み合わせ次第で別の性質のものに変わることがあるため、そういった場合には注意が必要です。この性質の変化については、また別の機会にお話ししたいと思います。

さて、自分の日干にとってどの支がどういう働きをする12運にあたるかは、以下のような12運表を参考にすることになります。

日干を縦軸に、十二支を横軸にしていますので、自分にとってどの十二支がどの十二運になるかを見てみましょう。左端が日干で、右側にどの十二支がどの12運にあたるかが示されています。

|胎養長沐冠建帝衰病死墓絶
────────────
甲|酉戌亥子丑寅卯辰巳午未申
乙|申未午巳辰卯寅丑子亥戌酉
丙|子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥
丁|亥戌酉申未午巳辰卯寅丑子
戊|子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥
己|亥戌酉申未 午巳辰卯寅丑子
庚|卯辰巳午未 申酉戌亥子丑寅
辛|寅丑子亥戌酉申未午巳辰卯
壬|午未申酉戌 亥子丑寅卯辰巳
癸|巳辰卯寅丑子亥戌酉申未午

※上部横軸の、「長」は長生、「沐」は沐浴、「冠」は冠帯、「建」は建禄、「帝」は帝旺です。

自分の12運が分かったら、ここでもう一度、傷官と12運の組み合わせについておさらいをしましょう。
以下に、傷官に各12運がついた場合の作用についてまとめています。

これらの内容と、自分自身の命式の五行バランスをもとに、ホロスコープとの合わせ技で運勢を占えるようにすることがここでの目標と考えましょう。